Q.26 和服・和装が敬遠される理由
ダントツに多かった意見は「値段が高い」ということについてです。他の設問の解答にもこの問題については多々発言がありますが、このQ.26が一番目立つようです。何しろほとんどの方が価格のことに触れています(わざと赤で表示してみましたので一目でわかります)。ただし、みんな一律に値段の高さを表現されていますが、誤解のないように付け加えておきますと、私個人の意見としては、現在最も一般的に販売されている多くの和服が高価なのではなく、安い普段着の和服がほとんどない、というのが正確な事実だと思います。いずれにせよ、「和服が敬遠される理由」の回答がこれですから、価格さえ手の届く商品が一般に出回れば、和服を敬遠しなくなる?人も間違いなく増えるのではないでしょうか。
その他の目立った意見としては、「手入れが面倒」、「着付けが面倒、わからない」、「活動的でない」などでした。しかしながら、これらはいずれも「価格」の問題ほど大きな課題ではありません。しかも我々和服利用者の側で解決可能な問題なのです。

安価な着物の普及について、老舗の呉服屋さんはそうした商品を大きく扱うようになると、「店のイメージダウンになる」と口を揃えておっしゃいますが、現実に9500円で仕立上がりの長着を販売し、利益を得ている業者もある訳で、戦略的にはいくらでも販売方法は考えられるはず。例えば、よくある企業の戦略のように、本社の企業名を全く出さずに別ブランドの商品やお店を展開するというのがありますよね?(ファミレスのガストや、時計のアルバなど)ただ、問題なのは、一小売店で今すぐ急にそうした対応を行うことは事実上困難であることも否めません。他業種のように大企業的な存在の会社がほとんど存在しない以上、業界全体でこうした新たな取り組みに挑戦して行く他道はないのではと思ってしまいます(ところがまたこれが、呉服業界って横連携にあまり積極的でないのよねえ・・・(^^;)。

だけど、なんとかしないとマーケットが消滅してからでは遅すぎると思うのですが。なんとか普段着を大量に供給する手段はないものでしょうか?業界サイドへの提言としてだけでなく、我々利用者の側としても、今一度、本気で考え直してみませんか?
▼10代の回答
性別 コメント内容
着用方法がわからない。身近に着用者がいない
高い、面倒、動きにくいなど
普段着として着るには高価。夏暑く、冬寒い(と思われている)。
▼20代の回答
性別 コメント内容
時代遅れというイメージがあるのでは。現代人には、動きづらいというのもあるとおもいます。
明治維新により洋服が一般化されたために和服は古いというイメージが根強く残っているから
現代生活には、不向きな面がある。(階段・電車の乗り降り)
どうしてなんでしょうか・・・。特別なものと見られているせいでしょうか。
洋服の中で浮き上がってしまい周囲からの視線が気になるであろう点高額である点。現代社会において着物は機能性に今ひとつ欠ける点。
洋風生活スタイルが定着しすぎてしまっていることかな?ちなみに私の家は日本風の生活スタイルですよ。和服が好きな人って、日本的生活スタイルの人が多いんじゃないですか?その方が和服のよさを実感できますからね。アンケート項目に入れてみたらどうですか?
高い。人と異なったカッコウをするのが嫌い(のけものにされるとか?)着方を知らない。洗濯・クリーニングに困る。着物関連のお店がとても少ないので、探すのにくろうする。
着るのが面倒着た後の後始末
値段が高いこと。和服にふれる機会が極端に少ないこと。
10 まず、気付けに手間がかかるというイメージが定着してしまったこと。あと、手入れの難しさや、価格の問題が大きいと思います。夏になると浴衣が売れるのは、価格がそれほど高くないからなのではないでしょうか。
12 ・洋服と比べて割高になる。
・帯の結び方を教えてくれる人が周りにいない。
・店鋪の数が少ない。・着ている人が少ない。
・動きにくさ。
13 値段が高い。種類が少ない。(特に男着物)立ち回りが不自由。(狭い部屋では致命傷)
14 現状では、手に入りにくいのが一番大きな要因だと思う。そのせいか、値段も割高なので、なかなか手が出せない。着付けが難しかったり、うまくやらないと、着くずれるのも問題だし、また、洋服に比べて、機能的ではない面もあると思う。
15 値段。作法。洗濯。階段。トイレ。
16 高い、面倒、恥ずかしいというイメージ
17 高い 着方が分からない 手入れが面倒。
18 1. 着ている人が少ない2. 値段が高い(と思われている)3. 着るのが面倒(と思われている)
19 ただ、世間一般が日常着として用いていないだけ。
20 価格、手入れのし難さ、動きにくさ、生活様式の変化等。
21 着方を教えてくれる人がいないからではないかな。
22 高い。着慣れが必要(面倒なイメージ)。着ている人があまりに少ない
▼30代の回答
性別 コメント内容
高い、難しそう、しんどそうで、興味があっても敬遠されているのでは。商品が礼服に偏っていて気軽に着れる物が少ない。
着付けが面倒、ケアが面倒、しきたりを知らない、流行がそれほどないこと
1.洋服に比べて動作が小さくなる。2.個人が趣味や服として買う金額としてはやはり高額です。3.呉服店の売る姿勢。4.着付けに対する一般的とされている決まり。5.着物にたいするアフターケア。6.着物に対する決まり事。
とにかく手入れの面倒さにあるでしょう。そして高価なこと。でも手仕事の大変さを知ってしまうと…。
決まりごとが多い。値段が高い
帯などが、めんどう。
着方が判らないと思っている人が多いのでは?人のことは判らないが。
まず自分で着る事が出来ない。手入れが大変。帯が苦しく食事が出来ない。来ていく場所が無い。一緒に来ていくお友達がいない。(つまり自分が着れても友達は着れない)普段着を持たない。組み合わせがわからない。
周りの環境と着付け方の問題
10 値段の高さ
11 何と言っても高価。入手できる場所が限られる。
12 まず第一に価格。それと、今の生活環境が和装に向かないためどうしても洋服中心になってしまうように思います。特にアウトドアでする事といえば、洋服の方が機能的ですし、なにもわざわざ、といったところでしょうか。
13 みんなが着ていないから。人と違うことをして、変に思われたくないという心理が大きな原因では。
14 高い。着て行くところがない。めんどくさい。くるしい。後始末がタイヘン等々敬遠される理由はあるとおもいますが、この程度の問題であれば、クリアすることは、不可能ではないと、おもってます。
15 うちの家内は、私は着物を着ていると、「汚さないか」とか、「ほころばせないか」などいろいろ気を使うようです。女物の高級な和服の感覚で私のウール着物を見ているようです。こんな風に見られるのはうちだけでしょうか?あと、和服は窮屈だという感覚も持ってるようです。家内がいつもきつく着付けられるという経験からだと思います。男物は全然窮屈ではないんですけどね。ましてや自分で着るから、程よいきつさになってるのに。確かに着物は、動きの多い活動的な生活にはあまり適してない様に思います。その辺から時代遅れだと考えられるようになったかもしれませんね。
16 高価なものだから、普段着にはもったいない。又、今のライフスタイルが和服を着る環境では無いと考える。
17 周りの環境が洋風化して、和服では不便になっている。和服を着ないせいか、着付けがむずかしい。
18 普段着としてもフォーマルとしても値段が高すぎる(ボーナスぶっ飛ぶ値段の民族衣装て一体何?)その割に着ていく場所が現代(特に都会では)は少ない、メンテが大変、アスファルトの地面が着物姿で歩くことを困難にしているのでは?(長時間歩けない!)
19 高い、わかりずらい
20 高い。きまりがむずかしそう。個人的には着流しの足元やしぐさがちょっとオカマっぽいと思ってしまう。(偏見)だから夏でも冬物の安袴をつけています。
21 着るのが面倒、保管も面倒。
22 面倒くさい。着方を知らない。
23 高いですし。 やはり機能性、女性もおしゃれとしてでしか着ていない
24 値段が高いことでしょう。天気が悪いときに着るのは面倒になります。クリーニング代も高いですし。
25 食わず嫌い体験していない(チャンスがない)ことが最大に理由と感じます。実際に確かな人のアドバイスのもとに着てみたら、かなりの割合でハマるはず。
26 気付け、管理、価格等々そのほか、現在は若年層だけではなく、かなりの高い年齢層にも同じものを身につけていると安心という感覚があるのでは?
27 いろんな意味で理解されていない。これまでの呉服業界に責任は重いぞー。
28 値段の高さ、動きにくさ
29 活動的でなく、どちらかというと過去の遺物というイメージがあるのではないか。
30 値段が高いこと。男物の着物については余りにも情報が少ないこと。したがって、和服を来ている人が少なく、和装の人は変人のように思われてしまうこと。
31 値段が高い
32 着なれていないせいでしょう。自分達の親でさえあまり着なかったし、見慣れていないんじゃないでしょうか?それと、やはり高価な物というイメージがあるのも、とうざかっている由縁でしょう。でも、うちの父なんかは仕事から帰るといつも着物だったけどやはり、いつの頃からか着なくなってしまいましたものね。
33 洗い張りが高い、(私が汚しやすいので)
34 敬遠されてるの?嫌とは誰も思っていない気がするんだ。でも着れないのは、本人だけの問題だ。敬遠している人はいないと私は思ってる。だけど、自分が(自ら)着ようというポジテイブな個性がなくなったことが原因かも知れないですね。これはきものだけじゃないですね。個性が没個性になったり、大衆との協調をよかれ、と思っているので、どうやら流布しないのでは?と思っているのですけどね。よくわからん。よくわからんけど、そうした意味で、伊織さんの活動は意味があると思うのです。
35 着方を知らない、値段が高い、女性の着物に比べて取り扱っている量が少ない(情報や物)。
36 高い・着にくい・面倒・・・・
37 値段が高い(特に正絹。作る手間が複雑な割に売れる数が少ないので、仕方ないかも知れませんが。)着付けが複雑(特に女性。何枚も重ねて締め付けてという複雑さが、自分一人では着られない現状を作っているのでは? また、手間がかかる故に洋服の方がお手軽なんでしょう。)制約が多い(これも特に女性。やれ小紋だ付下げだと、TPOが多すぎるように思います。ある程度自由にできないものでしょうか)扱いが大変(畳み方一つとってみても、洋服のようにハンガーに掛けてタンスへという訳に行かない。洗い張りなどは時間と費用がかかりすぎる。洗濯機で丸洗いできる着物は現在の技術で十分可能なはず。)
▼40代の回答
性別 コメント内容
洋装より決まりがうるさいと思われている。洋装より動きにくいといわれている。値段が高い。手入れが大変で、洗えない。
高い(自分で買ってみると安いのもあることを発見)用意が面倒(たびたび着ると面倒でなくなる。簡単な着付用の小物・下着が開発されている)(こういうことに関する情報が、自分で求めない限り、少ない)着るのにテクニックが必要(一度マスターすると、そう難しくないが)あとかたずけが面倒(たびたび着ると、その都度かたづけなくてもよいが)(ポリエステルは自分で洗えるが、絹だとクリーニング代が少し痛い。でも、着物への愛着があれば、クリアできる。)贅沢品という周囲の目(幸い、私の近辺ではないけれど)
私自体は あとかたずけ とりあえず スーツはハンガーにかけて シャツは洗濯物
きものは 風を通して たたむがある点
食べこぼしなどの 染み付けたりの心配
高い、着れない、着て行く所がない、めんどうだ、着た後の手入れが大変
ひとつは、明治維新、第二次大戦敗戦と続く、行き過ぎた伝統の否定によるもの。もうひとつは、ほとんど信仰と化した、経済・機能優先の風潮によるもの。そして第三は、着物業界そのものが活力を持てぬままに伝統芸能化していったため。もう、墜ちるところまで墜ちたのだから、これからは少し変わっていくでしょう?
着た後の処理が大変。
社会的な認知度の低さ。価格の高さ。生活様式の洋式化。
女性の場合、着付けが複雑な上、高すぎること。男性は和服を着て、くつろぐ場所が少ない。
なじみがない、高いというイメージがある、リズムが現代的でない「男の着物」はバリエーションが少ない
10 何かにつけて値段が高く付く。会社での仕事着は無理がある。洗濯に手間が掛かる。
11 着付けができないこと、そして手入れが面倒なこと。
12 世の中の流れが速くなって来て、心にゆとりがないからでは?みんな時間に追われているせいかな?
13 価格・馴れ・面倒くさい(手間がかかる)
14 活動的でないこと
15 動きが制約されること。
16 1.値段が高い。 2.洋服よりも活動的ではない。 3.戦後、外国のモノなら良く、日本のモノは駄目、という風潮を引きずって、日本の伝統文化の多くを日常生活から捨てたため。
▼50代の回答
性別 コメント内容
価格が高すぎ庶民の手から放れてしまったことと、生活様式の西欧化特にマスコミの影響が大きいと思う。
着物の価格が高く防虫、洗濯、畳み方など手入れが大変である。和服を着た時は日常生活で、動作が動きにくく最近の洋風の住宅に似合わない。着る機会がない。帯などの着方が判らない。着ている人が身近にいない教えてもらえない。
活動的でないから。
現代社会においては活動に不便だから


戻る 目次へ 次へ




Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.