Q.18 「ふんどし」についてどう思うか?
ここでは、ふんどしを締めたことがあるないに関わらず、「ふんどし」に対するイメージを、8つの選択肢から複数回答可能として選んでもらいました。マイナスイメージの意見もあるものの、全体からすると圧倒的にプラスイメージの方が多い結果が得られました。こうなると、普通の下着として早く認識されたいものですね。

■「ふんどし」についての意識

■「ふんどし」について−女性意見
なんと、ふんどしに関する設問に女性の方も回答を下さっています。この、超貴重なご意見を、あなたなら、どう受け止めますか?

■「ふんどし」に関するその他意見
ここでも、女性の方のご意見が目を引きますね。隠れ褌ファンのみなさん、今日から堂々と利用しましょう!
▼20代の回答
性別 コメント内容
特に褌だけではありませんが、素人としてはどの様に入手しまた締めたらよいのか、その情報が本等によって乏しいのが残念です。
確かになんとなくダサいイメージはあるけれど、恥ずかしがることはないと思います。(恥ずかしがらなくて良い世の中になって欲しい^_^)
栃木県には温泉が沢山ありますが、六尺、ないし越中をして行くと、脱ぎ着の最中、更衣室が沈黙する。これはどうしたことなのでしょう。
付け方が分からないので、もし入手したとしても使わないだろう。
ちょっと人前(銭湯など)では気恥ずかしい気はします。上記の理由で一般的にに認知されるといいなと思います。
トランクスなら洗濯機に放り込めばそれで済む。ふんどしはなんだか手入れが難しそうで敬遠してしまいます。
ちょっと恥ずかしいけど、一度は体験したい。
力士が締めているのを不思議に思わないのに、なにゆえ一般人が締めていると不思議におもわれるのか?
ふんどしをつけてると、何か、肛門のあたりが黄ばみそうな気がして、そこが生理的に受け付けられないですぅ......神経質なんです、私。あ、意外とそうでもないですか?
10 これからはふんどしが見直されるべきだと切実に思う。これを発明した日本人は本当に偉いと思う。
12 着物自体が特殊なものとして扱われている現状で、「ふんどし」を中心とた下着類はさらに特殊なものとされていますが、和装時においての普通の1つの選択として、自然に受け入れればよいと思います。
▼30代の回答
性別 コメント内容
今でも祖父は愛用している。あれに優るものはないんだと言っています。
彼氏がしめていたら超びっくりするけど、認めると思います。
越中褌を週末のリラクゼーションアイテムとして着用しています。褌に対して世間の偏見が無くなればいいのに、と思います。
やはり和服には褌が一番
下着まで和装にすることにより、初めて和服の機能をフルに生かすことが出来るように感じます。これこそ、トータルコーディネートだと思うのですが、あまり本などでは紹介されませんねぇ。肌襦袢やふんどしの心地よさももっと紹介されるといいと思います。
とても良いので、もっと普及してほしい。
正直言って未知の世界です。でも経験してみたいです。
和装の時は洋装用の下着はみっともない。特に下衣は褌に限る。
好きだし、締めてもいたのですが女房が洗濯を拒否したもので自分で洗っていたのですが、さすがに疲れました。洗濯機で洗うと絡まっていやだ。という理由だけで・・・。月曜日から土曜日までとっておいて日曜日に洗濯をして乾かしてアイロンまで掛けることに私は疲れ果ててしまったのです。自説をまげてしまったのです。トホホ。
10 それほど愛着はないけど、非トランクス派なのでブラブラするのは嫌だな。そうした意味で、ふんどしもOK!
11 大事な「いちもつ」を、普段からキュッと締め付けておいては、いざというときに役にたたないおそれあり。ですから、普段はのびのびとさせておくのが一番です。
12 あまり見かけない褌ですが、日本人として愛用するのは当然のことと思っています。特に着物の場合、パンツでは落ちつきません。
13 着物やさんもあまりすすめないので知識が無い
14 六尺締めてみましたが、慣れないとうち腿の皮膚が敏感で肌荒れになることがあるようですね。股の辺りはデリケートだから。最初柔らかい素材で慣れてくると、肌も大丈夫なのでしょうね。大げさな意味ではなく、帯は決まりやすいと思います。
15 人には言えないって事はないが締めてみたい
▼40代の回答
性別 コメント内容
亡祖父は母が仕立てた越中を常用していました。(祖父は明治20年代生まれだった?)(越中と六尺の違い、このHPで初めてしりました。)祖父の世代の人たちはほとんど、越中だったようでした。父(明治45年生まれ)の世代では、愛用者はほとんど、無いようでした。このあたりに世代ギャップがあるかもしれませんね。
入院時に 使用していましたが それ以外の健康な時には実は した事がありません
祭りや和装の時ばかりでなく、日常の下着としてもっと見直されてよいと思う。特に六尺褌は下着としてのみならず、水泳など野外活動にも広く用いられるべきであり、ホテルのプールなどでの「褌禁止令」は断固として撤回させる必要がある。
仕事の時も越中を締めて行きたいが、仕事が終わってから会社の風呂に入る時もあるので締めて行かれない。残念、特に仕事柄、肥満体質になってからは身体に大変楽なので自宅ではほとんど付けている。
テレビや漫画になどに出てくる褌は下品なイメ−ジが多い。なぜ?
特に感想はない。着物のときに六尺をしめると、帯があがってこない。
隠れふんどし愛好家が沢山居る事がインターネットで分かりました皆何処で入手方法で苦労しているみたいですシークレットで購入できるシステムがあれば良いと思います
経験がないので判らないというのが正直なところでしょうか
汗の処理と、「ふんどし」なら、ものがぶらぶらしなければよい。
10 日本人なら褌に限る
11 一度、つけてみないと何とも言えません。
▼50代の回答
性別 コメント内容
かつてのように、認知して欲しい、下着としても、水着としても。
越中ふんどしを着用していますが、ゴムで体を締め付けなくて快適、ステテコでもゴムをゆるくしています。トイレ(小)に行くときにフリーで用をたしやすい、粋で日本人的下着で気に入っています。私が幼い頃過ごした田舎の共同風呂でいつも見ていた、大人の男の下着のイメージがある。
六尺褌愛好者が増えることを希望

戻る 目次へ 次へ




Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.