Q.29 和装をする上で一番困っていること
別にない と答えた人が過半数でしたが、ここでも値段が高いことを挙げている方が目立ちます。このことをしつこく主張するのは、裏を返せば切実に買いたいという気持ちがあればこそであることを、見逃してはならないと思います。

▼10代の回答
性別 コメント内容
着用方法。金額。
着物が無い。貧乏学生なので買えません。
▼20代の回答
性別 コメント内容
自己流の着付け方きちんと習いたい
体型。肩幅あるです。わたし。ですからきものはあまりにあわないとおもいます。
着物の洗濯するなどの維持費が高い
着付けと、入手困難なこと。着付けは、なれていないので、非常に難しいです。和服その物も、なかなか安いものが手に入らないので、ちょっと、手が出しにくくなっています。とにかく、袖口の破壊力が満点である点。湯飲みなんかは簡単に吹き飛んでしまう。たすきを使用してはいるが、この時期はやはりまだ腕が寒くて
1着しかないので、汚れや傷みに非常に気を遣う必要がある。
欲しいアイテムの入手が困難なこと。好きな生地で、好きな着物、袴を仕立てられるようになりたい。
洗濯。夏物。
家族の理解が得られない
収納スペース(桐箪笥)がない
10 昔からのきまりごとがわからない。身近に、着てるひとがいない。
12 教わる人・物が少ない。
13 作務衣からステップアップしたいと思っているが、金銭的にいくらかかるかが問題であると感じている。初年度は50万が限度であろうと思う。毎月6万の家賃を考えると、日常的には毎月2万程度和服関係に使えるのが限度だと思う。
14 着物を着ていく場があまりない
15 財布の問題で手軽に手が出ないこと。
16 値段が高い。手入れが面倒。雨が降ったら大変。
17 お金がないこと。近くに仲間がいないこと。
18 着物がない。着方がわからない。
19 やっぱり着物が高すぎること。高い割には着てみたいと思えるデサイン・生地になかなか出会えないのはどうして、って思うこともあります。
20 お金がかかりすぎます。もともと、ファッションには興味がなかったので(但し、いつか和服をつくりたいとは考えてはいましたが)、なにを着ていても平気でした。普通に1年を通して和装をするとなると、冬物・夏物・小道具と色々準備が必要ですし、普通の洋服と比べて単価が高いことです。洋服の安い物ならば毎月の給与で買えまずが、着物は高額(今までの洋服との比較で)ですのでボーナス時期にしか買えません。
21 時間がかかる
▼30代の回答
性別 コメント内容
日常生活に役立つ情報が少ないこと。早坂様のページに感動した理由はこれです。
手入れのタイミング。これも慣れと上級者が身近にいると聞き易いんですが。
なかなか、一人で着られないこと。
自転車に乗れない(乗れないことはないだろうが、その勇気はない)
普段会社に勤めている身分では着物を着る機会がとにかく少ない!のです。着ようという気持ちがあれば家に帰ってでも着れるんじゃない?と言ったご意見もあろうかと思いますが、実際残業などで家に帰るのが午後9時を過ぎ、まずシャワーを浴びたらもうパジャマしか着ないのです。 土、日は出来るだけ着物をと心がけてはいるんですけど、窓拭き・風呂洗い・草木の手入れ...となるとどうしてもスウェットの上下が一番!って事になり優雅な休日は幻に。
かっこよく着たいので時間がかかる事です。
ちょっとお出かけと思ってきているのに、「何事だ」と思うらしく「どこへ、どういう目的で・・」などと良く聞かれること
着付け。
デパートや専門店で男物の着物については聞きづらい雰囲気があるような気がする。それ以外のほとんどはこのホームページで解決しました。ありがとうございます。
10 男性に対しての着付け教室がなくて困ってます。(このホームページしか)呉服屋(売り場)で聞いても「ママに教えてもらいなさい」「女性より簡単」と言われておしまい。着られたところで、どう歩いてどうふるまったらいいか、階段の昇降は?など、不安に答えてくれるところがどこにもありません。女性の着付け教室みたいに着物をレンタルして教えてくれる場所がほしい、高い値段で1セットそろえてから「さあ、教えます」じゃ余りにも大変過ぎるとおもう。
11 袴をはかないと正装にならない。
12 メンテナンスです。(この言葉で正しいかな?)
13 自宅でくつろぐのは良いとしてやはり 表に出にくいということです
14 動きにくい。トイレも少し大変
15 知識不足
16 Q25にも書きましたが、車の運転が困難になるという点、また、仕事柄運動に適していない点でしょうか。(その都度着替えるのも時間が大変です。)
17 一緒に着物で出かけてくれる女の人がいないこと。
18 私の自動車は、MT5速でありますので、作務衣、甚平以外は、大変運転しにくく感じます。
19 上手な着こなしがなかなかできないこと。
20 雨のとき。
21 身近に、和服について知っている人がいない。
22 もっと平気で若い人も着れる環境がほしい。
23 おとこの。お・と・こ・の。小物、足袋・・いろいろ・・何にもない。ポリも。もっとバリエーションあればいいな。それはさむえとかじゃなくて、きもの。帯なんか・・・3千円〜7千円。あとは10万前後?じゃあ選択できないもの。ネクタイみたく選択の幅があるといいのに。
24 自分では上手に畳めないこと。シミや汚れの対処やメンテナンスが出来ないこと。
25 普段着になるような着物をふつうに売っている店がないから。また、周りの視線がやはり気に掛かる。
26 手ごろな値段の和服の入手が難しい
27 とくに、ないですね。まだ、雪駄が、足に添わないくらいでしょうか。
28 やはり、「回りの目」ですね。ただ、常用している人の話しを聞くと、「気にしなければ良い」ということなんですけど、度胸決めていくしかないですかねぇ。(度胸決めるってのも変な話しですが)
29 周りに和装に興味のある仲間がいない。
30 人目が気になる。着付けが大変。
31 やはり値段が高いこと。
32 着物では恥ずかしくて電車に乗れないので、いつも外出は車になってしまう。帯がつぶれないように運転するのが大変。
▼40代の回答
性別 コメント内容
雨の時の対策。動きにくいという、常識と思われている一般的な認識。>職場には着ていく気がしない
まだ、着付けが巧くないので、巧く着られたり、巧くいかなかったり。出かける前、時間が十分になくて、急ぐ時ほど、巧くいきません。安定して巧く着られるようになること、できるだけ短時間で(目標15分!)。あと、着物や帯を選ぶのが下手なこと。センスの問題。これから、自分の目を養い、センスを磨いていきたいと思っています。やたら高いものを買う気持ちはなく、ほどほどの着物を上手に着たいものです。
奥さんがいないと どこに何があるのかもわからない。つまり 奥さんの同意なくして 着物は着れない同意を得るにはまず いる時でなくてはいけないそして 後の始末の約束をするか着物を着ていくべき の 意義に賛同を得ないといけないすると きる回数は 自ずと減ってしまうでも 自分で管理する気にはなれない
思いつかない
紳士用の反物は全般的に黒系統か紺系統あるいは茶系統ばかりで面白味に欠ける。ただ婦人物では裄が短くて駄目。
やはり和装の知識がないことである。 帯ひとつ満足に結べなかったのが、早坂さんの着物大全でようやくわかったところである。
着物を着て外出すると、田舎では変人に見られる。「あいつは変わり者だからと。」近所に着物を縫える人がいない。浴衣と長着と同じ仕上げで仕立てられた事がある
とくに困ることはありません。
情報が少ない
10 田舎暮らしなので、欲しいものがすぐ手に入らない。
11 タイル貼りなどの路面が歩きづらい。
12 やっぱり高い。洋服みたいに手軽に購入できない。
13 ひとつは、繰り返しになるが、男物の安価で手頃な普段着がないこと。ふたつめは、定期、手帳、携帯電話などの小物を収納する適当な手段がないこと。妙なポーチは持ちたくないし、かといって、懐や袂に収めるのも限度がある。せめて懐の内側に定期、小銭入れが入るくらいの内ポケットがあればよいのだが。−−ドラえもんのポケット?
▼50代の回答
性別 コメント内容
特には無いが、人の目が辛い時が有る。
家内が協力的でない
気軽に買う店が無い
自分の体格が痩身で小さいため、着物が似合わない、着崩れする、既製品の浴衣などが合わない。

戻る 目次へ 次へ




Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.