アクセスカウンタ

「男のきもの大全」掲示板へようこそ。ご利用上の注意事項をご一読の上、楽しくご利用下さい。

過去に設置していた掲示板の内容は、以下のリンクから参照のみ可能です。
1998〜1999年まで設置の掲示板はこちら、2000〜2002年までの掲示板はこちら




全 498 件 [ 1345678910111213141516171819202122232425 ] [最新の状態] [ホームページへ]






ページ 2 (21〜40)
はじめまして 引用
No.1225461448 - 2008/10/31 (金) 23:00:45 - 井上日出美 (女) -住所?
*** Remote User < ntkyto103018.kyto.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3 >

こちらのサイト様の帯結びについて、参考にさせていただきました。
具体的な写真と手順で、大変分かりやすかったです。

ありがとうございました。

雨対策はどのようにされていらっしゃいますか? 引用
No.1224939243 - 2008/10/25 (土) 22:07:20 - 墨黒 (男) -住所?
*** Remote User < kd125054057156.ppp-bb.dion.ne.jp - Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_5; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1 >

以前に羽織や衣桁の件で、何度か皆様のご意見を拝聴した墨黒と申します。
昨日、鎌倉の建長寺で四つ頭茶会に参加してきました。利休流の茶道が広まる前の
施茶(せちゃ)という形式で、ご住職が浄瓶と茶筅を手にして、一人一人回って
お茶を点ててくれるという形式でとても興味深く、おいしいお茶を頂いて参りました。

前置きが長くなりましたが、昨日は朝から嵐のような大雨に見舞われ、
一応傘はさしていましたが全く役に立たず、北鎌倉の駅から建長寺に着くまでに
ずぶ濡れになってしまいました。
そこで皆様に伺いたいのですが、雨対策はなにかされていらっしゃいますか?
私は着ていったお召しの長着がぐしゃぐしゃになり、クリーニングに出しましたが
おそらくシワは取れないだろうと言われてしまいました。(泣)

私が自分なりに調べたところでは、

(1)雨ゴート(正絹・化繊)を羽織る (2)化繊の羽織袴を雨ゴート代わりにする 
(3)着物自体に撥水加工をする (4)薄手の紬をコートに仕立てて撥水加工をする
(5)雨の日は着物を着ない or 化繊の着物にする

くらいが考えられると思うのですが、みなさまは実際どのように対策をなさっていますか?
男用の雨ゴート(化繊)は、こちらにもリンクのある「アッパース」さんや「ちどりや」さんで
お取り扱いがあるようですが、汗っかきなので、できれば通気性のよいものがいいと思っています。



返信4 Res-No.4 ご返信ありがとうとざいます。
No.1224939243.4 - 2008/10/28 (火) 01:55:25 - 墨黒 (男) -住所?
*** Remote User < kd125054057156.ppp-bb.dion.ne.jp - Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_5; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1 >

たしかにご指摘のとおりですね。
タクシーを利用しなかったことが最大のミスだったと考えております。
駅を降りたときは小降りだったので、歩いていっても大丈夫だと思ったのですが、
だんだんと雨脚がひどくなり、建長寺に着くころには足袋がぐしょぐしょになってしまいました。

今回の教訓を生かすべく、今日さっそく雨ゴートをオーダーさせていただきました。

大寄せの茶会ともなりますとクロークが用意されておりますので、
雨コートでしたら預かっていただける場合が多いかと思います。
今回も傘やコート一式はお預かりいただきました。
しかし、毎回そうとも限りませんので、雨ゴートは軽くてたためる大島紬のものを選びました。

今回は朝から雨でしたので、タオルを3枚持参し、
到着して受付を済ませてから袴を着けさせていただきました。
もちろん、お席を汚さない配慮はさせていただいたつもりでおります。

しかし、何よりも席主にご迷惑やお気遣いをおかけしないことが
客としての勤めだと考えなければなりませんね。


返信3 Res-No.3 根本的に
No.1224939243.3 - 2008/10/27 (月) 23:13:19 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 219-122-228-223.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

雨が降りそうでしたら着ていかないか。
着ていく場合は、タクシー等を利用し雨にあたる部分を極力減らすかですね。
タクシーを利用した方が、大概、雨の中歩いて濡れた着物の後始末より安く付きます。
あと、着物用の雨具ですが、色々ありますが、特に大寄せ等の場合、濡れていたりする
と始末に困ることも多いかと。
>水もしたたる
それと、濡れたままで建物の中に入って茶会で座られるのは、建物や主催者側に失礼で
はないかと。

返信2 Res-No.2 やっぱり
No.1224939243.2 - 2008/10/26 (日) 22:03:08 - 墨黒 (男) -住所?
*** Remote User < kd125054057156.ppp-bb.dion.ne.jp - Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_5; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1 >

>お祭り好きの電気屋さん
雨の日はやっぱりポリの着物ですかね。汚れても洗えるのは心強いです。
ネットを検索してみると、男物の雨ゴートもいくつか見あたりましたが、
どうもデザイン的にぱっとしません。(汗)
やっぱり「水もしたたるいい男」でいきますか!

返信1 Res-No.1 雨や汚れが心配なときは
No.1224939243.1 - 2008/10/26 (日) 00:54:32 - お祭好きの電気屋 (男) -住所?
*** Remote User < flh1abp200.kng.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

 やっぱり化繊メインにしちゃいますね。 雨だけでなく、
実はくだけたパーティーも結構危険だったりするんですよね。
お酒こぼしたりとか醤油飛んできたりとか・・・。
仕事仲間のBBQでも着物着ていくこと有りますが、このときは
そもそも洗濯機に丸めてぽい出来る着物か、どうでもいい着物を
着ていきます。

 ただ、困ってしまうのは ハイリスク+高貴な席 と言う場合
なんですよね。 やはり作法とか交通機関とかで工夫して回避する
しかないという面もあると思います。

 あと、着物用合羽とか合羽として使えるとんび(着物コート)を
愛用している方も多いようです。 このページにもどこかにあったか
と思いますが、神職やお坊さんの衣装用品を扱うお店だと結構実用的な
合羽とかがあるようです。


 あ、あと、男物の番傘だとそこらの洋傘よりも守備範囲が広いので、
結構イケたりしますよ。 コーディネイトとして着物にベストマッチな
だけでなく、実用的にもお勧めです。
ただし、下手な物を使うと雨で油紙の染料が溶け出して色水となって
着物を汚染する場合があるので一応そういう粗悪品(?)があると
言うことも覚えておいたほうが良いです。 この場合は暫く普通に
雨の日使っていじめてやれば落ち着いて使えるようになります。


御礼 引用
No.1224647025 - 2008/10/22 (水) 12:47:28 - 詩学 (男) -神奈川県
*** Remote User < tyo104.gate.nec.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.2) >

先日、このHPを拝見させていただき「ちどり屋」さんに行ってきました。
私自身、知識はないのですが着物を着ることがあのですが、
手持ちが少なくずっと良い店はないかと悩んでおりました。
金額的にもお手軽で、安心して購入できました。
ありがとうございました。

乱文の非礼、お許しください。

江戸小紋(羽織) 引用
No.1223986790 - 2008/10/14 (火) 21:26:35 - さん歩 (男) -東京都
*** Remote User < i118-21-0-84.s04.a013.ap.plala.or.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1) >

男物の濃紺のお召しの長着の上に、同系色の青で白味の勝っている鮫模様の江戸小紋を
羽織で着てみてはと思うのですがおかしいですか?

また、洋服感覚で同じく濃紺の長着の上に、ワインレッドの縮緬の羽織とかどうでしょ
うか?

男性用の履物の店 引用
No.1223975783 - 2008/10/14 (火) 18:26:22 - 大介 (男) -住所?
*** Remote User < i118-16-107-244.s10.a021.ap.plala.or.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1) >

恐れ入りますがご助言いただけますでしょうか

初めて履物を購入しようと思うのですが京都で良い店はございませんでしょうか?京都
にござませんでしたら東京でも構いません。できれば鼻緒など自分の足にぴったりあっ
たものを選んでくれるお店だとありがたく存じます


予算は2万円ほどを考えておりますが少ないでしょうか?
雪駄と草履どちらを買うべきでしょうか?

お手数をおかけいたしますがなにとぞよろしくお願い申し上げます

返信4 Res-No.4 まず用途を明確にされてから
No.1223975783.4 - 2008/11/5 (水) 06:14:30 - 朝路真行 (男) -住所?
*** Remote User < 219-122-233-53.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして朝路と申します。

 皆さんが色々とお書きになっておられますので、余計なお節介かもしれませんが、参
考までに以下を申し上げます。

 かたばみさんがお書きになっておられるように、まずは大介さんのお使いになる用途
を明確にされることです。

 正装用の履物となれば、畳表に白革鼻緒の草履しかありません。代用品としてビニー
ルの畳表、鼻緒を用いても構いませんが、雪駄は本来、正装には用いません。
 しかしながら現状では、代用品であるビニールの畳表、鼻緒の物でさえ草履になって
いるものは僧侶や神主さんと言った専門の職業用として扱われているため、一般的には
お祭り用の雪駄が多く流通しています。このためか、正装に雪駄を代用として使うこと
が多いようです。

 古来から日本の行事や儀式は野外で行われることが少なく、履物は必要ありませんで
した。もし野外で行われるようなことがあれば、その場合の履物は靴が正式でした。草
履にも雪駄にも趣味性の高い物が多いのはそのためです。

 草履は底が平らで厚みがあり、滑り止めなどの加工が可能ですが、雪駄は底が緩やか
にカーブして薄く、滑り止めの加工がし難い物です。本来は踵の金具が滑り止めと擦り
減りを防止する物ですが、道路事情の変わった現在では、金具が却って滑る元になりま
す。

 「草履か?雪駄か?」の判断基準は、大介さんがどのような場所でお履きになること
が多いかによりますね。ツルツルとした床面の場所を多く歩かれるのであれば、やはり
雪駄は滑りますし、地面から近い分、足袋などの足元を汚しやすくなります。 

 もし大介さんが鼻緒の掛った履物に慣れていらっしゃらなければ、先ずはスポンジ底
(サンド底)やアメゴム底などの軽い素材の軽装履きから始められる方が良いでしょ
う。靴に慣れている人にとって、牛皮底の雪駄などでは、硬すぎてクッション性も低い
ので、疲れやすいものです。

 二万円の資金は決して少なくはありません。初めての方が、南部表などの物を買う必
要はありませんし、普段にも必要ありません。

 とにかく先ずは鼻緒の履物になれることです。それまでは資金を温存されては如何で
しょうか?

 余計なお節介で大変失礼いたしました。

返信3 Res-No.3 履物屋
No.1223975783.3 - 2008/10/24 (金) 09:51:14 - 寛 (男) -住所?
*** Remote User < pd326b1.tokynt01.ap.so-net.ne.jp - Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6 >

こんにちは。
こちらのサイトの「和服を買う」というページに
履物屋情報もありますが、そこ以外でという事なのでしょうか?
都内だと長谷川商店さんのコストパフォーマンスに敵う店は
ないんじゃないか(既製品の雪駄・草履の安い店は多いですが)
と思える程良いお店ですよ。

返信2 Res-No.2 雪駄と草履
No.1223975783.2 - 2008/10/16 (木) 18:55:41 - かたばみ (男) -住所?
*** Remote User < kita122050045148.kitanet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1) >

こんにちは。

予算ですが、
普段着で家の近くを散策する程度なら1000円〜3000円程度で充分です。この程度のもの
ならご近所でも買えるでしょう。
外出用のお洒落着物の履物なら多少の出費は覚悟する必要がありますが、着物とのバラ
ンスなので一概に幾らだと言うのは難しいです。
本格的な雪駄ならかなり高くつきますが20000円まで出せるならそれなりの品は買えるハ
ズです。

雪駄と草履、
履かれる状況でどちらが良いかは異なります。
例えば結婚式で花婿さんが紋服に合わせるなら雪駄に限りますが、お洒落な街着(外出
着)に合わせるならどちらでも大丈夫です。
ただ、初めて買われるならわたしは「本格的な雪駄」はオススメ出来ません。
理由は、初めての履物で雪駄はメンテナンスが厄介だからです。
特に水に弱いため、濡れたらアウトだと思ってください。
また、底が本革で金物付はカッコ良いですが滑りやすくて、慣れないと歩くだけで気疲
れします。
少し履物に慣れてからお買いになったら良いでしょう。

じゃぁ草履が良いのかというと、これはデザインや素材がいろいろあるので着物との組
み合わせが難しいです。
履かれる状況だけでなく年齢や好みもあるのですが、初めて買われるなら多少カジュア
ルなものでも良いかも知れません。

私は、普段には1500円程度の安物の雪駄まがいの履物で済ませていますが、外出には1万
円クラスのカジュアルな物を愛用しています。
冠婚葬祭用には本格的な雪駄を履きますが。はっきり言って高かったです。

因みにわたしは下駄の類いを履きません。
カランコロンという下駄の音は風情があるのですが近所迷惑になるからです。
下駄はやはり土の上を歩く履物だと思います。
尤も最近は静かなゴム貼り下駄も出ていますが私は持ってません。

素人の私見ですが以上参考まで。

返信1 Res-No.1 履物屋
No.1223975783.1 - 2008/10/15 (水) 11:39:45 - 紬之助 (男) -住所?
*** Remote User < 60-62-161-63.rev.home.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322) >

東京ならば、浅草界隈を訪ねてみたらいかがですか。
新仲見世通り、ひさご通りあたりにいくつかお店がありますよ。
草履か雪駄かは、そのお店で教えてくれると思います。また、そういう親切な店で
買うに限ると思いますですね。

京都。。。2? 引用
No.1222878892 - 2008/10/2 (木) 01:43:17 - シェン (男) -海外
*** Remote User < 220.255.7.171 - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

すみません。。。あの。。。

来年三月の時、京都へ行くつもりです。

京都のいいし、廉いとまり方は何ですか?

京都の旅館のなかで何が一番いいと廉いですか?

助けてください。。。


返信3 Res-No.3 返事をくれてありがとう
No.1222878892.3 - 2008/10/14 (火) 00:47:32 - シェン (男) -海外
*** Remote User < 220.255.7.214 - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

みんなさん、返事をくれてありがとう。。。

いま、サイトお見ています。。。

しかし、どちら旅館は温泉をあると廉いですか?

助けてください。。。

返信2 Res-No.2 宿
No.1222878892.2 - 2008/10/4 (土) 00:40:31 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 218-228-170-81.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

宿坊という手もあります。
http://syukubo.com/spot/05kinki/011syukubo_kyotoshi.html
海外からの方を受け入れてくれないところもありますが、受け入れてくれるところも。
http://syukubo.com/qanda/area002.html
英語版もよろしければ
http://templelodging.com/

返信1 Res-No.1 京都の廉い旅館
No.1222878892.1 - 2008/10/2 (木) 10:36:11 - かたばみ (男) -住所?
*** Remote User < kita122050045148.kitanet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1) >

こんにちは。
廉いというのは、いくら位の予算でしょうか?
和風(日式)の旅館をお望みですか?

下記のサイトは京都の旅館案内サイトです。
検索してみてください。

http://www.kyotokanko.com/hotelmap.php

七五三付き添いの父親の格好について 引用
No.1222781468 - 2008/9/30 (火) 22:45:30 - 初心者です・・ (女) -住所?
*** Remote User < acca1aao105.tky.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

はじめまして。着物初心者です。
ネットであれこれ検索するうちにこちらにたどりつき、質問させて下さい。

来月、初めての娘の三歳の七五三を行う予定です。
お参りとは別の日に、家族三人で記念撮影をしたいと思っております。
お伺いしたいのは、その時の父親の服装についてです。

娘は親戚が幼い頃に着た着物を借り受けて着用、母である私は紋なしの訪問着です。
父親はスーツで、と思ったのですが、結婚当初、和裁が趣味の親戚に誂えて頂いた大島
の紬と対の羽織があります。
普段着物を着る機会が全くなく、こんな時こそ着られたら、とは思うのですが、やはり
こういった場合、「袴」は必要なのでしょうか・・??
又、必要ということであれば袴だけレンタルというのはおかしなものでしょうか?

実母も着物の知識が浅く、相談できる方が周囲におらず・・・初心者な質問でお恥ずか
しいのですが宜しければお助け下さい・・・。

返信3 Res-No.3 下駄
No.1222781468.3 - 2008/10/4 (土) 00:33:31 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 218-228-170-81.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

まったく問題はないと思います。
柾目の下駄とかなら正装にも対応できるぐらいですし、下駄、意外となんにでも合わせ
られます(鼻緒の色の問題とかはありますが、白以外の色でしたら問題ないかと思いま
す)。
大島でしたら、どのようなタイプの下駄でも問題はないです(デザイン的にあうあわん
はあるかと思いますが。)

返信2 Res-No.2 早速ありがとうございました。更に足元についてですが
No.1222781468.2 - 2008/10/1 (水) 22:17:29 - 初心者です・・ (女) -住所?
*** Remote User < acca1aao105.tky.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

早速丁寧にお教えくださり有難うございました。
大島に袴は基本、合わせないものなのですね。
つまり、大島がフォーマルではない位置づけなので袴も不要、ということなのでしょう
か?

大島を仕立てて下さった親戚当人にちらっと話した際「あれでぴったりよ!着なさい
よ!」なんて言われたので、どうせなら着た姿をお見せできれば喜んで頂けるかなと思
ったのですが、その後自分なりに調べて「袴は??」などと色々考えてしまっていまし
た。
(もう一度その方に相談すれば良いとは思うのですが、電話するほど近しい間柄ではな
いため・・・)

家族の写真ですし、袴を合わせるのはおかしいということを教えて頂きましたら、袴な
しの大島姿で撮影してしまっても良いかなぁという気持ちになってきました。

そして更に初歩的な質問で恐縮なのですが、カジュアル寄りと割り切って考えてしまっ
た場合でも、足元は下駄というのはおかしすぎるものでしょうか・・・??
(下駄しか今持っていないのです)
前に足元の相談をされている記事は何件かあったので拝見したものの、男の人の着物に
対する知識が0以下でどうも上手く飲み込めず、恐縮ですが宜しければお教えいただきた
くお願い申し上げます。


返信1 Res-No.1 袴要らないんじゃないでしょうか
No.1222781468.1 - 2008/10/1 (水) 00:28:55 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 60-56-51-38.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

2つぐらい下に書いたのですが、大島に袴はあまりあわせません。
個人的には異論もあるのですが。
一般に言って大島のアンサンブルは洋服でいうと、スーツではなくカジュアルジャケッ
トのようなくくりです。あまり礼装向きではありません。
今の時代、そんなに堅苦しく考えなくてもよいと思うのですが、和装の先生とかに言わ
せたら、大島自体止めた方がいいとなるでしょうね。

黒の紋無し絽の羽織 引用
No.1222322250 - 2008/9/25 (木) 15:03:18 - 風 (男) -東京都
*** Remote User < p8017-ipad416marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

黒の紋無し絽の羽織を謝恩会に着ていきたいのですが、問題は無いですか?
その下は絽に似せた青いポリエステルの着物ですが。

袴の事でお聞きしたいのですが 引用
No.1219822944 - 2008/8/27 (水) 16:53:22 - 浩二朗 (男) -住所?
*** Remote User < softbank219214252032.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

ここの記事を読んでいると「着物に袴をつけると楽だ」と書かれているのを良く見かける
のですが
たとえば正月に新年会や初詣に大島のアンサンブルに俗に言う「仙台平」の馬乗り袴とか
をつけて出かけてもおかしくはありませんか?
前の記事を色々読み返すと生地の違いと柄で、長着と羽織の組み合わせと同じように
生地と柄がおかしくなければ良いのでしょうか?
ただ私は仙台平袴をじかに見たこと触った事がないので大島に生地が合うのか
わかりません。
宜しく御願いいたします。

返信1 Res-No.1 よく合うと思うのですが。
No.1219822944.1 - 2008/9/7 (日) 23:25:07 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 60-56-171-33.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

柄的にも、生地の質的にも合うと思うんですけど・・・。
例えば手持ちですと白大島の蚊絣と甲田精好仙台平、色の組み合わせもいいですし、質
感的にも非常にあうのですが・・・。
格とか言って嫌がられる方はおられるでしょうね。私はわざわざそんなことで突っ込み
をもらってまで着たくは無いです。
ちなみに、着物は袴無しの方が着易いんで無いか派です(特に馬乗り、後、野袴系も普
通の丈の着物との組み合わせでもどうかと、専用に誂えるぐらいならいっそさむえとか
甚平の方が合理的かな〜とか。)。趣味それぞれですんであくまで私の個人的意見です
が。

着物の生地での質問です。 引用
No.1218096560 - 2008/8/7 (木) 17:17:09 - 通りモン (男) -住所?
*** Remote User < p5047-ipad02daianji.nara.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

着物生活を始めたばかりの「通りモン」と申します。
先日、ネットで未着用の「百亀甲柄のお召」だと言う着物のお対を購入したのですが、
家内の言によると「これって紬でしょ。」とのことですが、現物は、茶の泥大島と同じ
ような柄で大島と見間違いそうですが、このような「お召」って有るのでしょうか?
素人の質問で恐縮ですが、どなたかご教示をお願いします。

返信5 Res-No.5 普通にありますね
No.1218096560.5 - 2008/9/7 (日) 23:52:12 - 草屋 (男) -住所?
*** Remote User < 60-56-171-33.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30) >

100亀甲の御召というのは普通にありますね。
製法としては紋御召と絣御召がそれにあたるかと思います。
違いは紋御召がジャガードを使ったもので、亀甲の形が非常に綺麗で一定の大きさでそ
ろっています。絣御召は大島や結城と同じ製法ですが、糸の種類が違ってきます(いわ
ゆる先染めの縮緬式)。
産地自体は西陣か八王子(多摩結城)あたりがメインになるかと思います。
http://www.kougei.or.jp/tamaori/at0107-b01.html
まあ、現物は見分けの付き易いものですし、亀甲御召を大島とかいう人はいるかと思い
ますが大島をわざわざ亀甲御召という人は滅多にいないと思いますんで、業者さんが言
うのが正解でしょう。

返信4 Res-No.4 やはり推測の域を出ませんが…
No.1218096560.4 - 2008/8/22 (金) 01:29:33 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 121-83-55-27.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 御丁寧な返信大変恐れ入ります。

 さて、前回も前置きで申しましたが、現物を見ておりませんのでなんとも推測の域は
出ません。再度申し上げた上で以下を申し上げます。

 前回は亀甲柄のお召と言うことで、思いつくまま白鷹お召と申し上げました。ではそ
れ以外はと考えますと、米沢やら西陣やら絣柄や十字柄のお召を製作できる産地ならど
こにでも可能性があるとしか申せません。それ故に通りモンさんのお着物が、どこの産
地に当てはまるのか、あるいは確実にお召しであるとは判断できません。

 次に、業者の言うことが確実であるとして、また百亀甲柄を根拠に考えてみますと、
やはり百亀甲柄と言えば、結城や大島と言ったものになると存じます。
 結城紬は、重要文化財として現在は強撚糸の使用を禁止されています。しかし過去に
は、お召の方が価値があるとして、撚糸を用いた結城お召と言うものもありました。こ
れを習って作られたのが豊田紬や石毛紬で、豊田紬の縮織りの物を現在では結城お召と
も豊田縮とも呼んでいます。
 豊田の基本は絹と綿などの交織ですが、現在では絹だけと言うものもあるでしょう。
また石毛紬も交織で強撚糸を用い、お召風に作る縮織り物で、豊田紬の商標で流通して
いる場合もあります。

 紬もお召しも先染めであるということから一括りにされる場合もあると前回に申し上
げました。産地によっては、強撚糸を用いていれば、紬地のようであってもお召とみな
す物もありますし、米沢紬・白鷹紬・白鷹お召の三つを合わせて置賜紬(おきたまつむ
ぎ)と言うように、お召を紬の類に含めることもあります。

 結論としては、前回同様、通りモンさんの御判断次第と言うことになりますね。


 末筆に付け加えて申し上げます。本来絹物の価格は目方で決まりました。製糸技術が
進み、軽くすることも可能になったため、また着物を着る人が不慣れに、あるいは着用
の回数が少なくなったため、現在では軽い物が良しとされています。
 紬は、使い込むことでしなやかに艶やかになり、風合いの増すものです。体に沿うよ
うになれば、重さも感じなくなります。
 余計なお節介ですが、折角縁あってお手元に届いた品です。お召か紬かの区別に関わ
りなく、存分に楽しまれては如何でしょうか。

返信3 Res-No.3
No.1218096560.3 - 2008/8/21 (木) 11:45:51 - 通りモン (男) -住所?
*** Remote User < softbank218183077019.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

朝路 様
先日は、紬orお召でのご教示有り難うございました。
やはり気になりましたので、購入先へ問い合わせましたら「当店は、専門家の鑑定を受けて出品
していますから『お召』に間違いございません。」との回答を頂きましたが、本当に百亀甲柄
(茶の泥大島風)のお召が存在するのでしょうか? またまたの質問で、よろしくお願いしま
す。

返信2 Res-No.2
No.1218096560.2 - 2008/8/15 (金) 10:43:18 - 通りモン (男) -住所?
*** Remote User < p5047-ipad02daianji.nara.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

朝路 様
ご教示有り難うございました。お召しでも亀甲の柄が有ると言うこと、大変勉強になり
ました。白鷹御召を調べましたところ、亀甲柄は大変細かく300亀甲とのようでし
た。小生の入手した物は、100亀甲ですので、やはり紬なんでしょうね。また、本場
大島のように軽くも無く、艶も無いように感じられますので、ごく普通の紬かな と思
います。

返信1 Res-No.1 現物を見ておりませんので…
No.1218096560.1 - 2008/8/14 (木) 05:15:19 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 121-83-53-61.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。

 タイトルにもありますように、現物を見ておりませんので、なんとも推測の域を出ま
せん。それを御了承の上、お受け取り下さい。

 最初に亀甲柄のお召しがあるかないかと言うことから申し上げますと、亀甲柄のお召
は存在します。
 そこで二つのことが考えられます。

 まず一つは、紬もお召しも先染めの織物ですから、ネットオークションなどでは曖昧
に一括りにされる場合があるということです。この場合は、大変残念ながら、大島など
の紬の類かもしれません。

 次に、ネット上の紹介を確実なものと考えた場合、亀甲柄のあるお召と言えば、白鷹
御召ではないでしょうか? 白鷹御召であれば大変貴重なものと言えます。

 お召しは、お召縮緬と言うように、糸に強く撚りを掛けて織ります。お召は他の縮緬
とはまた生地表面の表情が少し違いますが、単純に紬と見比べますと、お召の表面には
微妙な凹凸(シボ)があります。白鷹御召は絣糸を板締めで染めますので、織り上がっ
た反物の端に、染め板の厚みの分だけ、柄合わせの為にはみ出た絣糸が輪っか状に残り
ます。

 今回、通りモンさんのお着物は仕立て上がりのようですので、その生地端を見ること
はできないでしょうね。そうなりますと、やはり生地表面の感じから判断するしかない
かと存じます。

 以上御参考までに。

行灯袴から馬乗り型へ 引用
No.1217696653 - 2008/8/3 (日) 02:19:42 - 朧月 (男) -住所?
*** Remote User < pppbf980.hokkaido-ip.dti.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506; Tablet PC 2.0) >

はじめまして、こんばんは。
和裁初心者の朧月です。
色々な所で検索しても見つからないので、こちらに書き込ませていただきました。
質問したい内容は、タイトル通り行灯袴から馬乗り型の袴へリメイク(リフォーム?)は
可能か、またその方法が知りたいです。
ご教授よろしくお願いします。

返信2 Res-No.2
No.1217696653.2 - 2008/8/5 (火) 00:38:44 - 朧月 (男) -住所?
*** Remote User < pppbf980.hokkaido-ip.dti.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506; Tablet PC 2.0) >

生地が足りなくなるのは大変ですね><
お教え下さり、ありがとうございました!

返信1 Res-No.1 一応可能ですが。
No.1217696653.1 - 2008/8/4 (月) 02:58:23 - お祭好きの電気屋 (男) -神奈川県
*** Remote User < fl1-122-132-38-215.kng.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

  今晩は、お祭好きの電気屋です。

 まえに「馬乗り←→行灯」の改造をすると言うことをやってみたという
投稿がありましたが、たしかに難しいと思います。
決定的に問題なのは生地が足りなくなることです。
馬乗りのほうが襠の分余計に生地を使うのです。ですから、
その分の生地をたぐり寄せて確保しなければいけないわけです。
この点は、剣道袴の仕立てをよく観察すると解ります。
襠の部分に接ぎが入っているわけです。
ツー事は、理論上は「馬乗り→行灯」の改造は可能性が高いと言えます。
しかし、全体のバランスとかがあるので、結局は全部ばらして
仕立て直すくらいの覚悟はしたほうが良さそうです。

運転免許 引用
No.1216825664 - 2008/7/24 (木) 00:11:01 - 小凡豆 (男) -住所?
*** Remote User < catv041-045.lan-do.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; Media Center PC 4.0; .NET CLR 2.0.50727) >

本日、運転免許の書換に行って来ました
5年間お世話になる免許証です
和服に着替えて写真を撮っていただきました

お宮参りの着物について 引用
No.1216387268 - 2008/7/20 (日) 10:13:02 - 湯 (女) -住所?
*** Remote User < p2157-ipbf512fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

はじめまして。
男性用の袴を検索していてこちらのサイトにたどり着きましたので
質問をさせてください。

8月にお宮参りに行く予定なのですが、私も赤ちゃんも着物なので
主人も着物を着たいと言っています。
私は正絹色無地の単衣の着物を着ていく予定です。
ですが、主人は木綿か麻の着物しか持っていません。
袴がほしいといっているので、袴を買おうと思っています。
そこで質問ですが、
袴をはく場合でも羽織は必要か。ということと、
主人の着物が木綿か麻ではおかしいか。ということです。

またどういったものがふさわしいかなども教えていただければ助かります。
よろしくお願いします。

返信1 Res-No.1 当事者を中心に考えましょう
No.1216387268.1 - 2008/7/19 (土) 00:07:11 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 60-56-72-201.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。毎度申し添えますが、これから申し上げることは私見
でございますので、あくまでも参考の一つとお受け取り下さい。

 まずはお子様のお宮参りおめでとうございます。暑い時分ですから、どうぞ御気を付
けてあげて下さい。

 さて、御質問の内容から、御主人が袴をお召しになることを前提として以下を申し上
げます。

 湯さんが色無地の礼装と言うことですから、もし、御夫妻で何かしらの催し、例えば
結婚披露宴などに参加されるということであれば、少なくとも釣り合いの面から、御主
人も絹物の夏物をお召しになるようお勧めになる方も多いと存じます。 
 
 ただ、今回のように当事者がお子さんの場合、必ずしも御夫妻が絹物で並ぶ必要はな
いかと存じます。
 綿か麻か?と言うことであれば、関東では麻をお洒落着扱いする場合もありますが、八
月一日(八朔)を過ぎてから九月までは麻を礼装に用いても差し支えはありません。

 盛夏のことですし、袴をお召しになってのことでしたら、親戚への挨拶回りや、ちょ
っとしたお出かけなど、羽織を省略しても余り差し支えはないでしょう。
 
 今回はお宮参りと言うことですから、何かしらの記念撮影などをなさると存じます。
そうなりますと、御主人が袴姿のままと言うのは、少々バランスが悪いですね。
 麻のお着物が無地かなのか柄物なのか、どのようなものなのか判りませんが、やはり
何かしらの羽織をお召しになった方がよろしいかと存じます。付け加えて申しますと、
必ずしも紋付の羽織である必要はありません。写真撮影のためだけとお考えになればよ
ろしいでしょう。

 夏物の袴や羽織は時期物ですから、結構値の張るものが多いですね。両方揃えるとな
ると、余計なお節介ですが、かなりの出費になると存じます。場合によっては、羽織と
麻の着物だけで、袴は省略なさっても構わないと存じます。
 さらに昨今は汗の止まる暇がないほどの猛暑日があったりしますから、汗で着物をダ
メにしてしまわないよう、材質に拘られず、洗濯など処理のしやすいポリエステルなど
でよろしいでしょう。

 以上、散文になりました、どうぞ御容赦ください。

 お宮参りが恙なく善き日でありますよう、お祈り申し上げます。

紋付袴の半襟について 引用
No.1216019568 - 2008/7/14 (月) 16:32:14 - 花子 (女) -住所?
*** Remote User < 61-23-42-146.rev.home.ne.jp - Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.9) Gecko/2008052906 Firefox/3.0 >

こんにちは。紋付袴で検索してこちらへたどり着きました。
私は主婦で、最近、着物を楽しみ始めたばかりです。
子供が成人式年齢なこともあって、お母さん達と盛り上がることが多いのですが
その中で、「男の子の紋付袴」について、皆で首をひねって悩んで懸案があります。

半襟の色です。 
男の子の紋付袴の白襟は、花婿だけのもの、と仰る方がいたので、
紋付袴の画像を検索してみると、確かにグレーなど違う色の半襟姿の画像が沢山見られます。
しかし、国会議員の初登院などの写真にも白半襟のセンセイもいらっしゃいますし、
花婿だけが白い半襟、というのは、ただの言い伝えなのでしょうか?

それとも 正式が白半襟だけれども、今の時代はどっちでもいいんでしょうか?
あるいは、どこか特定の地域のみの決まりごとで、あまり気にしなくてもいいのでしょうか。
息子さんが紋付袴を着てみようかな〜と言っている、というお母さんに、花婿じゃないん
だから、白半襟はだめよ、と仰っている物知りな奥様を見て、どうなのかなと思いました。

それ以来、気になって、図書館などで私も調べてみたのですが、「白い半襟、白い比翼は
花婿だけ」と書いてある本も、確かに、ございました。(村林益子さんという方の本でした)

もし花婿だけのものなら、一生に一度の花婿の時にのみ、身に付ける記念すべき白半襟で
すから、その時までの、お楽しみにとっておいて欲しいですが、、成人式に、相手もいな
いのに白半襟ですと、記念写真も撮ることですし、その姿がいつまでも残るわけで、その
写真を将来どんな人に見られるかわからないですから、本当にそういう決まりがあるので
したらば 白半襟は避けたほうが良いと思うのですが、貸衣装屋さんなどは、何でもどう
ぞ!ですし、、。 素人にはわかりかねるので、ここで質問させていただきました。よろ
しくお願いします。

返信3 Res-No.3
No.1216019568.3 - 2008/7/16 (水) 07:48:06 - 宗 (男) -住所?
*** Remote User < hkrbf220.hyogo-ip.dti.ne.jp - Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.1.15) Gecko/20080623 Firefox/2.0.0.15 >

はじめまして。
婚礼などに用いる衣装についてですが、昔の日本では晴れの衣装は黒、葬式などの忌み事
は白を用いることが多かったようです。
映画などでも白装束の人々が、棺桶を担いで葬列をなす映像があったりしますよね。
婚礼では、黒留袖が今でも着用されます。
花嫁衣裳として、黒引き振袖が最近流行ってきているようですが、これも同様の理由で黒
が色振袖よりも晴れにふさわしいという、昔からの風習のようです。
白=晴れ、黒=忌みとなったのは、洋装が入ってきてからのようです。
本題とは関係ないかもしれませんが、ご参考まで…。

返信2 Res-No.2 ありがとうざいます
No.1216019568.2 - 2008/7/16 (水) 07:03:55 - 花子 (女) -住所?
*** Remote User < 61-23-42-146.rev.home.ne.jp - Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.9) Gecko/2008052906 Firefox/3.0 >

とても詳しい解説ありがとうございます。早速、悩んでおられた仲間のお母さんにもメー
ルしておきました。着物は日常あまり目にすることがありませんし、最近、着るように
なった私も、ネット検索や図書館であれこれ調べながらの着物道です。

♪金襴緞子の、、、歌に出てくる言葉、、考えたことも無かったです。
改めて母の婚礼の写真を見てみました。白黒写真ですが、母は白地に花柄の振袖を着てお
ります。母(故人)に、昔、婚礼の着物の事で聞いた話は「加賀友禅を着た」だけでした。
私自身、子供心に「なぜ母は白無垢でなく振袖で結婚したんだろう?」と、内心、疑問に
思っておりました。

そういえば知人の親御さんの婚礼の写真では、黒留袖みたいな着物に角隠しという姿も見
た記憶があります。ただ単純に戦時中の婚礼って地味だったのかしら、などと、それこそ
トンチンカンな解釈をしておりました。恥じ入るばかりでございます。

男性の着物のところで女性の着物の話を書いてしまいました。すみません。
これからも どうぞ素敵な着物ライフをお送りくださいませ。
私も、自分の夫に、着物を勧めてみようかしらなどと、密かに感じました♪
どうも、ありがとうございました!!

返信1 Res-No.1 御子息に合ったものを選ばれたらよろしいでしょう
No.1216019568.1 - 2008/7/16 (水) 03:15:04 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 58-70-31-199.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。毎度申し上げておりますが、これから申し上げること
はあくまでも私見でございますので、御参考の一つとお受け取り下さい。

 まず「男子の半襟の色に正式な物があるのかどうか?」について申し上げますと、諸説
ありますが、現在において正式と呼べるものはありません。その訳は「決められていな
い」という簡単な理由です。

 ではなぜ、黒紋付には「白襟」を用いるのか? あるいは「白」が正式と言われるのか?
と申しますと、身分制度のあった時代の名残であるといえます。
 宮中の装束、武家も正装をする場合、下着の色は全て白と定められていました。白の
下着を着用するのですから、襟だけ白と言うものではありません。半襟のみ白にすると
いうのはその慣習を真似たものです。
 また比翼に白を用いるのは、貸衣装屋さんの都合と言うだけのものですし、本来は比
翼に仕立てるものではありません。貸衣裳の傷みを防止する目的から付けるようになっ
たとも言われています。
 江戸時代において紋付袴と言う物は、あくまでも略装でしかありません。言い換えれ
ば、重ね着をするような着物では無いということです。仮に、防寒のためなどで重ね着
をするとしても、他の普段着と同じようにするだけで、特別な白の重ね着を用いること
はありません。
 つまり正装として用いたとしても、紋付には白襟でなければならない理由は本来あり
ません。

 ただ女性の場合は現在でも慣習に従って、正装の場合は黒留袖に限らず「白襟」と限
定されています。比翼を白とするのは、これも貸衣装屋さんの都合です。本来は、上着
の色や柄に合わせた物を使います。

 花子さんが疑問に思っておられる「花婿だけが白い半襟、というのは、ただの言い伝
えなのでしょうか?」と言うことについて申し上げますと、花婿専用と言うのは間違い
です。
 現在では紋付袴を正装としていますから、紋付袴=正装→正装だから昔のように下着
は白→襟だけでも白 と言うように考えた結果です。
 
 また現実的なことを申し上げますと、一般人が紋付などを着る機会と言えば、どうし
ても結婚式程度にしか着用する機会がありませんね。機会が少ないから貸衣装になる→
貸衣装屋としては汚れやすい襟を安価な物にしたい→安価な襟は白 この二つの要素
が、現在の慣習の元になっています。

 大正12年に作られた童謡「花嫁人形」の歌詞に

 金襴緞子の帯締めながら… 

という一節があるように、江戸から昭和の中頃まで、一般の婚礼で花嫁が白無垢を着る
ことは希でした。普通は吉祥文様の振袖などを用い、白無垢を着るのは大名や高禄の旗
本、高級武士での婚礼のみ。やがて時代が下がって裕福な商家でも真似られるようにな
りました。
 とは言え、現在のように全てが純白と言うものでは無く、裏や重ねに紅絹を用いた
り、縫いがありました。明治以降は、黒縮緬に裾模様が定着しました。

 全てが白一色となったのは、昭和30年代以降のことでしょうか。これに合わせて、花
婿も「白襟」「白の羽織紐」と言うのが定着したようです。つまり花子さんが御調べに
なった本の内容と言うのは、この年代以降の慣習と言えます。

 過去の投稿に対して、私も『白襟、白の羽織紐は花婿用』と言った内容を申し上げた
ことがあります。その理由は先程申し上げた内容と、慣習の定着、そして何よりも、見
た目の釣り合いとして花嫁の白無垢に相応しいと思うからです。

 さて、それでは花子さんの御子息には、どのような襟が良いのかと言うことですが、
結論を簡単に申し上げれば、タイトルでも申し上げたように、御子息に合ったものを選
ばれたらよろしいでしょう。白でなければならない規則はありませんし、白の襟だから
と言って花婿になるわけではありません。もし襟を白にして、気になるようであれば、
羽織の紐を変えればいいのです。

 半襟の色は、顔の映りを大きく変えてしまうものです。色の黒い方なら白では目立っ
てしまいます。また紺や茶では、より顔色が黒ぽくなってしまうかもしれません。こう
言う場合はグレー系統の物が良いかもしれません… 首の長い方なら… 首の短い方な
ら…と言った具合に、いろいろ合わせて御覧になったら如何でしょう?

 どうぞ良い成人式をお迎えになりますよう、お祈り申し上げます。

男帯の房 引用
No.1215668888 - 2008/7/10 (木) 15:15:13 - wakadanna (男) -住所?
*** Remote User < ofsfa-03p2-111.ppp11.odn.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

(添付1) 1215668888.1.JPG
こんにちは。
去年辺りから和服に興味を持つようになりました新参者です。
和服のいろはをこのサイトで勉強させていただいています。

さて、最近になり帯を数点購入したのですが、「米沢織」の角帯の端に綺麗な房がつい
ておりました。
このサイトの角帯の項目を見ると折り返して使うとあります。
この米沢織の帯は袋帯でなく幅広の帯を半分に折って帯に仕立ててありました。
(端をかがって袋状にはしてありません)
両端のところは半分に折った状態でまとめて結び房にしてあります。
したがって房を折り返し内側にしまうことが出来ません。
ちなみに房の端から7センチのところに色の違う糸が通してあります。
この糸は抜いてしまう物なのでしょうか?
このような帯の場合どのようにすればいいのでしょうか?
皆様のお知恵を拝借できれば幸いです。

よろしくお願いいたします。



返信2 Res-No.2 ありがとうございます。
No.1215668888.2 - 2008/7/14 (月) 12:16:56 - wakadanna (男) -住所?
*** Remote User < ofsfa-04p6-18.ppp11.odn.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

こんにちは、朝路様。

ご解答恐れ入ります。
「仕立て上」という触れ込みの商品だったので購入したんですが、未仕立ての品物だっ
たんですね。
先ほど和裁師さんの元へ帯を持っていきました。
やはり房を切り落として折り返しかがって仕立てるとのことでした。
出来上がった帯を締めるのが楽しみでなりません。

ありがとうございました。

返信1 Res-No.1 画像を拝見する限りですが
No.1215668888.1 - 2008/7/14 (月) 01:44:29 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 60-56-110-240.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。

 残念ながら、私は米沢の帯を持っておりませんので、掲載されてある画像を拝見して
思いつくままを申し上げます。よって諸兄のお答もあると存じますので、あくまでも参
考の一つとお受け取り下さい。

 まず角帯に房がある場合、房の根元に結び目が有るものと無い物があります。おそら
く一般的には、wakadannaさんが掲載なさっている画像のように、房の根元に結び目があ
る物が殆どだと存じます。これは未仕立てであるという印とお考えになればよいでしょ
う。例え帯の端が綴じてあり、袋状に縫い合わせてある状態であっても、房がある場合
は完全に仕立て上がっていない状態=新品と言う証です。
 また一般用としてはあまり見かけませんが、房の根元に結び目が無い場合、あるいは
有ってもごく小さい結び目で目立たず、房の長さも手の幅を超すような物は、帯の装飾
であると考えます。子供用の帯や歌舞伎の衣装などで見掛けたりします。

 画像を拝見いたしますと、矢張り未仕立ての帯かと存じます。また、帯の材質も柔ら
かい質感の物ではないでしょうか?
 こう言う帯を仕立てる場合、端を縢った後、房の部分を布の端から切り落とし、内側
に折り込んで縫い付けてしまうものです。色の違う糸は、その為の解れ止めであると存
じます。

 よって結論としては、仕立てに出してお使いになるべき物だと存じます。ただこれは
角帯として、貝の口などの何かしら形を作って結ぶ場合ですね。

 拝見する限りでは柔かそうな質感ですから、砕けた感じになりますが、お洒落着とし
て兵児帯のように結んでみられるのも面白いかもしれません。この場合は房も切らず、
そのままでもよろしいのではないでしょうか。

 以上、思いつくままに申し上げました。

麻の単の着物 引用
No.1215215016 - 2008/7/5 (土) 09:02:30 - K (男) -愛知県
*** Remote User < carina.aitai.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

はじめまして、こんにちは
申し訳ありませんが質問を

今まで着物は着た事がないんですが、夏用に普段着の所に書いてあるような
麻の単の着物を買おうかと思っているんですが、単の着物と浴衣は同じものなのでしょ
うか?
また、動きやすい方がいいので、その着物に武道用の袴を着ようかと考えているのです
がおかしいでしょうか?
ちなみに袴は剣道用を考えていますが、もっと適した袴があれば教えてください

質問が多くなってしまい、すいません
回答をいただければありがたいです。おねがいします

返信2 Res-No.2 ありがとうございました
No.1215215016.2 - 2008/7/5 (土) 21:00:31 - K (男) -愛知県
*** Remote User < carina.aitai.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

お答えいただきありがとうございます。
助かりました。

場所に気をつけて着たいと思います。
本当にありがとうございました。

返信1 Res-No.1 着物と浴衣
No.1215215016.1 - 2008/7/5 (土) 15:20:07 - 優妃讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 39.net059086090.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0) >

こんにちわ
素材がなんであれ、着物と浴衣は違います。
木綿でも麻でも「着物」と「浴衣」があります。
傍目から見た場合には、「襦袢を着ているか着ていないか」の違いです。
仕立てにも差異があります。背縫いを中心とした端の始末などに差があり、着物で仕立てる方が
高額です。

夏場は麻の着物でも、結構、準礼装的に用いることができます。
が、武道袴を用いる場合は、あくまで普段着格です。
ご自宅や、ご近所の範囲であれば、武道袴で問題ありません。
裾さばきに気を使う必要がありませんので、袴姿は快適です。
逆に、「結婚式に参列する」とか「同窓会で、他は背広を着てくる」といった場合には武道袴は
相応しくありません。

ご参考に。

はじめまして 引用
No.1215181524 - 2008/7/4 (金) 23:31:09 - ユウタ (男) -徳島県
*** Remote User < eac1abq014.osk.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

はじめまして。突然なんですが、少し質問させてください。
この度、紋付袴を正式な会場で、多くの上司の前で着る事になりました。着物や着付け
は全て、上司の奥様が用意してくださるとの事なので、安心なのですが………所作
が………

舞台を約15メートル位、袖からマイクの所まで歩かなくてはなりません。ネットで
色々調べたら『床をスル様にあるく』とか『手はグーにして歩く・袴の横の割れている
部分(?)に手を入れて、ズボンでいえばポケットに手を入れている様に歩く』など、
色々と書いてありました……正直、失敗できない場なので、正式な所作を教えてくださ
いm(__)m  あと、喋る前にお辞儀をするのですが、手はモモでしょうか?袴の横か
ら、中に入れるのでしょうか??

質問ばかりでスミマセンm(__)m

返信1 Res-No.1 正式かどうかは分かりませんが…
No.1215181524.1 - 2008/7/5 (土) 06:52:59 - 墨黒 (男) -住所?
*** Remote User < kd125054057156.ppp-bb.dion.ne.jp - Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_4; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1 >

おはようございます。
正式かどうかはその場によって違うので一概には言えませんが、私の経験をお話します。
お茶とお能を習っていますが、それぞれ所作が違います。
お茶の場合、歩くときに手は足の付け根あたりに、指をそろえておきます。
流儀によっても違いますが、私の場合(表千家)一畳を6歩で歩くように言われています。
(かなり「ちょこまか」しています)
お能の場合、歩くときには扇を持っていますので、右手で扇の根本を、左手で扇の先端を支えます。

お話からすると、舞台の袖から中央まで歩くということですが、草履を履かれますよね。
お茶もお能も、基本的に草履は履かないので、うまく説明できませんが、
ただどちらも「すり足」です。特にお能は足の裏を見せないようにべったりとすります。
草履を履く場合、すり足は無理でしょうが、ステージの上ですから、
ぱたぱた音がしないように気をつけられたらいかがでしょうか。

要はお客様が不快な思いをしないような所作であればよいのではないでしょうか。
一つ注意!袴の裾を踏まないように気をつけてください。慣れない人はよく転びます。(汗)






夏物の半襦袢について 引用
No.1213247040 - 2008/6/12 (木) 14:15:05 - ヤマクニ (男) -大分県
*** Remote User < p2108-ipad205yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

教えてください。
紺色の絽の長着(ポリエステル)に半襦袢(衿・袖が絽の紺色)を
あわせようと思ったのですが、
半襦袢の“身頃の白”と“袖の紺”の
色の違いが、透けて見えてしまいます。
袖が白色のものを着た方がいいのでしょうか?

ネットで見ると衿と袖の色は同色になっているもの
ばかりです。夏物の場合は身頃と袖の色の違いが
透けて見えるのが普通なのでしょうか?

返信3 Res-No.3 納得しました
No.1213247040.3 - 2008/6/23 (月) 09:01:43 - ヤマクニ (男) -大分県
*** Remote User < p1105-ipad205yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

ぎんたさん、朝路真行さんお答えいただきありがとうございます。
やっぱり透けて見えるとおかしそうですね。
“うそつき”は嘘をつかなきゃいけないというのは面白く、そのとおりだと
思いました。周りから見て涼しく感じられるように工夫してみます。

モヤモヤしていたのがすっきりしました。本当にありがとうございました。

返信2 Res-No.2 半襦袢の下には何をお召しですか?
No.1213247040.2 - 2008/6/20 (金) 22:05:20 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 121-83-56-83.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。毎度申し上げておりますが、これから申し上げること
はあくまでも私見でございますので、御参考の一つとお受け取り下さい。

 ぎんたさんがお書きになっておられるように、色が違う襦袢が透けても問題ではあり
ません。紺の下に白でも構いませんし、柄があっても構いません。ただしこれは、長襦
袢の場合です。

 ヤマクニさんは半襦袢についてお聞きになっておられますが、半襦袢の下は何をお召
しになりますか? ステテコでしょうか?それとも夏用の裾除けでしょうか?

 御投稿の内容から考えますと、ヤマクニさんが問題とされている半襦袢は、俗に言う
「うそつき」と言う半襦袢かと存じます。
 元々、うそつき半襦袢は、着物や八掛けの余り布などを袖に用いて作るものです。そ
うしてさも襦袢全体が、袖口から覗くその生地で作られているように見せ、その名の通
り嘘をつくのですから、透けてしまっては意味がありませんし、また見せるものではあ
りません。

 これは袷の時期でも同じで、うそつき半襦袢はあくまでもお洒落着、普段着であり、
礼装には用いません。

 ヤマクニさんが仰るように、確かにネット販売でよく見かけますが、絽や紗と言っ
た、透けてよく見えるものに関しては、こう言ったうそつき半襦袢は不向きと言えま
す。紅梅やしじら、楊柳などの透けにくい材質の着物に、あるいは夏物では無い単衣の
着物の時期にお使いになられてはいかがでしょう。また袴をお召しの時には、半襦袢の
方が涼しいですね。

 うそつき半襦袢をお召しになるのであれば、やはり普段着で、また着方や場合によっ
ては家の敷地内で…といった制約があると存じます。
 
 しかし、お手元にある物を活用するとすれば、襦袢の下は身頃と同色の裾除けをお勧
めします。さらに、ヤマクニさんがお考えのように、袖も身頃と同色であれば、長襦袢
のように見えるかもしれません。これであれば、透けたとしてもあまり気になることは
ないと存じます。ちょっとした近所への買い物程度でもお使いになれるでしょう。

 ただ今申し上げた方法を、是非にとはお勧めできません。その理由は、透けて見える
内容が、余りスッキリとしたものにならないからです。表着の透け具合によっては、胴
のあたりに何本かの筋(半襦袢の端や裾除けの紐)が見えるかもしれません。

 同じ理由になりますが、さらにお勧め出来ないのはステテコです。前は身頃が重なっ
ていますから、さほど気になりませんが、後ろからは御世辞にもいい景色とは言えませ
ん。

 夏の着物は、着ている本人の感覚よりも、見た目の涼しさが重要です。色々とお試し
になってみて、涼しさの演出方法を発見なさるのも楽しみの一つではないでしょうか。
 

返信1 Res-No.1 解決済みかもしれませんが
No.1213247040.1 - 2008/6/19 (木) 15:53:34 - ぎんた (男) -住所?
*** Remote User < i222-151-11-203.s02.a014.ap.plala.or.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

 最終的には個人の好みの問題でしょうが、絽の長着には、白の襦袢の方が涼しげに見
えると思います。半衿も当然、絽の白衿、袖もまた絽の白が良いのではないでしょう
か。羽織の色とも関係するかもしれませんが、要はお好み次第だと思います。

はじめまして、宜しくお願いいたします。 引用
No.1212726579 - 2008/6/6 (金) 13:38:02 - 邀月 (男) -東京都
*** Remote User < p2008-ipbf614marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.1) >

(添付1) 1212726579.1.jpg
盛夏に行なわれる、後輩の披露宴に招かれました。手持ちの中から着て行きたいと思いま
して、御教示を賜りたくお願いいたします。
腹案として、写真にある仕立て下ろしの夏大島(濃紺)がありますので絽の羽織(黒、一
つ紋)と袴を組み合わせは如何かと考えております。あるいは無地羅のお対(濃緑、紋な
し)に上記の羽織袴を合わせる方法もあろうかと思います。
ドレスコードはあまり気にせずとも良い雰囲気(本人談)だそうですから、羅のお対に絽
袴でも大丈夫かもしれませんが..盛夏に着られそうな絹物はこの二枚だけで、あとは麻
物になります。
ひとつ下にある、秋水さんの御質問と重複する部分もあり恐縮ですが、アドバイスをお待
ちいたしております。

返信4 Res-No.4 お役にたてれば何よりです。
No.1212726579.4 - 2008/6/20 (金) 04:05:14 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 219-122-235-162.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 御丁寧なる御返信、真に恐れ入ります。

 邀月さんに「ドレスコード」云々を申し上げましたのは、釈迦に説法のようで心苦し
い限りですが、他に御覧になる方もおありかと、ついつい長々しく余計なことを毎回書
き連ねております。どうぞ御容赦ください。

返信3 Res-No.3 どちらが相応しいかと申しますと
No.1212726579.3 - 2008/6/8 (日) 21:29:45 - 邀月 (男) -東京都
*** Remote User < eatcf-46p195.ppp15.odn.ne.jp - Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.1.14) Gecko/20080404 Firefox/2.0.0.14 >

朝路さん、早速の御指南を有難うございました。

御指摘のとおり、私が優先順位をどう考えているかを明示しておくべきでしたね。あまり
詳細に述べても鬱陶しいだけかと思い、簡素に書こうとして失敗してしまいました。
まずはその点において、御教示に感謝いたします。

さて朝路さんも仰るとおり、手持ちの中では羅のお対に絽袴が最も準礼装らしい組み合わ
せと思います。盛夏でなければ選択肢は拡がるのですが、今回はこれで行くことにしまし
た。また、この機会にこの羽織へ縫い紋をひとつ入れても良いかとも考えております。
夏大島の件をお尋ねしたのは、結婚する当人の「ドレスコード云々」という話から、あま
り堅苦しくないほうが良いのかと感じまして(彼は過去の例からも私が着物かディレク
ターズスーツで行くことを予想していると思い)、ならば敢えて大島では如何なものか
と、先賢諸兄の御判断をお聞かせいただきたかったからです。こちらに関しても明快なお
答えを賜り、嬉しく思います。

狭義のドレスコードの件については僭越ながら私も存じておりまして、さすがに洋装の夜
の第一礼装たる燕尾服(=ホワイトタイ)は持って居りませんが、黒羽二重の五つ紋も
モーニングやタキシードも時と場合に応じて使い分けております。ちなみに「ブラックタ
イで」という招待状でしたら頂戴することもございます。
しかしながら、広義での「ドレスコード」となると発言者の意向(あるいは素養)に左右
される部分が大きいため、却ってあれこれ思案してしまって面倒なわけです。朝路さんが
書いてくださったように服装を指定される集まりのほうが、よほど気が楽(←支度に関し
ては)ですね。

ともあれ、今回は夏大島は止めておこうと判断いたしました。折角なので新しい着物
を..などと考えたのが甘かったのでしょうね。
着物をよく識る方が御親族の中にいらっしゃらないとも限りませんし、まずは失礼にあた
らないことが第一義だという大切なことを見失っていたようにも思います。

朝路さんにおかれましては、麻の件も含め幅広い御見識に敬服いたしております。またの
機会にも是非宜しくお願い申し上げます。
御礼を申し上げるつもりが長文になってしまいました、お赦しください。

返信1 Res-No.1 御自身はどちらが相応しいとお考えですか?
No.1212726579.1 - 2008/6/8 (日) 18:06:03 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 58-70-30-204.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

 初めまして 朝路と申します。

 秋水さんに申し上げました内容を読み返しますと、誤解を生ずるような箇所がござい
ましたので、補足の意味を含めて以下を申し上げます。また、毎度申し上げております
が、あくまでも私見でございますので、御参考の一つとお受け取り下さい。

 まず、邀月さんの御投稿にもある「ドレスコード」と言う言葉について申し上げま
す。昨今はちょっとしたファッション雑誌でも、また和装の教本でも目にする言葉で
す。
 `80年代に流行した大型ディスコなどで、ドレスコードが適用されることが話題となり
ニュースにもなりました。そのせいか、ことさらフォーマルを要求されるような場所で
のドレスコードについて、現実的なことは別として、最近は煩くなったような気がしま
す。

 本来「ドレスコード」とは、高級レストランやホテル、サロンやクラブなどで、場の
雰囲気を壊さないように配慮すべき服装の規範を示したものです。「code」を「法典・
規定・慣例・おきて」と和訳することから、服装の内容まで指定や規定したものと考え
がちですが、そうではありません。
 西欧の「ドレスコード」は普段着=カジュアルと礼装=インフォーマル以上の境界を
示すものです。別の言い方をしますと、「ネクタイ着用かノーネクタイか」と言った最
低ラインを示しているだけのものです。
 前回、秋水さんに申し上げた「勲章等着用規程」が、服装の内容まで指定し、さらに
厳守すべき拘束力のあるものに対して、本来の「ドレスコード」は配慮の域を出ないと
いう大きな違いがあります。
 
 例えば、あるパーティーの招待状に「ブラックタイ」と言う指定があれば、タキシー
ド以外では出席できません。例え正式な礼装である燕尾服を着て行ったとしても、指定
以外の服装ですから出席できません。これが「服装の規定」と言うものです。
 逆に、招待状に「フォーマル」と言う指定があれば、インフォーマル以上の服装、つ
まりタキシードでも燕尾服でも、ダークスーツに、もちろん紋付羽織袴もその範囲に当
てはまります。これが「ドレスコード」と言うものです。

 しかし、現実問題として「ブラックタイ」だの「ホワイトタイ」など、あるいは「フ
ォーマル」などと指定のある招待状を受け取った方はどの位いらっしゃるでしょう?
 残念ながら私は、せいぜい「平服で…」と言った指定の招待状しかもらったことがあ
りません。
 ある褒章を受章された方から、授与式の案内状を見せて頂いたことがありましたが、
それにはしっかりと当日の服装について詳細が書かれていました。

 つまり、儀式や行事、パーティーと言った催事では、主催者から服装を指定された場
合、当然ですがその指定どおりに着用しなければ意味がありません。ところが、先程申
し上げたように、現実的にそのような指定がある場合はほとんどありませんね。

 冠婚葬祭の場合、様々な慣例や習慣もあるでしょうが、通常はインフォーマル以上が
最低ラインになります。これが配慮としての「ドレスコード」ということになります
ね。
 「黒五つ紋付、羽織、袴」は確かに正式な服装ですが、指定もされていないのに着て
行く意味がありません。指定がなければ、例え五つ紋であったとしても、ドレスコード
から考えれば一つ紋の場合と変わりないのです。

 前回、秋水さんにも申しあげましたが、「黒五つ紋付が正式だから…」と言う意味よ
りも、お祝いの席に相応しい物を選んだという方が意味があるのではないでしょうか?

 さて、前置きが長くなり大変申し訳ありません。

 邀月さんの御質問に対して、以下を申し上げます。

 画像にある大島とお書きになられている一式でよろしいのではないでしょうか。以
前、他の投稿でも申し上げましたが、コンビよりもアンサンブルの方が礼装としては上
位になりますので、文面上のみで申し上げるのであれば、羅のお対を先にお勧めしたい
と存じます。 
 盛夏の頃とありますから、御自身で鏡の前に立って見られて決められては如何でしょ
う? 私としては、どちらの案でも結構かと存じます。

 最後に麻について申し上げます。 

 麻は関西では礼装に使いますが、関東ではお洒落着の扱いになることが多いようで
す。また以前に、確か優妃讃良さんがお書きになっていらっしゃいましたが、麻は温度
の高い方から低い方へ空気を流す性質があるので、昨今の猛暑日のような高温になりま
すと、麻は不向きかも知れません。

 以上、長々と申し上げました。どうぞ御了承下さい。

結婚式に着ていく着物について 引用
No.1211389306 - 2008/5/22 (木) 02:37:39 - 秋水 (男) -岐阜県
*** Remote User < earth.aitai.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Lunascape 4.6.5) >

はじめまして秋水と申します。
実はこのたび会社の同僚(お互い中途採用で彼の方が一週間早く入社し、同日に正社員
になりました。)の結婚式に出席することになったのですが、どの様な着物を着ていけ
ばよろしいでしょうか。悩んでおります
会社には入社してから半年程度でして、研修などもあり仲良くしている間柄なのです
が、年齢的にも彼の方が一回り上です。
知り合ったのは会社に入ってからです。
さすがに五つ紋の紋付き袴だと私が当事者のようになってしまうので、黒の絽の一つ紋
の羽織に袴を合わせるのが無難かな?と思っております。
6月末の式でもありますからこの機会に薄物の略装を整えるのも良いかなと思っていま
す。
皆様のご意見をお聞かせください。

返信6 Res-No.6 皆様ありがとうございます。
No.1211389306.6 - 2008/5/25 (日) 12:31:43 - 秋水 (男) -岐阜県
*** Remote User < earth.aitai.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Lunascape 4.6.5) >

お祭り好きの電気屋様
朝路様
丁寧な返信ありがとうございます。

お二人のご意見とても得心がいきました。ありがとうございます。
実はこの件で先日呉服屋にも相談しに行ってみたのですが、今の時代黒に黒では暗すぎ
て重苦しいから手持ちの白にしなさいといわれました。夏のことだし涼しげで良いじゃ
ないかとも。
確かに。と得心がいった次第です。
袴も黒系の濃い色なので、色合い的にも悪くないですね^^;

羽織を一つ紋の黒で仕立てても良いのですが、白の絽の羽織がありますので背紋を刺繍
で入れるか、いっそのこと紋も無くてもかまわないような気もしてきました。

でも一つ紋の羽織があると何かと便利そうですね。五つ紋より使いやすそうです。

実は小生は普段から着物なので洋装、特に洋装の礼装は着慣れないのでそちらの方が粗
相しそうです。ネクタイのことなども知りませんでしたし^^;

長々と失礼致しました。
またちょこちょこ顔を出しますのでよろしくお願い致します。

返信5 Res-No.5
No.1211389306.5 - 2008/5/25 (日) 12:36:57 - 朝路真行 (男) -兵庫県
*** Remote User < 218-251-46-122.eonet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506) >

初めまして 朝路と申します。

 毎度申し添えますが、これから申し上げることは私見でございますので、あくまでも
参考の一つとお受け取り下さい。

 秋水さんを悩ませるような「結婚式に黒は親族、本人、仲人の領分という意見」と言
った内容を、私は過去に書いた記憶がございますので、自惚れが過ぎるようですが、以
下を申し上げます。

 まず「黒五つ紋付」を一般参列者にお勧めしない理由は色々あるのですが、一番判り
やすいと思われる理由に挙げられるのが「着ていく理由がない」と言うことでしょう。
 「男性の正式な礼装は黒五つ紋付」と言った内容を載せている和装の教本は多いと存
じます。確かに着用についての規定があるのですから、正装と呼べるものです。ただ正
装であるから正式であり、どのような場面に於いても通用する物だとは言えません。

 過去の投稿でも申しましたが、「黒五つ紋付」は明治期の服装令では大礼服などの代
用品であり、現行の「勲章等着用規程」においても、フロックコートやモーニングコー
トの代用品でしかありません。その証拠に、和服には勲一等の副章以下しか着用するこ
とができません。
 御参考までに勲章等着用規程の抜粋を申し上げますと

勲章等着用規程(昭和39年総理府告示16号)

 (総則)
第一条 勲章、褒章及び記章(以下「勲章等」という。)の着用については、別に定める
場合を除き、この規程の定めるところによる。

 (勲章等を着用する場合)
第二条 国、地方公共団体その他の公の機関の行なう式典には、勲章等を着用するを例
とする。

 (勲章等を着用する場合の服装)
第三条 勲章等は、燕尾服若しくはローブデコルテ若しくはローブモンタント又はこれ
らに相当する制服に着用するものとする。ただし、一等勲章以上の勲章の副章、二等勲
章以下の勲章若しくは文化勲章、褒章又は記章を着用する場合には、男子にあつては紋
付羽織袴若しくはフロツクコート若しくはモーニングコート又はこれらに相当する制服
に、女子にあつては白襟紋付又はこれらに相当する制服に着用し、四等以下の勲章、褒
章又は記章を着用する場合には平服に着用することができる。

 つまり以上が、黒五つ紋付が正式に認められている場所と場合であるということで
す。

 例えばの話で大変恐縮ですが、Aと言う人物が勲一等の何らかの勲章を所持していて、
他国の公式な祝典に招待されて参列する場合があったとしましょう。こう言った式典に
参列する場合は、自分の所持する最高位勲章を着用するのが礼儀です。そうなるとAは勲
一等の勲章を着用しなければなりませんから、和服では参列できないということになり
ます。
 どうしてそのようになるかと申しますと、日本の勲章制度では、勲二等の勲章に勲一
等の勲章の副章のみを当てているため、勲一等の副章のみでは、勲一等なのか勲二等な
のか判別できないからです。
 海外では、民俗服に所持している最高位勲章を着用することで大礼服=最高位の礼装
と位置づけているのですが、残念ながら日本では現行法で認められていません。

 黒五つ紋付を正式とする他の根拠には、例えば噺家や歌舞伎役者などの服装を挙げる
人もいます。しかし彼らにとって紋付は仕事着ですから、一般人とは違います。判りや
すく言えば、漫才師がタキシードで高座を勤めるのと同じ、ホテルのドアマンが燕尾服
を着ているのと同じ、コスチューム=衣装であるからです。
 
 明治から昭和の中頃まで、洋服は大変高価なものでした。普段勲章に関わりのない一
般人であっても、例えば入学式や卒業式と言った式典に参列する場合、正式にはモーニ
ングコートやフロックコートを着用しなければならなかったのですが、それらが高価な
ために黒紋付を代用品として多用しました。
 新郎や仲人さん、親族が黒五つ紋付を着用するようになったのも、黒五つ紋付が正式
だから着ているのではなく、モーニングなどの代わりに着始めたのです。

 このような慣習と貸衣装屋の都合が重なり、現在の「黒の五つ紋はオールマイティ」
と言った黒五つ紋付信仰のような物を作り出してしまったのかもしれません。
 
 さて、結婚披露宴に話を戻して考えてみますと、他の参列者が略礼服と呼ばれる全く
正式でも何でもない服装で参列するのに対して、正装である黒五つ紋付を着ていく必要
があるのか?と言うことになります。
 一昔前、一般の参列者でもモーニングコートが当たり前だった時代であれば、黒紋付
で当然であったと存じます。代用品なのですからね。

 しかし現在ではどうでしょうか?
 
 「他の人が正式じゃないから、自分も正式じゃなくていい」ということではありませ
ん。私が「着ていく理由がない」と申し上げたのは、内に理屈を滔々と並べて黒紋付を
着ていくよりも、お祝いに華を添えるような装いの方が相応しいと考えるからです。
 先程申し上げた規程には色の指定がないように、そして紋が一つでもあればそれは普
段着ではない証拠なのですから、黒以外の色であっても、また五つ紋でなければならな
い理由も無いのです。

 理屈はこれまでに散々申し上げましたが、「正式な…」と言う無意味な理屈よりも、
むしろ「お祭好きの電気屋」さんが仰るように、「相手を心から祝う気持ち」が第一で
は無いでしょうか。
 
 前置きが随分と長くなりましたが、今回の場合、秋水が御投稿になっておられる内容
から申し上げますと、白の単衣に単衣の一つ紋羽織、袴で結構かと存じます。白の単衣
に紋が無いことを気にしておられるようですが、披露宴のような場合、羽織は脱ぐもの
ではありませんから、紋が無くとも差し支えはありません。
 既に立夏を過ぎておりますし、六月の末であれば、紗でなければ絽でも差支えないで
しょう。

 最後に老婆心ながら申し上げます。

 もしまだ出欠のお返事を出されていないようでしたら、書状の端にでも「当日は和服
で参列します」と言った意を書かれてはどうでしょう? 何か差支えがあれば、先方から
御連絡もあるでしょう。
 いくら御心やすい間柄であっても、自身の当日の服装について、当事者にお聞きにな
ることは、最後の手段として遠慮されるべきかと存じます。
 仮に親族の方々と歩調を合わせたいとお考えになったところで、秋水さんが直接お聞
きになれないのですから、新郎を介してということになりますね。さらにそれは新婦の
側にも言えることですし、新郎新婦を祝う前に一手間掻かせるのは如何なものかと存じ
ます。
 参列者は親族との兼ね合いを、然程気になさることはありません。むしろ親族が参列
者に対して配慮するものです。昨今は単衣や袷、薄物の区別をしなくなりましたが、そ
れは貸衣装屋の都合であり、怠慢です。新郎新婦にとっては、一生に一度の決意で臨む
お祝いの席なのですから、其々の手持ちに相応しい物が無ければ着ない、あるいは他の
方法を選択するのが礼儀です。
 
 秋水さんは単衣の物も薄物もお持ちなのですから気にされることはありません。黒で
あっても一つ紋であれば十分です。

 また、スーツに白のネクタイはお控えになった方がよろしいですよ。白のネクタイは
ギャングのするものです。慶事用のネクタイは、白と黒のストライプが正式です。お手
持ちになければ、明るいお祝いに相応しい物を選ばれては如何でしょう?

 装いは、その人の気持ちと人格を最もうまく表現する物だということをお忘れなく。

 大変長々と申し上げました。どうぞ御容赦ください。

返信4 Res-No.4 たしかに悩むと難しいのですが・・・。
No.1211389306.4 - 2008/5/24 (土) 17:04:03 - お祭好きの電気屋 (男) -神奈川県
*** Remote User < softbank219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) >

 こんにちは、お祭好きの電気屋です。

 たしかに冠婚葬祭の着物というのはある意味「永遠のテーマ」と言えるほど
難しい問題ですね。 いくら着物がブームになってきているとはいえ、
まして男で着物を着る人は圧倒的少数ですから「浮くのでは?」とビビッテ仕舞うと
どうしようもなくなってしまうのも事実です。

 私はこのHPにたどり着く前、仕事仲間の結婚式に招待されたときに無謀にも(?)
ウールのアンサンブルで出席したことがあります。
今思えばある意味「チャレンジャー」ですね。無知とは恐ろしい物です。
しかし、出席者各位からは後ろ指指されるところがむしろ好評でした。
出席者の多くが私を含めて若い人ばかりで着物知識が限りなく低かったというのも
あったと思います。 しかし、過剰に気にするほど着物のしきたりに
五月蠅くないというのもまたあるという事例の一つだと思います。

 突き詰めるところ、「着物の自分に自信を持つ」と言うことと「相手を心から祝う気持ち」
が重要であると言うところに行き着くと思います。

 んじゃ、今回はどうしようか? と言う本題に戻りますが、
無難なのは手持ちの中で上品な長着+袴、これに1つ紋の羽織ですね。
紋の有無はともかく公式な場では袴と羽織は必須です。
逆に(勿論程度はありますが、、、)袴と羽織がプラスされれば一応公式着になるとも
言えます。 何かと便利ですから、黒羽織と落ち着いた袴は一つ持ち合わせることを
お勧めします。

 なお、洋服ならやはりブラックスーツ(礼服)が基本ですが、普通のスーツでも
失礼にはならないと思います。 普段着ない人はネクタイがだらしなくならないよう
には気をつけましょう。


 すみません、私の経験則なのでご指摘有れば補足願います。

返信3 Res-No.3
No.1211389306.3 - 2008/5/23 (金) 04:18:19 - 秋水 (男) -岐阜県
*** Remote User < earth.aitai.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Lunascape 4.6.5) >

吾唯様
返信ありがとうございます。

とりあえず彼に親族の方と彼の着るものを尋ねるのがよろしいようですね。
過去の記事を拝見させて戴いたのですが、結婚式に黒は親族、本人、仲人の領分という
意見と黒紋付きでいいという意見がありまして余計に頭を抱えております。
手元に白の単衣の長着はあるにはあります。透けるような薄物ではありますが絽や紗な
どのように透かしはありません。地紋はありますし紋が入っていないのですが・・・
羽織は白で合わせると絽になってしまいますが^^;
黒の白抜き五つ紋の袷の長着と羽織も手元にございます。

幸い黒羽二重の生地が一反と黒絽の生地が二反ありますので、親族の方が袷で出席なさ
るようでしたら、黒羽二重の反物を一つ紋か三つ紋でで単衣の羽織に仕立てて袷の長着
の上に羽織るがいいかもしれませんね。羽織で長着の袖は隠れますし。
黒でよろしいのかが疑問ですが・・・
黒が駄目なようでしたら先の白長着の上に一つ紋の単衣の黒羽織を羽織るのもよさそう
ですね。

蛇足ではございますが、案内状には平服でとは書いておりませんでした。

どのような席なのかということと、親族の方々が着物に理解があるのか、そこで自分は
どのような立場なのか等を一度尋てみるべきですね。
その上で不適と思いましたら無難に洋装と致します。この場合はスーツに白ネクタイで
いいのでしょうか?

返信2 Res-No.2
No.1211389306.2 - 2008/5/22 (木) 19:53:02 - 吾唯足知 (男) -大阪府
*** Remote User < west50-p59.eaccess.hi-ho.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705) >

他の場面でしたら3日ぐらい早めなのはまったく気にせずにお勧めするところですが、
結婚式だけは周りとの兼ね合いから絽をお勧めしません。
親族の留袖は、夏でも袷の事が多く、そこに絽を着ていくのは目立ちます。
ですので、親族の方とあわせても違和感のない単衣か、洋装をお勧めします。
また、紋の数ですが本来の意義から行けば五つ紋でもおかしくない場面でも
男性の和装は女性よりさらに目立つところから、三つ紋か一つ紋でいかがでしょうか?

全498件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ]


最大500件保持 | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.21