Q.20 袴を活用しているか?
袴というアイテムは今や和装品の中でもかなり特殊な(一部の人のみ利用する程度のアイテム?)とのイメージが一般的なようですが、意外とそうでもないのです。特に野袴タイプのものは、普段着の和装と合わせてもっと活用すれば、和服は活動的でないなどという意見も払拭できるはずですよ。

■袴の利用頻度

■袴についてのコメント
これも、全回答者のコメントをまとめて紹介します。
袴についての自由なコメント
1 セミ・フォーマル感がよい
2 結婚式の時に着用したときに思ったのですが、小と大、特に大の時にはどの様にするのでしょうか?やはり、一度、脱いでしまうのでしょうか?
3 今のところ、着ていくところがないので(あの赤坂の時だけですが)今後は、舞台とかコンサートにも着ていきたいと思います。
4 凛として、なかなか良い。
5 たまにしか付けないので、思い出しながら付けるので、付けるのに時間がかかる。
6 背筋もすっきりするし、何よりも気分が引き締まる。ただし、歯の高目の下駄でないとお掃除になることがままある。
7 卒業式シーズンで仕立て上がりの女袴が安くあったので、衝動買いしてしまいました。チェロを弾くのには良かったです。自転車に乗れるかなと思ったのですが、目立ちすぎるので今は外出を躊躇しています。
8 袴のほうが 実は 活動的な気がしてますし、しまるように感じてます
9 とても格好が良いと思うので、ぜひ欲しいです
10 袴は、男性の和装として印象的なシルエットを作ることができるいいアイテムなのですが、なかなか、おもしろいものが手に入らないのが困る。雑誌などで独自の袴を作っている和装作家がいるので、そうした情報が一般的になるといいんですけど。
11 礼装用で使用。
12 儀式の時に用いるもののような感じがするので、普段使うのには若干抵抗がある。
13 仙台平などの礼装用は、着用する気もないが、野袴等は、穿いてもいいと思ってます。
14 袴、というと、礼装(?文字化けに付一部省略)」というイメージが先行しすぎの感がある。袴をはいたのは、結婚式の時のたった一回きり。背筋がしゃんとしてとてもいい気分だったのを覚えてます。着付けのおばさんがとてもうまかったんでしょうね。きつくなく、でも崩れない絶妙の着付けだったと思います。たった一回だけに、あまり袴という物が、私にとっては身近な存在ではない様に思いますだけにぜひともトライしてみたいアイテムの一つです。
15 能の発表会、茶会の時に着る
16 購入し着用したい。
17 袴は、活用したことがないので、とても難しそう。
18 野袴の仕立て方がわからない。今後の課題です。(呉服店)
19 かっこいい
20 一応2着持っていますが、外出時に着用したことは1度だけ。すごく格好がよく好きですが、やはり一般人が袴で街を歩くのは恥ずかしいというより、奇異な感じです。
21 着流しスタイルよりも袴を着けた方が活動的であり、自分の好みである。
22 欲しいけど高いのが難点ですね。
23 剣道の稽古着として、お茶会の時のみ。
24 かっこいいと思います。
25 欲しいアイテムなのだが、どのような種類があり、どこでいくらするのかわからない。はじめの一歩を踏み出すのに考えあぐねている。
26 昔、剣道をやっていたのでつけたことがある。あれはいいとおもう。動きやすいし、礼を尽くしているような感じがする、自然に礼儀正しくなってくる
27 正座して立つときに裾をふまない工夫はないものでしょうか。
28 袴を着けると全体のバランスが良くカッコいい。長着だけだと落語家のようでどうも。。。
29 良く利用するというと嘘になってしまいます。稽古をするときに、普段着でやっていると怪しい右翼系の人間に見えてしまったりするので剣道着を着てやるようにしています。それも面倒なのでときどきですが。私のやっている古武道は稽古着は特にないので大体は普段着で稽古をしています。
30 黒紋付で袴が派手だったりするのは結構好きです
31 最近の卒業式はまるで制服のように袴姿の女子ばっかりですよね。あれって自分の好みなのか親の趣味なのか...男の人の袴では「かるさん」と呼ばれる裾がつぼまった形の物が好きです。結婚式などでもタキシードより紋付きに仙台平等の方が気持ちがしゃんとする。(ような気がする)
32 いつかは!
33 卒業式と成人式のときに使用。購入したのでその後妹やいとこが利用しています。
34 略礼装の時に付けます。
35 あらたまった席でならともかく、普段着には大げさに思える。
36 だから、まだ初心者以前だからごめんなさい
37 靴が履けるので、いずれは野袴がほしい。
38 弓道のときにはおなじみ。
39 持っていないので、なんとも言えないのですが、持っていたら利用してみたくなると思います。
40 私は落語研究会で高座にあがるときに着物を着ます。やっぱり口上の時や、武士のでてくる話を演じるときは、袴じゃなくては締まらないと思います。
41 着物買うなら絶対袴もほしい。
42 高級品は高すぎる!せめて、武道袴ぐらいに値段が下がってくれれば・・・。
43 普段用、外出用、ビジネス(ソーシアル)シーンで裾捌きが容易な野袴を活用しています。昔、湯島の講堂では当時としてはめずらしく武家の子息以外にも、農民他の受講も認めていたとのこと。ただ条件があり、その条件とは袴着用との事。ハレとケ、以外にもソーシアルとの場面があり、書生の装いはハレという訳ではないが公的なソーシアルなものとして捉えられていて、その場合は袴が必須であったのだと解釈します。これは、一度袴をつけてみると実感できると思うのですが、着流しの足元スカスカの開放感と比べ、両足をそれぞれに分けて着用し、また部分を隠す(おさえる)事で、帯まわりがしっかりす事とともに気持ちが引き締まります。昭和初期、家族で銀座に外出し食事をするといった場合には、子どもでも袴を着用させられたとの事、何方かのエピソードとして聞いた記憶がありますが、子どもであっても“外出”、ソーシアルな場面でのメリハリという意味で好もしく聞いた覚えがあります。この意味で言うと、当然正式には馬乗り袴が気持ちをあらためさせる袴としての役割をなすもので、行灯袴は外見を整える簡易なものと捉えます。現代、袴は、ビジネスシーンではスーツと 同様に信頼を示すものとしての意味を持ち、外出着としてもっと活用出来るものと思います。
44 これもかっこいいけど、お茶や弓道やってる人くらいしか着る機会が無いのが残念
45 茶会で亭主をするとき以外はあまり着用いたしません。
46 弓道をやっていたので、武道袴でしたら着たことがあります
47 本当は好きなんです。だけど、目立つでしょ。それに、洗った後たたんだりアイロンをかけたりするのが難しそうなので、ついつい着用をためらってしまいます。
48 私の基本的な形は、つねに袴とセットで考えています。よって、いわゆる着流しの形は浴衣以外ではしません。(基本形−長着(紬)+袴)
49 武道袴以外にも、普段着用の木綿の袴が欲しい。
50 秋、冬の外出時などに使いたいのだが、付け方がわからないことと、いささか目立ち過ぎる懸念があるので、まだ挑戦したことがない。いずれ試してみたいが、これも値段と物のつりあいが難しい。安価なものは、いかにも慶事専用という縞柄のものばかり。正絹でなくてもよいから、もっと手頃な値段で種類が増えればよいのだが。
51 女性の場合の袴は大変便利なので私は愛用しています。なにしろお端折も適当で良いですし。
52 たくさんの人に着けてほしい。

戻る 目次へ 次へ




Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.