5.早坂伊織の回答

1998年9月1日現在の回答です。
なおアンケート募集時のフォーマットにそのまま回答を入れました。

あなたご自身のこと
Q.01 次の基本情報にお答え下さい。
名 前 早坂 伊織 E-mail knut@ro.bekkoame.ne.jp
性 別 1.男性 2.女性 年 齢 30代 住まい 日本国内
和服歴 21年 趣 味 作詞・作曲、映画鑑賞、アニメ・特撮、
オーディオ・ヴィジュアル
絵を描くこと、読書、おしゃべり
身 長 184.0cm ウエスト 89.0cm 足袋のサイズ 26.0cm
※今後のホームページ作成の参考にさせて頂くため、以下のパソコン環境についてもお答え願います。
機種 AT互換(DOS/V)機 デスクトップ O S Windows98
注)各メーカ製パソコンおよびNEC PC98NX系はAT互換機を選択して下さい。
ブラウザ Internet Explorer 4.0 メールソフト Microsoft Outlook Express
Q.02 あなたと和服・和装との最も大きな関連を教えて下さい。
1.茶道・華道・日本舞踊・着物着付けなど、伝統系の習い事をしている
2.武道関係、祭りなど、稽古着、装束などが和服である
3.和装・呉服関連業に従事(製造・加工、流通、販売、仕立、着付けなど全般)
4.職業柄、仕事着・制服が和服(3.以外の方で。僧侶、神職、伝統関係など)
5.以上(1〜4)のいずれでもない和服愛用者、一消費者
※お差し支えなければ、具体的なご職業を教えて下さい。:
企業系サラリーマン
(例えば、「普通のサラリーマン」「呉服店経営」「大学生」など)
Q.03 どんな種類の和服・和装品を、どのくらいの数持っていますか?(解る範囲で)
a.長着類 18枚 (内、夏物 8枚) g.コート類 0着 m.雪駄 4足
b.羽織類 11枚 (内、夏物 0枚) h.作務衣 2着 n.草履 1足
c.袴類 7枚 (内、夏物 1枚) i.甚平 2着 o.下駄 3足
.長襦袢 15枚 (内、夏物 5枚) j.角帯 19本 p.その他1 足袋47足
e.浴衣 9枚 k.兵児帯 2本 q.その他2 六尺褌35枚
f.丹前 5枚 l.羽織紐 10本 r.その他3 越中褌7枚

以下の中でお持ちの和服、和装品があればチェックして下さい。
礼装(黒紋付) 略礼装 雨ゴート 雨用履物 和傘
夏用礼装 夏用略礼装 角袖 トンビ 道行 直垂
各種祭装束 礼装用夏袴 野袴 裁付袴 庄屋袴 素襖
和服を買う時のこと
Q.04 あなたの希望する妥当な和服の値段とは?
購入希望価格 欲しい素材
1.普段着 3万円まで 木綿
2.外出着 5〜7万円 正絹
3.礼装用 7〜9万円 正絹
4.趣味の和服 7〜9万円
注1 すぐ着れる仕立て上がり状態の「着物(長着)だけ」という条件でご判断下さい。
(羽織、帯、小物などは別として)
注2 「価格」はいわゆる相場とは関係なく、あくまであなたの希望価格範囲を、「素材」は、ジャンル毎に選んだ価格帯で購入を希望する(あるいは購入可能だと判断した)素材を選択してくだい。
Q.05 現在最も欲しい和装品アイテムは何ですか?(3つまでお答え下さい)
  1. 紗合わせの夏羽織
  2. 体に合った丈の寝間着(既製品はどれも短い!(^^;)
  3. 角袖
Q.06 着物を買う時の支払方法は?(最も主要な支払方法を選択して下さい)
1.現金払い 2.カード払い 3.ボーナス一括払い
4.3回以上の分割払い 5.信用払い 6.その他
Q.07 高級呉服を除く和服・和装品の通信(ネット)通販があれば利用しますか?
1.積極的に利用したい→Q08へ
2.入手法がわからない、あるいは店では買いにくいので利用したい→Q08へ
3.品物・和装品の種類や値段によっては利用したい→Q08へ
4.利用する気はない
→Q10へ
Q.08 どんな和装品アイテムの通販を希望しますか?(いくつでも選択可)
注)着物などは、仕立上がりで、既製のサイズからのみ選べるものと仮定して下さい。
着物・羽織 ウール着物 木綿着物 化繊着物 正絹着物 紋付
羽織類 夏用着物 丹前・褞袍 浴衣
襦袢類 長襦袢 半襦袢 夏用襦袢
袴類 ウール袴 木綿袴 正絹袴 野袴 武道袴
コート類 角袖 トンビ 道行 雨ゴート
和装肌着 肌襦袢 裾除け 越中褌 六尺褌 褌用布地
小物類 角帯 兵児帯 羽織紐 足袋類 腰紐類
半襟 手拭い 扇子 財布 煙草入れ
袋物・巾着 風呂敷き 根付
履物など 草履類 雪駄類 下駄類 雨用履物 和傘
その他 寝間着 作務衣 甚平 畳紙 古着類
上記以外
Q.09 和装品アイテムの通販価格について
1.やはり気軽に利用できるのは1〜2万円までである。
2.品物にもよるがやはり上限としては8〜10万円までである。
Q.10 通信販売を利用しない最も大きな理由は何ですか?
1.小さな写真では色柄が正確に解らないから
2.手触りや質感を直接確認できないから
3.正確なサイズなどが解らないから

4.汚れ・キズなど、トラブル時の返品などが面倒だから
5.その他
Q.11 呉服店をはじめとする、和服・和装品の販売業者に対する注文やご意見があればお願いします。(希望すること、困っていること、疑問に思うことなど何でも)
今までの「呉服および呉服ビジネスの常識」を大幅に見直し、「顧客」ではなく「きものファン」を掴むような製品、商品、サービスの提供を、業界全体で行って欲しい。
Q.12 あなたのお気に入りの和服・和装品関連のお店があればご紹介下さい。
和服を買うのページで紹介した数々のお店。
あなたの「和服生活」について
Q.13 和服をどの程度着たいとお考えですか?
1.毎日でも着たい
2.たまには着たい
3.一度は着てみたい程度
4.特に着た
くはない
Q.14 和服はどんな時に着たいですか?最も近いと思われるものを選んで下さい。
1.日常の普段着として
2.家でくつろぐ時などに
3.外出着として
4.仕事着として(あるいは会社にも着て行きたい)
5.ファッションの一つとして
6.お茶や踊りなどの習い事の時だけで十分
7.ハレの日の衣装として(お祭り、結婚式の衣装など)

8.その他
Q.15 和服を最もよく着る季節はいつですか?
1.春 2.夏 3.秋 4.冬 5.春と秋 6.秋と冬 7.年中
Q.16 和装の時の下着は主に何ですか?
上衣 1.洋服の時と同じ肌着(シャツ類)
2.洋装肌着だが、U字首などを用いる
3.和装用の肌襦袢
4.何もつけない
5.その他
下衣 1.ブリーフやトランクスなど洋装のパンツ類
2.猿股や股引類
3.ふんどし類(女性は湯文字)
4.何もつけない
5.その他
裾除け 裾除け(腰巻き)は用いますか?
1.よく利用する
2.たまに利用する
3.利用したことはないが、今後は利用してみたい
4.利用しない(たとえ男性用でも利用したくない)
Q.17 「ふんどし」を締めたことがありますか?
1.ある ↓愛用歴 ↓好みの種類は? ↓利用の頻度は?
16年 ア.六尺派 a.下着として常用している
イ.越中派 b.たまに締める程度
ウ.両方好き c.和服の時だけ
エ.その他の褌 d.お祭りなどの装束としてだけ
何褌? e.過去に何回か経験した程度

2.ない ↓締めてみたいと思いますか?
ア.思う六尺 越中) イ.思わない
Q.18 「ふんどし」についてどう思いますか?チェックしてお答え下さい。(いくつでも)
1.あまりよいイメージはない
2.今時「ふんどし」なんて、やはり恥ずかしい
3.締めてみたい(あるいは締めている)がやはり人には言えない
4.力士の廻し姿は見慣れているのだし、愛用者がいても不思議はない
5.これほど、心地よい下着は他にないと思う
6.健康的、機能的な下着(特に和服の下着としては最適)だと思う
7.下着としてもっと見直されてもいいと思う
8.和服同様もっと普及させ、堂々と愛用したいものである

その他、「ふんどし」や和装下着についてのコメントがあればどうぞ。
イメージ先行のみの評価をやめ、もっとよく下着としての「ふんどし」の良さを知って欲しい。
Q.19 帯の好みについて教えて下さい。
1.角帯が好き 好みの締
め方は?
貝の口 片ばさみ 一文字 神田結び
その他
2.兵児帯が好き

できれば、その理由をお聞かせ下さい。
角帯の程よい固さがないと落ち着かない。あの締め心地は何とも言えぬ心地よさがある。
結び方はやはり貝の口が結び馴れていて簡単。どれも結局は好みと馴れですが。
Q.20 袴を活用していますか?
1.普段でもよく利用する
2.外出時など、たまに利用する
3.面倒なので利用しない
4.目立ちすぎて恥ずかしいので利用しない
5.利用したことはほとんどないが、今後は活用したいと思う

袴についての自由なコメントをお願いします。
正直なところ、普段着に袴はほとんど着けない。馬乗りはやはりトイレが面倒。
ただし、着物の汚れが気になる作業などをする時は古い袴を着けたりする。
Q.21 和洋折衷スタイルの和装についてどう思いますか。
1.大賛成である。もっと自由に和服と取り合わせるべき
2.経験はないが、今後自分も取りいれてみたいと思う
3.見た目や機能性さえよければ否定しない
4.純和風な装いしか興味がない(自分ではしたくない)
5.どう考えてもおかしいと思う

あなたの興味ある(実践している)和洋折衷スタイルや着こなしを教えて下さい。
巾着を持ち歩く代わりに帯に付けられる和風なウエストポーチがあるといいと思う。
あなたの「和服感」について
Q.22 あなた自身が和服姿で人前に出ることに抵抗がありますか?
1.全く抵抗はない(どんな時も、どんな場所でも大丈夫)
2.やや抵抗がある(着ていく場所や時期などによる)
3.どちらかというと抵抗がある(多人数なら気にならないが一人はちょっと)
4.かなり抵抗がある(とにかく恥ずかしい)
5.その他
Q.23 あなた自身は他人が和服を着ているのを見て正直なところどう思いますか?
1.憧れる、もしくは自分も着たいと思う
2.いいな、素敵だなとは思うが、自分が着ようとは思わない
3.いまどき珍しいと思う、もしくは変わった人だと思う
4.どんな職業の人だろうと思う
5.一瞬引けてしまう、もしくは近寄りがたい
6.別に何とも思わない
7.その他
Q.24 あなたの感じる和服・和装の魅力を教えて下さい。また、和服を着ていて、得した事、嬉しかった事などがあれば合わせてお聞かせ下さい。
身につけてこれほど楽で気持ちよく、さらには幸せな気分になる衣服を私は他に知らない。和服は何よりもまず衣類であり、衣装止まりとする認識は改めて欲しい。和服、和装は、生産者から消費者、あるいは見る人をも含め、関わる人の心を和ませ楽しませ、そして幸せにしてくれるマジカル・ウェアである。
Q.25 あなたが和服を着ていて、嫌な思いをしたことなどがあればお聞かせ下さい。
突然の土砂降り雨で下ろしたての雪駄を駄目にしたこと。ある程度以上の大雨の中では、もはやどんな履き物も役に立たない。
Q.26 あなたは和服・和装が敬遠される理由は何だと思いますか?(いくつでも)
多くの方が答えているように、やはり値段の高さに尽きると思う。ただし、現状販売されている着物がただ高価なのではなく、日常着とできる安い着物がないという表現が正確。それ以外の理由は、我々着る側の努力で解決可能なはず。
Q.27 あなたは和装に関するしきたりや約束事を気にしますか?
1.気にする2.気にしない
和服の取り合わせや、和装の着こなしなどに関するしきたりや約束事に関して、ご意見をお聞かせ下さい。
約束事はフォーマルな装いにおいてのものだけでよい。和装・洋装問わず、本来そういうもののはず。きものだけが妙にうるさく思われる事実は改善すべき必須課題の一つであろう。
Q.28 和服は今後、現在よりも普及していくと思いますか?
1.普及すると思う
2.普及すると思いたい、普及させたい
3.これ以上普及するとは思わない
4.今よりすたれていくと思う
5.民族衣装として残る程度と思う
6.わからない
和服の将来について、そう思われる理由は何ですか?
普及とは、この場合、呉服業界が消費者にお願いや説得を行ってなされる結果ではなく、和装本来の良さに利用者自らが気付き、それを体感しながら自然と定着すべき結果でありたいと願う。
Q.29 現在あなたが和装をする上で一番困っていることは何ですか?
とにかくサイズの合うものが少ないこと。それゆえに、雨ゴートも、角袖も未だに持っていない。あとは、日常着物を着ることに対して理解のある呉服屋さんが妙に少ないこと。
Q.30 和服・和装に関してあなたが今一番知りたい情報は何ですか?
呉服業界全体のビジネスプラン。「売るための努力」ではなく、「買ってもらうための努力」が必要ではないでしょうか?つまり、消費者の欲する商品提供実現して欲しい。
Q.31 最後にお尋ねします。あなたにとって和服・和装とは何ですか?
この世界で知り得たアイテムの中で、最高に価値あるものの一つ。和服そのものは衣類であり、それ以上でもそれ以下でもないと言えるが、衣料品というジャンルを超えた夢のある広がりを持つ、ミラクルなウェア。多くの人が和装に夢を感じる限り、必ずきものには未来がある。

戻る 目次へ 次へ



Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.