アクセスカウンタ

「男のきもの大全」掲示板へようこそ。ご利用上の注意事項をご一読の上、楽しくご利用下さい。

過去に設置していた掲示板の内容は、以下のリンクから参照のみ可能です。
1998〜1999年まで設置の掲示板はこちら、2000〜2002年までの掲示板はこちら




全 498 件 [ 123456789101112131415161719202122232425 ] [最新の状態] [ホームページへ]






ページ 18 (341〜360)
長合羽 引用
No.1107091418 - 2005/1/30 (日) 22:33:57 - 貉 (男) -神奈川県
*** Remote User < yahoobb219035226036.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

(添付1) 1107091418.1.JPG
皆さん、こんばんわ。
以前質問コーナーでロング道行の質問をさせていただいた貉です。

結局美●古企画さんで仕立ててもらいました。

いろいろと調べてみると、長合羽と言うようですね。
今の女性用の道行の原型みたいです。

男性用のコートと言えば角袖かとんびしか見かけませんが、
こんなコートもなかなかいいと思うのですが、いかがでしょうか。

返信2 Res-No.2 できましたか
No.1107091418.2 - 2005/2/5 (土) 18:53:52 - masked_man (男) -京都府
*** Remote User < yahoobb219029004043.bbtec.net - Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; U; PPC) >

袖合羽(長合羽)と丸合羽
画像のものに対して袖のない洋風でいうマント、引回しの丸合羽があります。

厳密には襟の種類は被布衿と道行衿の違いのようですが、結び玉を引っかけて止めたり、
紐を結んだりで趣(おもむき)があって良いと思います。


返信1 Res-No.1
No.1107091418.1 - 2005/2/3 (木) 19:06:44 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

易者さんのイメージのある道行とは
衿の形が少し違って面白いですね

初めまして!hiroです。(−_−) 引用
No.1107048943 - 2005/1/30 (日) 11:22:39 - hiro (男) -大阪府- <hiroburai@m8.dion.ne.jp>
*** Remote User < zp170128.ppp.dion.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

去年の夏に生まれて初めて浴衣を着ました!(自分で買って!)それいらい着物にはま
りました!
今年やっと馬乗り袴セット!?ひととうり注文しました!(まだ手元に届いていません
けど(^−^)v)着物ってホント良いですネ!帯のいゅい方袴のつけ方!覚えなくて
はならない事イッパイ!!高い着物安い着物色々ありますけど!着物が普段着って言え
るようになりたえです。先輩方々着物ライフで工夫があるまば(こう言う鞄が着物に合
うとかブーツもいけるぞ!とか!)ご指導くださればこれ幸い!
by、hiro
ps,着物が届くのが楽しみです(^−^)

返信1 Res-No.1
No.1107048943.1 - 2005/2/3 (木) 19:02:58 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

hiroさん、はじめまして(^^)
おめでとうございます
これから色々なスタイルで着物が楽しめそうですね
もうそろそろ着物が届きましたか?

裾除けって 引用
No.1107007203 - 2005/1/29 (土) 23:03:12 - いっとく (男) -住所? - <メール送信>
*** Remote User < yahoobb219202072228.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

皆さん半襦袢着るときって裾除け着てます?

返信3 Res-No.3 裾除けの要、不要
No.1107007203.3 - 2005/2/5 (土) 18:54:29 - masked_man (男) -京都府
*** Remote User < yahoobb219029004043.bbtec.net - Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; U; PPC) >

FAQの投稿コーナーで襦袢を省略したいの質問がありますが、裾除けについても同様で
汚れについて考えると使うほうがいいと思っています。肌に触れる面は結構垢や汗がつ
きますので、長着の汚れを軽減し、洗濯回数を減らすためには使ったほうがいいと思い
ます。

といっても(何かの本で読みましたが)男性の場合、裾除けを省略する、もしくはステ
テコ(ズボン下)で代用してしまうことが多いとありました。

衲個人はもちろん裾除けです。ケンちゃんさんの記述にあるとおり、盛夏の薄手の長着
では透けますし、冬場はネル製を使うと暖かいです。よって年中使っています。

ステテコを使わないのは、おはしょり(一般にはしませんが)をすると股が上がってし
まい着装感が悪いからです。
やはり和服には裾除け+褌になってしまうのですが.....

返信2 Res-No.2 私の場合は、その時々です
No.1107007203.2 - 2005/2/3 (木) 18:57:43 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

いっとくさんこんにちは

その時々ですが
盛夏の着物など透ける着物で半襦袢をつける時には必ず裾よけをつけますし
袴を履くときは使いません

他は、その時の気分しだいですが
裾よけをあわせることもありますし
股引などと組み合わせることもあります
もちろん長襦袢も着ることがありますし
肌襦袢+裾よけの上に長襦袢もあります



返信1 Res-No.1
No.1107007203.1 - 2005/1/31 (月) 19:20:16 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

私は着けてません。
そもそも持っていません。(^_^)

ステテコで済ませています。

私の場合、もし、裾よけが必要となれば、襦袢を着てしまいますので。

では、ごめんなさい。

神田結び 引用
No.1106911718 - 2005/1/28 (金) 21:08:54 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

貝の口が結べてよかったですね。>げんさん

ふと、思ったのですが、皆さん、柔道を中学校の体育で習いませんでしたか。
もし、習った方は、帯の結び方も習ったと思いますが。

帯の回し方は、柔道着と着物では違いますが、柔道着の帯の結び方を
覚えてらっしゃる方はあの結び方で着物が着られるはずです。
神田結びがそれです。手、垂れとも半分に折り、あとは柔道着での帯の結びを
すればおしまいです。

実は、私も、神田結びを本を見ながら、何度か試したのです。
そして、ある日、柔道着の帯の結び方を思い出したのです。
#体育の先生が、この帯の結び方で、着物が着られると言っていたのですが、
#気付いたとき、ハッとしました。

もし、柔道着の帯の締め方を覚えてらっしましたら、試してはいかがでしょう。
貝の口とは違った趣きがあり、また、貝の口のように解けません。

では、ごめんなさい。

返信1 Res-No.1
No.1106911718.1 - 2005/1/28 (金) 21:11:33 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

新しい帯の結び方を覚えると、また感動しますね
何より今ある手持ちのものだけで
新しいことに挑戦できるというのがお財布にやさしくて良いですね(^^)

東京国立博物館での出来事 引用
No.1106888265 - 2005/1/28 (金) 14:21:36 - 彰義隊 (男) -東京都
*** Remote User < fla1aei150.tky.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

皆さんご存知でした?
数年前のこと、私は着物に日光下駄をはいて上野の東京国立博物館に行きました。入場
券を買って、当たり前のように本館玄関から入館しました。そのとき、玄関の守衛のよ
うなおじさんに呼び止められ、下駄履きでの入館は出来ませんと告げられ、備え付けの
スリッパに履き替えるよう迫られました。私は、この下駄は底にゴムが張ってあるので
音はうるさくないですよ、と抵抗しました。おじさんはホントに音はしないですねえ、
だけど規則だから。と結局着物にスリッパ履きという無様な格好で全館見学いたしまし
た。(これが結構疲れる)
まあ、おじさんには恨みはないですけど、下駄履き入館お断りとマニュアルにしっかり
決めてある博物館側の姿勢に少々憤りを感じました。皆さんもお分かりでしょうけど、
ゴムを張った下駄って、絶対革靴よりうるさくないんですよ。
その時私は、日本の伝統って博物館のガラスケース越しに鑑賞するだけのものなんだな
って思ってしまいました。(決して私は着物が伝統文化だと大上段に構えているわけで
はなくて、日常でありたいと思っていただけに、少々ショックだったんです)
度々大全でも話題に上ってますが、下駄では行けない所の一つが博物館です。

返信26 Res-No.26 ありがとうございます
No.1106888265.26 - 2005/3/23 (水) 21:06:52 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県- <ttanabe@kh.rim.or.jp>
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

田舎もんのトトロさん返信ありがとうございます
綾辻さんもお答えいただけるとありがたいです

返信25 Res-No.25
No.1106888265.25 - 2005/3/17 (木) 20:57:25 - グレゴール・ザムザ (男) -住所?
*** Remote User < eatkyo026186.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) Opera 7.54 [ja] >

綾辻さま、
しばらくアクセスできずお返事遅れて、かつまた終わった話を蒸し返して申し訳ありませ
ん。

>同じことを何度も書いて申し訳ありませんが、わたしは今回のことは、
>「出かける場所にあわせて適当な履物を選ぶ」
>という非常に単純な、日常的なレベルの話であると思うのです。
繰り返しますが、その御主張は特段否定いたしません。

その御主張の気持ちは理解できますが、
Res-No.2の発言が、彰義隊さまの発言に対する回答として
いかがなものかな、と感じました。

以上失礼いたしました。

返信23 Res-No.23 返信が届いていたとは
No.1106888265.23 - 2005/3/14 (月) 20:26:57 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

建国記念日、風邪に患い、高熱で三日ほど臥せっておりました。
その後、年度末の忙しさで、注意深く見ないでいましたら、返信が届いていたとは。
申し訳ありません。

私は、図書館へは着物で行ったことがないですが、美術館へは雪駄で行くことが多いです。
革底のもので、カタカナのコの字型(正確には馬蹄形)の減り防止がついているものです。

現代屋さんで、牛革の雪駄を購入したときに、初めて、三角の金属が打たれたものを
入手しましたが、これは、美術館などでは履けないなと思いました。

あとは、草履でしょうか。ご婦人ものの草履と同じで、クロム革に、ゴムのすべり止めが
貼ってある(釘もついてますけど)でしょうか。こちらは、まだ、履いたことがないので、
美術館や博物館へ履いて行くことになるでしょう。

では、ごめんなさい。

返信22 Res-No.22
No.1106888265.22 - 2005/2/11 (金) 11:51:24 - じじ (女) -愛知県
*** Remote User < 153.125.99.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95) >

名古屋市博物館ではOKでしたよ。

返信21 Res-No.21 何を履いていかれますか?
No.1106888265.21 - 2005/2/9 (水) 21:31:55 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

ところで田舎もんのトトロさんや、綾辻さんや他の方は
実際には何を履いて博物館や図書館へいかれますか(^^?

私の反省点でもあるのですが
「注意しよう」や「配慮しましょう」と言うよりも
お祭り好きの電気やさんのように
より具体的な例を示したほうが
皆さんへの参考になると思いますので

ちなみに私の履いているウレタン底の雪駄は↓コレです
http://f.hatena.ne.jp/ttanabe_com/20050131235346
畳表風は現代屋さんで、もう一足は作業着屋さんで入手しました

皆さんが実際に選んでいる履物を教えていただければと思います

返信20 Res-No.20
No.1106888265.20 - 2005/2/9 (水) 21:31:25 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

繰り返しになりますが

東京国立博物館の「お客様へのお願い」は下記の通りです
http://www.tnm.go.jp/jp/guide/notes/
>○ 他のお客様に迷惑にならないよう静かにご観覧ください。
>・下駄など大きな音のでる履物はご遠慮願います。

また電話により回答いただいた内容は下記の通りです
・底に金属のついた雪駄:NG
・底にゴム張りの下駄:OK

上記はいずれも私個人の考えでは無く「東京国立博物館」の見解です
疑問はあるかもしれませんが
東京国立博物館、渉外課からの回答をいただいている状態で
各人の解釈で自論を展開することは
かえって博物館にご迷惑をおかけすることになるのではないかと危惧しています

別途問い合わせなどあるかた、不明点のある方は、直接問い合わせてみることをおすすめ
します
そのうえで上記の回答になんらかの訂正がある場合には返信いただけると幸いです
(重ねて穏やかな姿勢で問い合わせを行っていただくようお願いします)

返信19 Res-No.19 視点
No.1106888265.19 - 2005/2/7 (月) 13:16:54 - 綾辻 (女) -住所?
*** Remote User < p13134-ipad46hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

ザムザさん 返答が遅れて申し訳ありません。
彰義隊さんの書き込みを初めとする今回一連のレスでは私の考えはたぶんかみ合ってい
ないのでしょう。
最初彰義隊さんから下駄での入館を許さない東博への苦言が示され、それに続いて
「私も試しにやってみよう」とか「下駄でも注意されなかったところもある」「実際に
博物館に電話して確かめた」などの書き込みがありました。
その後下駄で博物館へ行くことの是非に関して意見が交わされ、結局「きものを着ると
きはみんな気をつけましょう」ということで意見が終わりになりつつあるのだと思いま
す。

これに関して私の意見は他の人と視点が違うのだと思います。皆さんの意見はきものが
好きでよく着る人の立場であり、私のはいうなれば博物館側の視点です。
博物館のきまりというものは博物館側の都合で決めるものであって、「音がしなければ
良いだろう」というのはあくまでこちら側の理屈だということです。
もちろん規則の妥当性を議論することはかまいませんし、どうしても下駄で入場したい
人は責任者に意見書を提出したり、署名を集めたりしたりすることも実際に有効かもし
れません。
しかし実際のところはキリがないのではないでしょうか?かりに「うるさい履物はだ
め」としたところで。うるさいかどうかの判定はどうするのでしょう。機械で測定する
のでしょうか?堅い底のヒールやブーツの人も入場できない可能性も出てきます。裏に
ゴムが張ってあるかどうかで判断するというもの無理があると思います。

同じことを何度も書いて申し訳ありませんが、わたしは今回のことは、
「出かける場所にあわせて適当な履物を選ぶ」
という非常に単純な、日常的なレベルの話であると思うのです。
日本の伝統文化云々とは関係がありませんし、きもので出かけるという行為そのものに
もあまり関係ないと考えてます。きものを着るときは下駄でなければならないという法
はありませんから。
NO.14の後半部分は、ネットなども見ていて私が普段感じていることです。共感していた
だけないなら、変人の独り言として無視していただければ幸いです。
要は「きものを着たいという気持ち」「きもの姿を周囲にアピールしたいという気持
ち」が、常識的判断や状況の把握を鈍られていることが多々あるのではないかと思って
いるのです。
「きもので職場にいけるか?」という書き込みが新しくできましたが、多少関連するこ
とかもしれません。

返信18 Res-No.18 誰も規則を守ることの是非を議論していないのでは?
No.1106888265.18 - 2005/2/4 (金) 22:12:15 - グレゴール・ザムザ (男) -住所?
*** Remote User < eatkyo056212.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) Opera 7.53 [ja] >

グレゴールザムザと申します。

綾辻さまの発言が、どうもかみ合っていないと感じましたので
横から失礼いたします。

今回議論になっているのは、

「規則で禁止されていることを強行しようとしたら注意された。」
つまり規則に従うことの是非

ではない、と思うのでですがいかがですか?

規則を守ることの是非について、彰義隊様が注意されたことについて
発言者の彰義隊様を含め誰も否定していないと思います。
実際誰も博物館の係員を責めていないと思います。

おそらくここで議論したかったことは、

その規則の合理性

ではないのですか?
(ちなみにその合理性がないから守らなくてよいとは
これまた発言者の彰義隊様を含め誰もいっていないと思います、念のため。)

単に、かかる規則は本来静かかどうかが問題であって、
静かな履物であるにもかかわらず、形状が下駄というだけで、
うるさい履物に一般化されることに憤りを感じていらっしゃる

要するに規則の合理性に疑問をもった
その規則の背景には、「下駄=うるさいもの」という決め付けがあるのではないか
ということを彰義隊様は仰りたいと理解したのですが、
別に規則が合理的かどうかを議論することは特別おかしなこととも思いません。

また、綾辻さまの仰る「和服が摩擦を生じているのではなく、その人の態度や配
慮のなさ、状況判断の誤りが摩擦を生んでいるのでは?と思うことがよくあります。」
という意見を否定する気も毛頭ありませんが、
それは態度の問題であり、今回の議論とは基本的にかみ合っていないようでしたので...

返信17 Res-No.17 ってことは…
No.1106888265.17 - 2005/2/4 (金) 15:06:01 - じじ (女) -住所? - <メール送信>
*** Remote User < 137.125.99.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95) >

となると、フェラガモの靴もだめ?
あれってヒールのとこにしっかり釘打ってありますよね(私の叔母はそれで空港のゲートを通れ
ませんでした(^^;))。
まあよっぽどうるさい人がいたんでしょうね。気を付けなくっちゃ。

返信16 Res-No.16 守りたい約束
No.1106888265.16 - 2005/2/3 (木) 19:30:59 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

少なくともここで発言された皆さんは
実生活では(該当する)規則やルールを守っているということですから
問題ありませんよね(^^)

問題はインターネット上での表現だと思いますが
注意しないといけないといった意味では
助言を述べる立場にたったときの
我々にも同じではないでしょうか?

もちろん助言は必要です
私も気をつけなければいけませんが
一つの発言に対して、いきなり苦言を述べたり
否定的な発言をするのも
行き違いや誤解といったトラブルを発生するといった意味では
同じではないかと思います

理不尽だと感じる主張でも、まず相手の話をうかがってから納得させたり
不満に感じている点を聞き出して別の方法で解消したりする
これも一見、遠回りですが
実社会(仕事など)では当たり前にやっていることだと思います

最近「なんでもあり」のように誤解されがちな傾向がネット全体にありますが
インターネット上にも規則やルールがあります
まず、それを守ることからこころがけていきたいなと思います

掲示板が発言しやすい楽しい雰囲気を作っていくのも
積極的に守りたい「お約束」ですから(^^)

返信15 Res-No.15 規則だから下駄での入場はできないと言われたら、それに従うしかない
No.1106888265.15 - 2005/2/2 (水) 22:09:44 - 着物研究タナカ会会長 (男) -熊本県- <ta815@docomo.ne.jp>
*** Remote User < gd202157054185.u6d.kcn-tv.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

ウーン、困りました。私も『規則で禁止されたことを強行しようとしたら注意されたのは当たり前』としか言いようがありません。たとえ洋服に下駄であっても、やはり入場しないように言われるだろうし、下駄に限らず、携帯電話にしても乗り物の中では自由に動けないくらいに混んで来たら、ペースメーカーが正常に作動しなくなるため、電源を切らなければならないのと同じですから(本当は電源を切りたくないのだけど)私だって図書館(ここは絶対に静かにしなければならないので、結構気を使う)や博物館などの入り口で、着物姿に下駄を履いて「下駄で入場して何が悪い」と警備員に怒鳴ってまで入場しようと言う気持ちはありませんし。

返信14 Res-No.14 規則、マナー、配慮
No.1106888265.14 - 2005/2/2 (水) 20:49:21 - 綾辻 (男) -住所?
*** Remote User < p2039-ipad41hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

彰義隊さま、皆様ご挨拶が遅れて申し訳ありません。綾辻と申します。
規則とマナー/配慮に関してはトトロさんに共感するところが大きいのですが、自分なり
の考えを述べさせていただきます。

私は、マナーとか配慮というものは、規則やルールを守った上でのさらなる心遣いでは
ないかと考えています。規則は規則として守らないと、力が強い人や横柄な人が得をす
る社会になってしまいます。自分はマナーがしっかりしているから規則を守らなくて良
い。というのは本末転倒であると思うのです。
規則というのはすべての人が納得できるようにはできていません(そのような規則を作
るのは不可能であると思います)。また現状に即してない規則もあるのでしょうが、原
則として従うというのが大人の態度ではないでしょうか?

私の故郷には古い市立図書館があります。その入り口には「下駄履きを禁ず」という古
色蒼然たる看板があります。おそらく下駄履きの人が今より多かった時代にはこの看板
が実際に必要だったのでしょう。逆に言うと、普段下駄で歩く人が皆無に近くなった現
在ではこの注意書きは撤去されてしまうかも知れません。そうなればマナーや配慮の問
題となるのでしょうが、図書館好きの私としては心が痛い問題です。

また繰り返しになりますが、今回話題になっている博物館での出来事は、「和装が社会
に受け入れられているか」という問題とは本質的には無関係であると思います。博物館
の係員は単純に入館者に規則を守るように促したのであり、博物館が和装の入館者を排
除しようとしているとか係員がきものに敵意を持っているなどということはどうしても
考えられないのです。
ここからは一般論として読んでいただきたいのですが、普段着としてきものを着ようと
するといろいろな意味で摩擦が生じることがあります。しかしたくさんのホームページ
や掲示板などを見ていますと、和服が摩擦を生じているのではなく、その人の態度や配
慮のなさ、状況判断の誤りが摩擦を生んでいるのでは?と思うことがよくあります。こ
ういう場合でも「和服が世間に認められてない」「和服は日本の伝統文化なのに」と
いった感じの逆切れ、あるいは逆恨みをしている例が多いと感じるのです。私が「気負
い」と表現したのはこういう勇み足を生んでしまう様な特殊な心理のことです。

返信13 Res-No.13 現在、過去、未来
No.1106888265.13 - 2005/1/31 (月) 21:28:08 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

配慮の件ですが、失礼致しました。
私としては、彰義隊さん*のみ*に配慮が必要と思ったのではなく、
全体にでしたが、文章が足りませんでした。申し訳ありません。

ttanabe@ケンちゃん さんがほぼ書いて下さいました(特に後半部分)ので、
どうしようかと思いましたが、私が思っていたことを加えておきます。

なぜ、禁止なのかを考えるのは悪いことではありませんし、また、
理由を知って不合理と思えることも多々あると思います。
ですが、禁止になっている背景を考えてみましょう。
つまり、それが禁止されているということは、過去にそれをした者が
居たということです。迷惑を掛けた者が居たということです。

たとえば、バイクに乗っている人を考えてください。
善良なライダーであっても、傍から見ると、暴走族のように思われたり、
バイクに乗るというだけで、危ない、とんでもない人と思われることが
多々あります。バイクだからと、警官に停められることもありますからね。

他にも、高校生のバイクの三無い運動もそうですし、未成年に刃物を売っては
いけないもそうですね。

本当に、ごく一部の心無い輩のために、善良な人が迷惑を
蒙るのはどうかと思いますが、こういうこともあるということを
思い出してください。

一方、注意する側の立場になってみましょう。
注意するのって、とてもエネルギーの要ることですよ。
特に、昨今のように、逆恨みされることがあると尚更です。
そうしたとき、規則を作るというのは非常に都合がよいですよね。
本来、個々に対応すべきことと思うものもありますが、「規則ですから。」
というのは簡単ですよね。

ですから、面倒なようでも、ttanabe@ケンちゃん さんの仰るようになさるのが
良いと思います。そして、これから、そうしたことが積み重ねられるにつき、
未来には、堂々と下駄あるいは雪駄で入れる日が来ると信じています。
#もちろん、音がしないものですよ。
#実際、私は、下駄については、そのようにしてきたつもりです。
#彰義隊さんも書いてらっしますが、疑わしき処には履いていきませんでした。
#また、何か仰る方には謝りました。
ドラステックに変えたい気持ちはわかりますが、先にもありましたが、
下駄の形だけで不快に思う方もいらっしゃるわけですから、徐々にゆっくりと
変えましょう。

また、今、皆さんがきものを着て、周りに迷惑をかけないように心がけましょう。
#特に、具体的な問題があるわけではないのですが。
もし、私たちが心無いことしてしまうと、将来、きものを着たい、あるいは着ようと
思う方々に迷惑がかかります。負の財産を残すことになります。
繋ぐ、伝えるは、作り手だけではなく、着る人達にも、必要なことと思います。

一方で、こんなことを考えました。
学校で下駄が禁止されたのは、いつ頃だろうか?
旧制一校など下駄が定番。60歳を超える方々に伺っても、禁止というのは
なかったようです。迷惑をかける学生は居なかったのでしょうね。
どうも、学園紛争と関係あるのでは?と思っています。
もし、そうだとすれば、冷たい目で見られるのも仕方ないかも。

振り返ってみれば、大学生の着るものが出てきたのは、石津 謙介さんが IVY リーグの
ウェアを日本に持ってきた後からなんですよね。
これらもいわゆる裕福な学生さんは着てたてしょうが、そうでない学生は学生服。
靴も、今ほど種類はなかったでしょうし、革靴と、それこそ、下駄は随分と
価格差があったはず。
ジーンズが入ってきたときは、受けたというのも頷けます。
ただ、一方で、ジーンズを穿いた学生が、講義を受ける態度ができてないと
いう話があったのもその頃の筈。
ジーンズ(当時はGパンと言ったはず)+下駄もその頃ではないですかね。

まとまりませんが。

では、ごめんなさい。

返信12 Res-No.12 問い合わせた結果:右近下駄OK雪駄NGです
No.1106888265.12 - 2005/1/31 (月) 18:23:58 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

李下の兜とは言ったものの、皆さんのおっしゃる通り
女性の履物とは違い、男物は雪駄に金具がついていますから
(雪駄の金具が音(チャラ音)をたてて歩くのが格好良いとされているため)
下記の条件を満たす履物を選ぶとなると、確かになかなか難しいですね

1.誤解を招く下駄を避ける:下駄NG
2.音が鳴り、床を傷つける金具付の雪駄を避ける:雪駄NG
3.鼻緒のあっていない既製品を避ける
:サイズがあっていないとペタペタ音が鳴る既製品しかなウレタン底もNG

私はたまたまサイズがあいますので
「既製品のウレタンソールの雪駄」を使っていますが
サイズのあわない方は、ほとんどの和装の履物はNGというこなります

-------------------
さて↑も考えすぎですね(^^;
考えるよりも直接きいた方が話が早いし確実です
本日、東京国立博物館に電話して確認しました
結果は下記の通りです

・底に金属のついた雪駄:NG
・底にゴム張りの下駄:OK

やはり問題なのは「音」だそうです
渉外課の方に丁寧に答えていただきました(ありがとうございます)

右近下駄は下駄とは認識されにくい形状ですから
誤解を招きにくいかもしれませんね
ということでオススメは以下のようになります

・サイズがあえば「ウレタンソールの雪駄」
・鼻緒をすげていただける「右近下駄」(お店によりますが数千円台〜)

------------------------

現在では例え着物を着ていても「男の着物」には馴染みが少ない方のほうが多いですから
規則では下駄が駄目だから「右近は下駄だからNG、雪駄は下駄ではないからOK」
と解釈される方のほうが多いかもしれませんね
でも、これでは本来、規則を作った意図とは反対になってしまいます問題ですね
そういった意味ではハジメさんの提案には頷けます

問題点:規則の表現が紛らわしく、本来の目的とは逆に受け取られる可能性がある

ただ、最初にご提案したとおり、施設側に対して意見を述べる前に
まずは「施設に問い合わせてみる」ということを一度されてみてはいかがかと思います

それでも当日呼び止められた場合は関係窓口に問い合わせたむねを告げ
必要に応じて関係窓口へ確認していただくといった
対応をとるのが良いのではないかと思います
(この時、無理強いはせずに(履物を履きかえるても良いよ)といった
 「心のゆとり」を持つことが大切だと思います)

たいていは問い合わせた時点で改善していただけると思いますし
仮に呼び止められたとしても、その後改善していただけると思います

うーん遠回りのようにもみえますが(^^;
仕事の場合でもそうですが、例えコチラがお客様で意見が正論だとしても
いきなり意見を言うよりは、より正当な手段を踏んでから意見を述べたほうが
結果的に、より早い対応、より解決を行っていただけると思います。

返信11 Res-No.11 足音をさせないようにしていたか?
No.1106888265.11 - 2005/1/30 (日) 19:09:04 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 214.net059086088.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

昨年の初冬、つまり3ヶ月ほど前でしたが、上野の東京国立博物館に出かけました。
この日、博物館のハシゴの行程でしたので、私は草履を履いて出かけました。
が、同行者で右近下駄を履いておられる方がいました。
特に呼び止められることもなく、一緒に入れたのですが、ゴム底なのに、カラコロと音
がするのです。気をつけて見ると、歩き方でした。
足をひきずるようにするので、桐そのものほどではないのですが、カラコロと音がする
のです。一緒に歩いていて、ちょっと気になりました。
着物を着始めて、間もない方なので、歩き方までが身についていなかったので。
館内の無料の常設展示だったので、特に警備員がいなかったため、入れたのかも。

あの博物館では、警備員のいる場所まで多少距離があります。その間にカラコロと音が
してしまったら、注意されるとしても仕方ないのではないでしょうか?

歩き方もですが、「鼻緒があっているか」にも大きく影響します。
ある人から聞き、以来、下駄も草履も鼻緒をすげてくれる店で買っています。
感激するほど、音がしません!

返信10 Res-No.10 先日の結果
No.1106888265.10 - 2005/1/29 (土) 19:55:03 - オムT (男) -大阪府- <ci5y-tkb@asahi-net.or.jp>
*** Remote User < p056254.ppp.asahi-net.or.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

初めましてかな。
下駄の話題ですが最近の結果の報告をしておきましょう。
1月23日京都国立近代美術館「草間彌生展」と奈良国立博物館「厳島神社国宝展」を
はしごしてまいりました、
両館ともこちらも何も気にせず、また館側から何も言われずゆっくりと鑑賞してまいり
ました、もちろん実験に入ったわけではなく普通に見に行っただけです。
ちなみに右近下駄のゴム貼りです。

一方階段を下りる靴の足音が階段室に響いていましたが、それも係の方は注意されてい
ませんでした。

返信9 Res-No.9
No.1106888265.9 - 2005/1/29 (土) 13:16:51 - ハジメ (男) -福岡県- <ishiioishii2002@yahoo.co.jp>
*** Remote User < flh1aap118.fko.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) >

ハジメです。皆様のご意見それぞれに、もっともだなぁと
思うところがあります。私も毎日着物を着る身として、
昨年美術館にて同じ経験をしましたが、
普通に説明をすれば担当に分かってもらえ、下駄で
鑑賞することができました。

細かいことはともかく
単純に、日本なんだから、着物に下駄という姿で
公共の施設を利用できる環境になってほしいなぁと
思います。

音が出るような歩き方や、底に釘が出ている
履物などをはかないというのは、下駄履きか
どうかという以前にマナーの問題です。
一義的に下駄を許せ!というのでなく、

「周囲の鑑賞の妨げになる音の出る履物や、
 床等を傷つける恐れのある履物はご遠慮ください」

というような規定にしていただければなぁ、と
感じます。

 確かに、このサイトを見られる方を「特殊」と
思う人がいるかもしれませんが、少なくとも当サイトに
共感される方の多くは、きものや日本文化の素晴しさに
気づかれ、是非その素晴しいきもの・日本文化を
(強制でなく)伝えていければ、と思っている方々だと思います。

ですから、このサイトから、愚痴とか不満ではなく、
しっかりとした意見として、各種施設の下駄の使用も
考慮してほしい、というような意見が発信される
ようなことがあってもいいのではないかな?
と思いますが、いかがでしょうか。
(もちろんそのためには、最低限のマナーを守ろうと
 する下駄愛好家側の姿勢が必要ですが。。。)

返信8 Res-No.8
No.1106888265.8 - 2005/1/29 (土) 12:59:08 - ttanabe@ケンちゃん (男) -住所?
*** Remote User < p4134-ipad31kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98) >

>彰義隊さん
いえいえこちらこそ、良く事情をうかがわずに
ご意見してしまい申し訳ありませんでした

それから、じじさんとずずさんを間違えてしまい申し訳ありません
重ね重ね失礼いたしました

>着物の時は結構両側の人に袖や裾が掛かり迷惑?になる
>かと思い、立ったままでいる。

私の場合は座るさいに羽織のすそを隣の席の反対側に寄せたり
袖は腕組みをしたり、座った時にひざの上に乗せたりしています
人の多いところを通るさいは袂を内側から腕に絡ませるように巻き上げています

さまざまな場面がありますし、なかなか体系だてることはできませんから
気負いというか、気遣いは必要ですね

こうして掲示板で問題定義したり情報交換をしていくうちに
良い方法が見つかるのではないかと思います

返信7 Res-No.7
No.1106888265.7 - 2005/1/28 (金) 23:33:08 - 彰義隊 (男) -東京都
*** Remote User < fla1adb202.tky.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

いやー。短時間で沢山の書き込み、それもお叱りのご意見が多くて恐縮しています。
あの時は二十代後半でしたけど、決して食ってかかった訳ではなく、ゲーセンで補導さ
れた小学生みたいに従順なモンでした。
書き込みの冒頭に書いたように、「非常識」な私から「常識人」の皆様への他愛のない問
い掛けであった訳です。実際、博物館には下駄履きでは入れないというのが規則である
とはその時までは知りませんでした。まあ一つ勉強になったんですけど。
気が回らなかったなあ、下駄はいて入れますかって問い合わせをしようと思うのであれ
ば「下駄は傍迷惑」と気付いているので最初から下駄では行きませんでしたねえ。と、
言うよりも当時、日光下駄と白鼻緒の雪駄しか持ってなかったので、日光下駄で行くし
かなかったようなモンです。
「常識」というものさしを持ち出すと堅苦しくなりませんか。
現時点において、日常的に和服で往来を闊歩するというのは、大多数の日本人にとって
それだけで非日常、世間的な常識の枠からはみ出していると見られますし。
でも、洋服でだらだら歩くと同じようにはいかないと自分では思っています。行動のブ
レーキというか。例えば、疲れて電車に乗った時、席が一つあいている、洋服を着てい
るときは迷わず座りますけど、着物の時は結構両側の人に袖や裾が掛かり迷惑?になる
かと思い、立ったままでいる。運良く端に座れても絶対居眠りできない、など。やは
り、着物で日常生活を圧倒的大多数の洋服社会で通すとしたら、その辺の「気負い」は
必要であると思いますし、気遣いでもあると思います。

返信6 Res-No.6 場所によっては・・・。
No.1106888265.6 - 2005/1/28 (金) 23:08:15 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177190219.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 私の所属する和太鼓会では、雪駄履きで演奏するわけですが、
過去に体育館や舞台などで配慮が必要だったことがあります。

 というのは、雪駄の底には物によっては革が釘(のようなもの)で打ち付けて
あったり、金具のようなものがついてたりするためと、ウレタン底のものでも
小石が噛んでいたりすることによって、床面を傷つける恐れがあるためです。

 そのため演奏場所によっては足袋裸足になったり、養生してもらったりなどの
対策を必要としたことがあります。

 一般的な行動範囲であれば靴と雪駄はほぼ等価と考えてよいと思いますが、
こういうこともあるということを紹介しておきます。

 また、底に金具や釘のついている雪駄は、
(使い込んでいると自然に皆取れてしまうのですが・・・。)
場所によっては音や傷つきなどで問題になることがあります。

 特に事情がなければ、履きやすさと言う点でもウレタン底のものをお勧めいた
します。(ついでに厚さがあるので足袋が汚れにくいと言うメリットもある)

 付いているものはどうせ取れちゃうので初めから取っちゃった方がいいかも
しれません。

  それでは、また。

返信5 Res-No.5 衿をただす
No.1106888265.5 - 2005/1/28 (金) 21:05:33 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

>田舎もんのトトロさん、こんばんわ

私は知らないこと、そうした場に下駄を履いていくコトを改めたいのでは無く
「相手に配慮し穏やかに話をしましょう」ということを考えたいなと思います。

こうした対応に警戒したり構えたりするのではなく
知らないことは話をうかがい(例え納得しなくても)相手の指示に素直に従う
むしろそうした場を経験して配慮は身につくものでは無いかなと思います

、、、と人に言えるほど私に身についているとは言えませんが(^^;
こちらも先の着付け同様(自分はできている)とおごることなく
自身の行動を振り返って考える良い機会だと思い
私自身のことととらえて考えてみたいと思います。

*彰義隊さんは博物館の方の指示に従いスリッパに履き替えたわけですから
*配慮に欠けていたというわけではないと思います。
*むしろゴム裏の下駄を履くことで音に対する
*配慮はされていたととらえています。

さて気をつけようと言ったそばから
御挨拶の順番が逆になり失礼いたしましたが
彰義隊さん、綾辻さん始めまして
ttanabe@ケンちゃんと申します宜しくお願い致します。

>ずずさん
おひさしぶりです(^^)私はやはり一度お問い合わせをしておくことをおすすめします

返信4 Res-No.4 瓜田不納履
No.1106888265.4 - 2005/1/28 (金) 20:27:14 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

うーん、私もそれとなく、注意を促していたつもりだったのですが、
まだまだ伝わってなかったのですね、残念。

ttanabe@ケンちゃん さんの

> 李下の冠ではないですが、誤解を避ける履物を選ぶのも、一つの方法だと思います。

と仰るように、皆さん、もうちょっと、これを実践しませんか?

いくら音が出ないようになっていても、見る人が見れば、下駄なんです。
不快に思う人がいるんです、自分はそうは思わなくてもです。
残念ながら、この感覚が染み付いていらっしゃる方はまだまだいらっしゃることを
お忘れにならないで下さい。

配慮、良い言葉ですね。
皆さん、心がけましょうよ。

では、ごめんなさい。

返信3 Res-No.3 配慮
No.1106888265.3 - 2005/1/28 (金) 19:21:35 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

東京国立博物館 お客様へのお願いは下記のように
http://www.tnm.go.jp/jp/guide/notes/
>○ 他のお客様に迷惑にならないよう静かにご観覧ください。
>・下駄など大きな音のでる履物はご遠慮願います。

理由は「大きな音が出るから」ですから
「音のする下駄は避けているから問題ない」とされる彰義隊さんのご意見も頷けます。

実際に京都などの幾つかの博物館、美術館では、
音が出ないことを説明して、そのまま入れていただいた方もいらっしゃいます。

ただ私も無用なトラブルは避けた方が良いと思います。
綾辻さんのおっしゃるように、その時の行動によっては着物姿に悪い印象を持つ方もいら
っしゃるというのも頷けます

穏やかに説明して、それでも遠慮していただきたいということであれば指示に従うのが良
いと思います。
李下の冠ではないですが、誤解を避ける履物を選ぶのも、一つの方法だと思います。
また事前に電話で確認をしておくのも一つの方法でしょう

今回、彰義隊さんは博物館の方の指示に従ってスリッパを履いていますので
不満に感じた点を少し大げさに書いているだけで
私は、実際には彰義隊さんは穏やかに説明をされていたのではないかと思っています。


ところで掲示板にもきまりやマナー常識がありますね
少し前にネチケットが話題にあがりましたが(^^)
早坂さんが「ご利用上の注意事項」にわかりやすくまとめていらっしゃいます
こちらも今一度、目を通してみませんか?
私もあらためて目を通してみたいと思います

返信2 Res-No.2 当たり前ではないでしょうか?
No.1106888265.2 - 2005/1/28 (金) 18:17:32 - 綾辻 (女) -住所?
*** Remote User < p2039-ipad41hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

規則で禁止されていることを強行しようとしたら注意された。
当たり前ではないでしょうか?
規則で禁止されていないことならともかく、規則で禁止されていることでしょう?
私は、博物館、美術館、図書館などでは、喫煙、飲食、下駄履き、大声での雑談などは
禁止されるのが普通と認識していますがおかしいでしょうか?

そもそも彰義隊さんが注意を受けたことは、彰義隊が和装であることは関係ないと思い
ます。洋服で下駄履きでも注意を受けるのは同じでしょう。
>>決して私は着物が伝統文化だと大上段に構えているわけではなくて、・・・
とおっしゃっていますが、わざわざそのように断るのは、ご自分でもご自分の気負いに
気づいているからではないでしょうか?インターネットなどを拝見していますと、普段
着として和服を着ることを、何か良いことをしているような、日本文化に貢献している
ようなことと考える人達が存在するような気がします。またそのような人達に、えてし
て非常識な行動を取ってしまう人が多いような気もします。

私は、きもので外出することが多く、博物館などへも行きます。
もし博物館の入り口で、きもの姿の集団(もちろんレッキとした大人)が、「下駄で入
場して何が悪い」と警備員と言い争っているのに出くわしたら、とても恥ずかしくて入
場はできずに帰ってしまうでしょうね。
彰義隊さんが注意されたのは、「彰義隊さんの和服」のせいではなく「彰義隊さんの常
識」のためだと思います。

返信1 Res-No.1 やってみましょう
No.1106888265.1 - 2005/1/28 (金) 16:59:48 - じじ (女) -愛知県
*** Remote User < 131.125.99.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95) >

そうですか。私が行ってた高校も下駄通学禁止でした。なぜか知らないけど。
今度機会があったら名古屋市博物館へ下駄で行ってみましょう。

皆さん励ましのレスありがとうございます! 引用
No.1106837852 - 2005/1/28 (金) 05:24:00 - げんさん (男) -北海道 - <メール送信>
*** Remote User < y123249.ppp.dion.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

まさか私にとって雲の上の人早坂伊織様からレスをいただけるなんて夢にも思ってもい
ませんでした。またうれしさのあまりダッシュでコンビニでえびすビールを3本買いに
行きました。風呂に入り、寝巻兼浴衣に着替え先日覚えたばかりの貝の口をキュキュと
帯を結び(お!今日はリーチ一発だ)ビールを飲み悦にひたっています。実はここまで
出来るまでに1カ月少々かかりました。途中うまく出来なくて投げ出した時期もありま
した。でもこのままではせっかく購入した帯と着物に申し訳ないと思い、ここのH.P
や男の着物の着付けが紹介されているページをくまなく拝見しました。もしかしたらビ
デオかDVDがあると思いTUTAYAにも行きました。でも残念ながら見つけること
が出来ませんでした。アダルトコーナーに襦袢関係のビデオが有り何か得るものがある
かなーと思いましたが借りませんでした。(アホです)家で練習中に友人が来て「おま
えはバカボンか! ギター侍を目指しているのか」と突っこまれたりしましたがめげず
に出来るようになりました。このページのおかげです。自分1人では出来ずじまいだっ
たと思います。私が和服に興味を持ったきっかけはたぶん、ふらふら〜と実家に帰った
時パジャマがなくたんすの奥に眠っていた浴衣と紐の出会いだと思います。その浴衣は
どことなく小さいころ遊びに行ったおばあちゃん家の匂いがしてその日の夜は何ともい
えない夢ごこちでした。まさかこんなに自分の書き込みに励ましや応援のレスが来ると
は正直思いませんでしたありがとうございます。また珍事や壁にぶちあたったら 御邪
魔したいと思います。

返信1 Res-No.1
No.1106837852.1 - 2005/1/28 (金) 18:35:10 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

げんさんさん
私はDVDを見れませんので手に入れていませんが
下記の書籍はDVD付で男性の着物の着付けを紹介しているようです

e mook『着物おしゃれ』 e-MOOK
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796644180/250-3094316-4920228#product-
details

書生風 引用
No.1106835730 - 2005/1/27 (木) 23:32:35 - 木瓜紋 (男) -京都府
*** Remote User < yahoobb220041240004.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90) >

Q&Aで白絣にあう袴についてお聞きしました京都の木瓜紋です。
最近、絣の着物に袴という「書生風スタイル」にすごく魅力を
感じているんです。というのも現在BSNHKで「あぐり」っていう
朝ドラの再放送をやってまして、そこは大正〜昭和初期が物語の時代
なんですが、この「書生風スタイル」がよく出てきてそのレトロな
感じがなんとも凛々しくもありいい!

このスタイルなら頭にハンティングやキャスケットなどを被っても
オシャレだし仰々しくなくて、今後の私の外出着のひとつに加えようと
思ってます。あれこれ考えていたら楽しくなって書き込みいたしました。
駄文で失礼しました。


返信2 Res-No.2 書生姿に憧れて
No.1106835730.2 - 2005/2/28 (月) 21:57:42 - Shin-rine (男) -愛媛県
*** Remote User < yahoobb221085163145.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1.1.4322) >

僕が着物に興味を持ったのは、書生姿に憧れて、でした。
夏目漱石や司馬遼太郎の小説に書かれている姿に憧れていました。

坂の上の雲はオススメです。是非お読み下さい。

返信1 Res-No.1 書生姿
No.1106835730.1 - 2005/1/28 (金) 12:19:11 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 18.net220148125.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

いいですねぇ、書生姿。
着物には帽子は合わないのに、書生姿にはハンチングが似合いますよね。
襦袢でも良いですが、衿なしワイシャツなんか使うともっと、ソレっぽい。
どっかのサイトで売ってたのを見たことがあるのですが、ゴメンナサイ忘れました。

チビた下駄なんて、着崩れたような着方が似合うのも、この姿ならではですね。

永 六輔 著  『職人』 引用
No.1106818325 - 2005/1/27 (木) 18:50:34 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

澤村 貞子さんの話を思い出したので、どの本に書いてあったかな?
と思い、永 六輔さんの本をいくつか見ていたら、ありました。

http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0000837458/

もう9年も前の本なんですね。

ところどころ読み返しましたが、器の金額を日割りする話も
書いてありましたね。

布地の幅についても、一澤帆布のご主人と永さんの対話の中に、
触れられてます。

直接、着物の話では、ありませんが、ものづくりを支えてきた職人の話に
触れるのは良いことと思います。

この本の後、『芸人』『商人(あきんど)』が出版されてます。

では、ごめんなさい。

貝の口を結ぶことができました! 引用
No.1106678734 - 2005/1/26 (水) 04:32:55 - げんさん (男) -北海道 - <メール送信>
*** Remote User < q124077.ppp.dion.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

皆様初めまして。ここにいつも書き込みなさっている方は鼻で笑ってしまうかもしれま
せんが、やっと帯を正しく結ぶことが出来ました。うれしさのあまりいつも発泡酒です
けどコンビニでえびすビールを2缶買い貝の口に乾杯したところです。(アホです
か?)私の着物はヤフオクで購入した物しか所有してませんがいつか正絹の着物を着こ
なせるようガンバルぞ。次のステップは袴です。

返信5 Res-No.5 よかったですね!
No.1106678734.5 - 2005/1/27 (木) 23:04:36 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm035095.hrsm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

嬉しい書込みをありがとうございます。
(掲示板はこういう風にも使って下さいね^^)>ALL)
どのくらい練習されたのでしょう?その甲斐がありましたね。
何でも自分の力でうまくできた時ほど嬉しいことはないですよね。
「嬉しい」があるから「楽しい」があり、着物が好きになる。
そんな繰り返しを実感して欲しいといつも願っています。
頭や文字だけの文章で考えたり想像したりも時には必要ですが、
ともかくそれが全てではありません。生身の身体で実感できてこそ本物です。
この調子で頑張って下さい。応援しています。

今日は、地元のFMラジオに6分間出演しました。
着物を気軽に楽しみたいという男性が増えているという話題です。
着物を着ることがホビーのような楽しみであってもいいと思うのです。
いろいろ話して感じたことは、「着物だって身近なものなんだ」という
提言(というか事実ですが)に対する驚きと興味の高さでした。
それはそれで嬉しいのですが、何だか難しく考えすぎている人が多いのでは?
この世界も、そして歴史も、特別な人だけが創っているわけではありません。
喜怒哀楽を心から感じたその瞬間の主人公はあなた自身なのですから。
これからも嬉しいことをたくさん経験して行きましょう。

返信4 Res-No.4 乾杯!
No.1106678734.4 - 2005/1/27 (木) 19:06:08 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

乾杯!練習後のビールはサイコーですね(^^)
お酒だけでなく肴の方も、貝の口習得記念ということで
貝柱や貝のヒモなどの乾き物をアテに呑んでもバチは当たらないと思います。

返信3 Res-No.3 それはアホとは言いません。
No.1106678734.3 - 2005/1/27 (木) 01:26:17 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 それはおめでとうございます。嬉しいときは素直に喜んでいいと思います。

これでどんどん着流しやその発展形(着流し+羽織など)が楽しめますね。

 これからも頑張ってください。
 

返信2 Res-No.2
No.1106678734.2 - 2005/1/27 (木) 00:03:29 - 木瓜紋 (男) -京都府
*** Remote User < yahoobb220041240004.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90) >

すごいわかりますよ、その嬉しい気持ち。
私も誰にも教わらず、本やこちらのHPを参考に
何回も失敗を繰り返してやっと形になったとき
その晩は寝られないほど嬉しかったです。

返信1 Res-No.1 嬉しいよね。
No.1106678734.1 - 2005/1/26 (水) 23:30:04 - 小平 (男) -熊本県
*** Remote User < p3032-ipad03obiyama.kumamoto.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

自分も初めて一人で帯を結べた時は嬉しくて何度も鏡をみましたよ。

「掲示板をご利用の皆様へ」 引用
No.1105971653 - 2005/1/18 (火) 22:12:23 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm035095.hrsm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

投稿記事の削除について(お詫びとお願い)

この掲示板は親記事を削除すると、子記事(レス)も同時に全て削除される仕様となっ
ていますので、十分ご注意の上ご利用くださいますようお願いします。

田舎もんのトトロさん、優妃讃良さん、お祭り好きの電気屋さん(コメントされた方々
が正確にわからなくてすみません)、せっかくの書込みが突然消えてしまって大変申し
訳ありませんでした。改めて確認してみると、削除についての動作に関する明記がなか
ったようで、その点につきましては、親記魔フ投稿者である田中徹さんにも大変申し訳
なく思います。

子記事がある時には削除できないように改造するなど、削除機能自体の見直しも必要か
とは思いますが、直ぐには対応が困難なため、応急処置として削除処理を行う画面に、
注意表記を追加いたしました。悪しからずどうぞご了承下さい。

ただ、できるだけ、自分の投稿記事に他の方からのコメントがついている場合には、ネ
チケット上からも安易に削除しないようお願いします。編集機能を使っての修正投稿が
可能ですが、どうしても記事自体を削除したい場合には、事前に管理人までご相談下さ
いますようお願いします。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

返信1 Res-No.1 そういえば・・・。
No.1105971653.1 - 2005/1/18 (火) 00:44:26 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 あの田中さんの記事に関しましては、抹消時私はレスを入れて
なく、田舎もんのトトロさんと優妃讃良さんが入れているのを見
て、あとで投稿しようとネタを練っていたときでした。

 突然レスが消えたのは自宅ではなく、仕事仲間の日頃自分が面倒
を見ているパソコンで見ていた時でした。「えっ、エラー?」
もし回線異常などであれば大事です。なぜなら、ピーク時パソコ
ン4台をフル稼働させ、ネット商売しているところですから。
他のページへのブラウジングは異常なかった上、別のパソコンか
らでも同じだったので、「もしかして消したのか?」と思っていた
ところ、数時間後に新スレで入っていたというわけです。
正直、ちょっとだけ冷や汗物でした。
 (顔には出しませんでしたが・・・。)

 で、後日レスを入れたときにそれとなく追伸で書いたのですが、
考えてみればこの掲示板に慣れてない人は、親スレを抹消すると
子レスも消えるということは知らないかもと思いました。
それで、安易に訂正のつもりで消してしまったのではと。

 配慮していただき、有難うございます

 それでは、また。

入門のための着物 引用
No.1105955888 - 2005/1/17 (月) 19:56:35 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です、田舎もんのトトロです。

お祭り好きの電気や さん、お心遣い戴きありがとうございます。
皆さんご承知とは思いますが、掲示板に書き込むのは、結構、エネルギーを
使います。私の書いた記事がなくなってしまったのは、正直、ショックでした。

さて、着付けの話題が挙がってますが、男の場合、女性ほどには、
苦労しないと思ってますが、いかがでしょうか。

幸い、syuji さまがお書きになって下さってますので、私も書くのが楽なのですが、
弓道をなさってらっしゃる方に伺っても、慣れと仰いますよね。
#私のもとにも、弓道をなさる方がいらっしゃったことがあり、尋ねましたが、
#慣れ(繰り返し)と言われたのを覚えております。
特に、袴、実際には、帯となるのでしょうが、着付けて、的中率が変わるとも
伺いました。

着付けが大変だから、着物が売れない。
そうなのかなぁ?と思います。
以前(20年も前でしょうか)は、結構、三尺(兵児帯)の方、多かったですよ。
こちらにあります西宮神社の氏子さんが、紋付袴を着るときも、下は兵児帯と
伺い、びっくりしたことがございます。でも、それなりに何とかなってるんです。
さらに伺うと、袴も、皆、自分で結ぶ方がほとんどとのこと。
やはり、慣れが大切なのではないでしょうか。

また、桐生では、八木節祭りのとき、揃いの浴衣に揃いの帯を着てますが、
皆、奥様が帯を締めてらっしゃると伺い、着物の産地でもそうなのねと
思ったものです。
浴衣の季節になると、女性用としては、ワンタッチ帯、付け帯がそれなりに
売れるようですが、男のそれが売れることはほとんどないそうです。
結局のところ、需要がないのですね。

何度も、およそ20年前の話を持ち出して、申し訳ございませんが、
あの頃は、まだいろいろ試行錯誤をしたようで、ワンタッチ袴もあったようですが、
今は、見たことないですね。
ひょっとしたら、今、作ったら、最初に、飛びつく人がいるかもしれません。
でも、最初、着付けができないときだけですよね。

入門のための着物が少ないのは、結局のところ、これまでの間に、
多数の試行錯誤が行われ、なんとか残ったものなんですよね。
零細なもの、価格の張らないものが、ある大きな問屋の倒産によって、
連鎖倒産や廃業を繰り返しました。
また、新商品を開発したり、また、設備投資をしても、結局のところ、
売れず、どうにもならなくなって、夜逃げや自殺ということもありました。
それゆえに、今ある織元は、より大切なんですよ。

ハジメ さまが、年頭のご挨拶で、「協調と循環」と書いてらっしゃいますが、
まさにその通りと思います。
できれば、作る側のエネルギーがもう少し残っていた時代に、
こうした消費者の声が聞こえて欲しかった。

それでも、桐生におりますと、もしかしたら、何かできるものがあるのかも
しれないと感じることはありますが。

http://www.npokiryu.jp/asuenoisan3/index.html

では、ごめんなさい。

返信8 Res-No.8 入門者用とこだわり者用
No.1105955888.8 - 2005/1/21 (金) 11:54:06 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 18.net059086082.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

(添付1) 1105955888.8.1.JPG
入門用にいきなり、高額のモノは引きますよね。日本酒だって「1万円の大吟醸から始
めよう」といえば引きますから。
といって「美味しいもの」がわかっていないと、「これは値段のワリにメチャ旨!」と
いうのはわからないです。安物ばっかり飲んでいると、この経験は詰めません。
大学でホワイトばっかり飲んでいた私は「ウィスキーなんて美味しくない」と思ってい
ました。が、某所でBlack&Whiteを飲む機会を得、旨い!と知りました。

ちなみに私、洋服でも一番高いのは20万円です。一度コレ着てしまうと、「一着1万
円」なんてスーツは着られません。生地もカッティングも縫製も違います。
大方の人は、この高価な洋服を知りません。だから着物だけが高いような錯覚をしてし
まう。フォーマルではない、が普段着でもない通勤着にこそ一番高いものをと、私は思
います。着物の順序づけだと、用途がちょっと違ってきますが、大島や結城、上布がそ
れなりに高額なのは、そういう位置にあるからかと。

私の場合、親から、いくらかは誂えてもらっていますが、自分で買ったのは1万円の化
繊からです。5千円の浴衣からです。初心者はそこから始めていいと思います。
そして、着ることになれ、より良い着物に欲を出していってくれれば。

写真は始めて買った化繊着物1万円ナリです。

返信7 Res-No.7 物の価値
No.1105955888.7 - 2005/1/21 (金) 00:52:46 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

>清酒でよく耳にすること。
>一升一万円の酒を試飲して、「高いから、うまいんは当たり前だよな。・・・

 ブランドや値段に踊らされてる人って多いですよね。

 お酒で言えば、その昔、等級制度があったとき、「2級酒でもおいしいの
多いよね」と言う話をのん兵衛の方はよく言ってましたね。

 高くても駄目なものはダメ。安くても良い物はイイ。要は当人の価値観に
照らしてのトータルコストパフォーマンスだと思います。

 そういう意味ではいわゆる「ブランド品」と言うのは、私は好きになれません。
かといって、100円ショップの耳くそもほじれない綿棒(軸が貧弱で使えない)
も困り者です。

 注)誤解なきよう補足しますが、ディスカウントの安物がすべてダメともブランド
    品が異常に高いとも言っているわけではありません。

 私は、着物に限らず自分が「これでよしっ」と気に入ればそれが一番だと思うの
です。

 色々苦労して(金銭的意外にも)やっと手に入れた安物のウールでも、どうしても
魅かれて思い切って買ったいい着物でも、あるいは偶然に見つけた掘り出し物でも、
着る人が一番のお気に入りだと言えば、それを他人が否定する余地はないと思います。

 だけどブランドに踊らされて、意味もなく「***のブランド」と言うだけで他を無視
してしまう人が多いと思います。物を見極める力がないんですね。

 ご飯がいい例です。何かの拍子に「魚沼米」がやたらもてはやされていますが、
確かにおいしいでしょう。最高の条件の整ったところで丹精こめて作っているのです
から。しかし、他のご飯がまずいわけではないでしょう。で、これをもてはやす人に
限って安直に電気ジャーで適当に炊いちゃうんですから。意味ないって。へたすりゃ
農家にも失礼だと思う。

 あのね、本当のこと言うと飯はかまどで炊くのが一番うまいの。まきにせよ炭にせ
よあの火力は安物の電気釜では出せないんです。だから炊き上げのメカニズムが違う。
電気ではふやかすようにしているのに対し、かまどでは沸騰させて水を飛ばしている
と言う感じ。だから水量のセッティングが違うのです。(かまど炊きの方が幾分多い)
キャンプ等でのご飯がおいしいのは気分のせいもあるけどこのためなんです。 
私の知り合いにもいますよ。こだわってあえてガス台でご飯炊いている人。

補)最近は電気釜の性能もアップして、この状態を作れるものも多くなっています。
   でも、羽釜で炊きだしたのにはかなわないみたいですね。

 すみません、脱線しました。話を元に戻すと、着物だって、無名なものでもあるい
は汎用のでも良い物はたくさんあると思います。「大島」と言うだけでスイッチ入っ
ちゃうのってあったりしがちだけれど大島だけが着物ではないでしょう。
古物市場見ていると反応が違うんですね。勿論売る為の仕入れですから少しでも客
受けする商品に行くのは普通ですけれど・・・。

 勿論、いつか機会があれば、技術の結晶と言うにふさわしい着物を手にしてみたい
です。そのためにも、もっと色んな着物に触れてみたいですね。

 私は物の価値の考え方について着物だけが特別とは思っていません。ただ、少なく
とも現在では着物そのものが特別視されているのと、流通量が(相対的に)少ない
と言うこともあって、一般には変な比べ方(天秤)をしてしまうのも多いのかもしれ
ません。

 高品質の下駄とディスカウントの靴とを同じ天秤に載せればそりゃーおかしなこと
になります。

 例えるならクルマ。昔、高級車の象徴として「いつかはクラウン」なんてキャッチ
がありましたが、置き換えると「いつかは、上布」と言ったところでしょうか。

 私は、そんな感じに考えています。

 あらゆる意味で、賢い消費者、ユーザーになっていきたいと思います。
 そのことが、資源、産業、社会、文化に良い影響をもたらすものと思います。

 それでは、また。

返信6 Res-No.6
No.1105955888.6 - 2005/1/20 (木) 12:33:04 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

田舎もんのトトロさん
下記の点は特に反対意見とは受け取りませんでした

>スーツも、量販店のものしか買わないから、まだまだ高すぎると
>思ってる人いませんかね。
>結構、そういう人、いますよね。
>ジーンズも、ユニクロなんだから、その程度のものでないと。

はい、そういった方も多いと思います
おそらく私も、そのうちの一人なのではないでしょうか(^^?

ただ、ここで今一度、早坂さんのコラムに目を通したいのですが

>自分の都合でしか意見を言わない少々困った人達の「想い」と一律に結びつけ
>高い安いを語ることは非常に危険なゲームであると言えます。

そうした意味で言えば反対意見(?)を述べるとすれば下記の箇所です

>紬のお対で20万円と言われます。

20万円の紬を気に入って買われる方は、ぜひ買っていただきたいと思います。
そうでないとめぐりめぐって私も困る、着物を着ている皆が困る
私が買えなくても、気に入る方には、素晴らしい着物なのですから
(もちろん、この点も清酒の件から
 伝えたいことは田舎もんのトトロさんと同じだととらえています(^^))

----------------------

この件について、ちょうどタイミング良く
ユナイテッドアローの例があります

男性セレクトショップのユナイテッドアローズ原宿店で15〜25万円で
この夏に展開された浴衣と同じブランド名「9寸8分」で販売されます。

ユナイテッドアローズ、男性着物を販売――市田と組み、本店で受注
http://www.ssss.or.jp/shops/0501/f01.htm
既成浴衣の販売
http://www.united-arrows.co.jp/corp/pdf/news_yukata_040407.pdf

同じく、この夏、男性浴衣を販売したユニクロでは展開しなかったことが
、、、もといユニクロに先行して
ユナイテッドアローズでは行っているという点に注目しています
「ユナイテッドアローズの購買層」では
こうした展開も可能であると予測してのことなのでしょう

おそらく、こうした試みが成功してから
ユナイテッドアローズのラインナップに他の価格帯の商品が加わったり
他店舗、企業さんでも扱うようになるのではないかと、私は期待しています。


返信5 Res-No.5 ひょっとすると
No.1105955888.5 - 2005/1/19 (水) 21:35:09 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

三人で書いてしまったので、他の方が書きにくいかもしれませんね。

ttanabe@ケンちゃん さんの書き込みに、反対と思われる意見を付け加えたいと思います。
#本当に、そう思ってるのではないので、念のため。
#また、清酒での経験を加えます。

> 洋服に比較すると高いという意見も頷けますが
> いわゆる「ファッションリーダー」とまでいかなくても
> 洋服でお洒落を積極的に楽しまれている方は
> 同価格帯の洋服も購入されていると思います

スーツも、量販店のものしか買わないから、まだまだ高すぎると
思ってる人いませんかね。

結構、そういう人、いますよね。
ジーンズも、ユニクロなんだから、その程度のものでないと。

一方で、エルメスのネクタイは買えるけど、正絹の角帯が1万円以上するなんて、
許せない!そんな人、いませんかね。

私は、聞いたことありますよ。

http://www.pref.tochigi.jp/kougyou/sonota/02/craft/mokkou/nikogeta.html

日光下駄、畳表のつけてある、日光地方で作られている下駄ですが、確か、1万5千円
を超えてるんじゃないでしょうか。
手造りでしかできないものですが、売れなくて大変と聞いてますが、この下駄への反応が
「靴より高ぇだ。」と。
こういうことを言う人は、大抵は、本皮底の靴なんて履いてないので、わからぬでもない
ですが、明らかに、低く見ると言うのは嫌ですね。
もっとも、雪駄もそのように思われてるようですね。
そう言えば、足袋も。何で、靴下より高いんだ。(^_^)

清酒でよく耳にすること。
一升一万円の酒を試飲して、「高いから、うまいんは当たり前だよな。千円で、
こういう酒を出してくれれば、買うよ。」
一升一万円の大吟醸を醸すのにどれだけの苦労をしてるか、まるで知らないから、
言える発言でしょうが、ひどい話と思いますし、また、姿勢を正す、あるいは、
造り手に感謝する呑み手でなきゃ、酒がかわいそう。

> そうした層が着物を購入し、需要が増えることで
> より低価格化が実現でき、裾野が広がるのではないかと考えますがいかがでしょう?

パチパチパチ。(^_^)
本当にそう思います。

> これから着物を着ようとされる方に、現在の着物の価格帯に納得してくださいとは
> 言いませんがある程度、着物を着て価格だけで着物を判断するのではなく
> 品質や好みを把握されて着物を選ぶようになった皆さんは
> 次代につなぐべく「ファッションとしての着物」を楽しむ時期に来ているのではないかな
> と思います。

こちらも賛成。私も何度も繰り返しているつもりですが、たまには良いものを
買ってください。もちろん、身の丈にあったものだけで構いません。
そして、皆さん、いろいろ見てください。

清酒業界では、小さな蔵元が日本の酒米、山田錦がなくなってしまうかもしれないと
危惧し、山田錦の大切さ、そして、栽培の大変さを全国で講演して周ってました。
そして、ボランティアを募り、田植え、稲刈りをしています。
#イベント化してなくもないですが。
彼は、日本からなくなってしまってから、消費者に伝わったのでは遅い。
「失くなる前に教えて欲しかった。」と消費者に言われないように、
できるだけ伝よう、皆で後悔しないように、知らせようと思ったそうです。
彼も、50代だったのではないでしょうか、始めた頃は。
職人と言うのは、外に向かって話をしないものです、特に、今、70歳以上の方々には
多いです。騒ぐのは、美徳ではないのです。
だから、知らないうちに消えたものも多いのですよ。
ですから、皆さん、注意深く、見ていて下さい。
これは、着物、清酒に限った話ではありません。

> 「ネットで紹介されていない店舗」でも
> 木綿やウール等の実用呉服から礼装まで扱っているお店も意外に多くあります
> 案外「都会以外」の商店街に、ひっそり残っていたりします。
^^^^^^^^^ キーワード

こちらは、都会なのか(^_^)、あるいは、産地だからか、知りませんが、まず、ないですね。
紬のお対で20万円と言われます。
逆に、そういわれたら、さっさと退散するということを繰り返し、付き合う呉服屋さんを
探す目安にすると良いかもしれません。
#浅草で、帯を買ったら、桐生ものだったという笑い話があります。

では、ごめんなさい。

返信4 Res-No.4
No.1105955888.4 - 2005/1/19 (水) 08:56:45 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

優妃 讃良さん、田舎もんのトトロさん
ご意見ありがとうございます

お二人の発言で結論を出すのは早計ですが
少なくともお二方、私を含めて三名は
アンケート結果の希望金額以下の価格帯で
着物を入手しているという理解で宜しいでしょうか?

そういった意味では、やはり業界は消費者の要望に答えているといえるのではないでしょ
うか?

洋服に比較すると高いという意見も頷けますが
いわゆる「ファッションリーダー」とまでいかなくても
洋服でお洒落を積極的に楽しまれている方は
同価格帯の洋服も購入されていると思います

そうした層が着物を購入し、需要が増えることで
より低価格化が実現でき、裾野が広がるのではないかと考えますがいかがでしょう?

これから着物を着ようとされる方に、現在の着物の価格帯に納得してくださいとは言いま
せんが
ある程度、着物を着て価格だけで着物を判断するのではなく
品質や好みを把握されて着物を選ぶようになった皆さんは
次代につなぐべく「ファッションとしての着物」を楽しむ時期に来ているのではないかな
と思います。

、、、と書くと硬っ苦しいですが(^^)
眉間にシワ寄せて喧々諤々しなくても(^_^;
自分の気に入った着物を楽しんで着ていれば
これから着物を楽しみたい方への道は開けるのではないかと思います

-----------------
また状況は変わったというお話ですが
確かにインターネット上で取り扱う店舗は増えていると感じます。

しかし私が着物を着始めた5年前から希望価格帯の商品を取り扱っていたお店もありまし
たし
(下記は一例です)
まるともさん:木綿着物
http://www.rakuten.co.jp/marutomo/
クレインさん:合繊縞男袴
http://www.crane-ny.co.jp/gousen-sima-hakama/gousen-sima-hakama.htm

「ネットで紹介されていない店舗」でも
木綿やウール等の実用呉服から礼装まで扱っているお店も意外に多くあります
案外「都会以外」の商店街に、ひっそり残っていたりします。

実は昔から我々消費者の望む着物はあったのではないか?と想像しています

インターネットは素晴らしいですが
「ネットに無いものは無い」「情報にのらないものは無い」という
誤解も生み出しているような気がします

私も、今一度、下記の早坂さんのコラムを見直したいのですが
http://www.kimono-taizen.com/column/a02.htm
本当に無いのは「情報」で、自分の周りの情報は
誰でもない「自分」が見つけるものではないかと思います

「着物が無い」「着ている人がいない」とつぶやく前に
「本当はあるのではないか?」「本当は案外近くにいるのではないか?」と
今一度自分の周りを見直してみたいと思います。

返信3 Res-No.3 袴の価格
No.1105955888.3 - 2005/1/18 (火) 19:34:12 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

早坂さま、お心遣い戴きありがとうございます。

もともと、ワンタッチ袴との指定があったのですが、
ワンタッチ袴が見つけられないので、仕立て上がりの袴を
挙げました。

http://www.otokonokimono.com/hakama/index.html
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m9209590

通信販売は、嫌と仰る方も多いので、何とも難しいですが、
私は、お安くなったと感じています。

以前、足袋が高い!と仰ってた方もありましたが、白足袋であれば、
お安いものも増えましたよね。

私の場合、最初の片貝木綿が3万円強(仕立て、居敷き代込み)でしたかねぇ。
ウールの仕立て上がりお対(日本橋三越のセールで1万5千円)。
小千谷縮(これ、普段着なんだろうか、外出着なんだろうか?)3万円台後半。
機械織の紬がお対で9万円位(裏正絹、仕立て、パールトーン込み、
確か羽裏が2枚必要だった)。
秦木綿(正絹八掛け付きのなんちゃって袷)3万円台後半。
機械織の大島(仕立て、パールトーン、裏正絹別染め)9万円弱。
ベージュのお召しも(仕立て、パールトーン、裏正絹別染め)9万円弱。
青のお召し(反物だけで3万円)(仕立て、八掛け別染)6万円弱。
似非江戸小紋(プリント、女性もの、反物2万4千円くらい)(仕立て、八掛け別染、
パールトーン)でやはり6万円弱。
てな具合ですので、ttanabe@ケンちゃん さんの仰るアンケート結果には
応えていると思いますが。
#ただ、着るもの(着物ではない、ジーンズなど含む衣類全般)に興味のない人
#には十分高いと思いますよ。
#でも、そういう人でも、スノボーをやる人は、ウェアが高くても仕方ないと
#思う人はいるようです。

私の場合、それなりに揃ってきましたので、機械織の紬や大島をおしゃれ着から
普段着へと移行させようと思っています。所詮、着て何ぼのものですからね。
実際、ウールの長着のお尻のところが開いてきましたので、家の周り用にしないと
ダメなようで。

あと、今は、少しは早くなったかと信じたいですが、織元が作ろうと思いたってから、
市場(お店)に流れるまで、3年はかかっていたようです。
特に、農産物に原料を依存する、木綿、絹ですと、原糸の手配からとなり、
時間がかかったようで、これも問題の一つだったようですね。
最近、芋焼酎が足らなくて、大騒ぎをしてましたが、こちらも、まさに同じで、
増産するのに3年はかかります。もちろん、清酒も。

7年前に比べると、給料は目減りしてますから、もう少し、
安くならないといけないのかな?

では、ごめんなさい。

返信2 Res-No.2 自分の財布と相談した場合の着物の相場
No.1105955888.2 - 2005/1/18 (火) 14:34:30 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 18.net059086082.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

(添付1) 1105955888.2.1.JPG
私の場合は

普段着      5千円前後
お仕立て普段着  1万円前後
おでかけ着    2万円以下
ブランド物おでかけ着 3万円以下
おでかけ着正絹小紋5万円
よそゆき小紋/付下 10万円
こだわりの着物  20万円

って感じです。細かい区分ですが、こういう考えでいます。
「5千円なんてどこで買えるの?」といわれそうですが、コマメに見ていると、いつで
もこの金額で出ているところがあります。東京ならキンカ堂。リサイクル屋のたんす屋
の「化繊新品」もこの程度の値段です。

「こだわりの」は、お召しとか大島とか。この辺はそうそう安くはならないので。
といっても、普通に見ているとこの値段では出ていません。
やはり、頑張って、いい品を安くひいてきてくれる呉服屋さんでのみ出会えるもの。

写真のは、白鷹お召し。そうやって、「おお、この値段であるじゃない」と感激して購
入したもの。 

返信1 Res-No.1 例えば金額について
No.1105955888.1 - 2005/1/18 (火) 12:20:36 - ttanabe@ケンちゃん (男) -住所?
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705) >

早坂伊織さんが1998年に集計されたアンケートによれば

和服はいくらなら買う気になりますか?
http://www.kimono-taizen.com/anq/anq_01.htm
Q.4 妥当と思う和服の購入希望価格
http://www.kimono-taizen.com/anq/ans_04.htm
「長着のみ」の金額でいえば、下記の金額で着物に興味のある方の
半数以上の着物に興味ある方はは購入することになります。

普段着:3万円まで 100%
外出着:5万円まで 100%
礼装:9万円まで 60〜80%

2005年現在、希望価格(の半額)で購入できる状況にあります

普段着:あめんぼうさん=>館林木綿:12600円(木綿の仕立上がり)
http://www.menz-kimono.com/tatebayasi2.html
外出着:和達人:39800円(絹の長着+羽織の仕立上がり、色柄を自分で選べる)
複数の店舗さんで扱っていますが一例として
http://www.52983.net/wk01.htm
礼装:シルック黒紋付:70000円前後(アンケート要望の絹とは異なりますが)
複数の店舗さんで扱っていますが一例として
http://www.rakuten.co.jp/asanoya/445371/468371/489847/535211/

上記の結果だけみると
業界は、我々の要望(ユーザーアンケートの結果)に答えてきたと言えます。

、、、で皆さん買ってますか(^^?
買っていれば「ユーザーから業界への要望は妥当だった」と言えますし
買っていないのであれば、ユーザーからの要望を見直さなければならない時期にきている
のかな?と思います。

買わない理由が金額以外にあるのであれば、その理由を具体的に述べたり
やはり金額にあるのであれば、金額を具体的に提示することも一つの方法だと思います。
一つの提示はかかげていますから、今回、金額を変更する理由も必要だと思います。

--------------------

私自身は1998年には、まだ着物を着ていなかったため
上記アンケートに参加していませんが
「男の着物大全の掲示板」をお借りして発言する以上は
筋?道理?を通す、主張を一貫する
必要があるのかなと思います(^^;これも個人の勝手な判断ですが

せっかくユーザーと業界をつなげる機会を得ても
具体的に提示されていない基準で意見を発言しても
「消費者の声に答えたのに、違うと言われた」
「業界は答えていない」といった
「すれ違いの悪循環」が発生しかねないとと危惧しています

田舎もんのトトロ様 引用
No.1105881741 - 2005/1/16 (日) 22:30:00 - SAKURA (男) -住所?- <seven@tigers-net.com>
*** Remote User < eatkyo068180.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

 皆様、はじめまして。自己紹介と質問のコーナーに書き込みをさせていただきまし
た。東京在住の猛虎と今はなき猛牛と、しなや藤、麻、木綿、紙などの植物繊維布を愛
するSAKURAと申します。最近は、トンビコートを手に入れて、とても気に入っておりま
す。そのトンビコートの事で質問をさせていただきました。よろしくお願いします。

 こちらの掲示板をあちこち眺めていて、お名前を拝見しました。人違いでしたら失礼
いたします。サッカー好きの方のお店で、時々「番頭モード」になるトトロさんでしょ
うか。しな帯のSAKURAです。覚えておいででしょうか。

 実は今度のサッカー割引で藤八寸まで買っちゃいまして、、、そんな時を狙って買い
物をしているわけではないのですが、、、店主様にもよろしくお伝えください。夏に
は、芯が入っていない自然布って本当に楽だと愛用しております。

 よそ様の掲示板で、私信ですみません。この広いネットの世界で知った方にお会いで
きるなんて偶然がうれしくて。

返信4 Res-No.4 麻紋付
No.1105881741.4 - 2005/1/30 (日) 23:54:34 - SAKURA (女) -東京都- <seven@tigers-net.com>
*** Remote User < eatkyo068180.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

 どうして京都国際会議場って駅からけっこうあるのでしょうね。国際会議場って駅な
のに。しかも、その時は、やんどころない方が御臨席なもので(だから行きたくなかっ
たのに!)、近道はブロックされているから遠回りしなくちゃいけないし、、、

> えっ、麻の紋付、あるんですか。
> もし、存在をご存知でしたら、教えてください。

 父や叔父が着ております。もしかしたら関西(の一部)だけの風習かもしれません。
全国的かどうかは自信ないです。

 着物の習慣と言うのはカルチャーショックが多いです。例えば、私には夫の家紋を使
うなんて考えられないのですが、東京ではそれが当たり前と聞いてびっくり(母娘で紋
が違うだなんて、気持ち悪いです)。着物の仕立てもくりこしが大き過ぎて(女性の場
合、衿をぬきます)玄人さんみたいやと、びっくりして、「そう言えば、東京ではえら
い衿を抜いた女の人が多いなあ」と納得したり。

 帯の仕立ての京風、江戸風の話は聞いていましたが、ほんとうにたくさんあって、驚
きです。そういう経験からも、こういう掲示板で伺えると、ありがたいと思うのです。

> 店長に、こういうのがあれば欲しいと、笑いながら、言ったのです。
> 絶対入手不可能というのがわかってましたからね。

 クリーム色は見たことがないです。薄い藍(ブルー?)です。自分のものではない
で、詳しくは知りませんし、弟の紋付きを作ったのが20年近く前の話で、今はどう
なっているのやら、?です。すみません。ただ、平織麻は神職の装束(と多分、僧侶の
衣も)用に一定数はさばけるから、生産中止ってことはないと思います(もしかした
ら、京都や奈良(の一部)だけで販売かもしれませんが、、、)。

> 残念ながら、桐生は絹が中心ですので、麻はどうでしょうか。

 すみません。桐生って着物の産地としか知らなかったです。そう言えば、麻って新潟
と宮古を聞きますが、他の地方は聞きません。あまりというか、ほとんど着物の産地こ
とは知らないのは身にしみて分かりました。本当は、着物を着るのならそれくらい知っ
ておかねばならないので、勉強足らずで、すみません。

> 先ほど、店長と電話で話しましたが、喜んでましたよ。
> もう泣いちゃうんじゃないかと。
> そう仰って戴けるお客さまにご購入戴いて、良かったと。

 そう言って下さるとうれしいです。セールでばかり買っているから、申し訳なくて。

> #決して、店長を苛めて、買い叩いたわけではありません。

 てっきり店長さんが根負けしたのかと。口には出さなくても、視線ビーム、とか。

> さすがに、ほんもの(伊勢型紙を使った手染のもの)の小紋ですと、
> 藤布の帯の価格にはなっちゃいました。
> これから先、入手できるかどうかわからないので、清水から、飛び降りました。(^
_^);;

お怪我はありませんか? (^_^)V

> 三尺(兵児帯)を見なくなってからでしょうね。

 三尺(兵児帯)とは絞模様のへらへらの一枚の布の帯のことですよね。短いのを子ど
もが使って、長いのは大人用。名前は知らないのですが、男の人はあれでも構わないか
ら、ずるいと前々から思ってた「あれ」ですよね? よく見るように思いますが、、、
 
> もし、三尺が普及していれば、パジャマ族はもう少し減っていたかもしれません。
> パジャマ族の救世主として、作務衣が普及しました。
> 三尺で、ウールや紬の着物という姿、もう20年も見てませんよ。

 帰省した時、文字どおり「ころがって」いました。座敷きに転がっていると<<邪魔
>>です。さすがに外出時には帯は着替えるので、家かよほど近所でもないとそう言う
姿は見ないと思います。だから、トトロさんも見ていないだけではないですか? 少な
くとも、家族がそういう格好で外をふらついていたらイヤですよ! それこそ娘に「お
とーさん、やめてーな」って感じです。

> ただ、一方で、よく聞くんですよね。
> 良い庖丁は、男の方が買ってくれるって。
> 男の趣味の料理用ではなく、一切料理できないで、奥様任せの人が
> 買ってくれるんだそうです。

おお、では、日頃の感謝の気持ちを込めて、奥様に良いお着物を!キャンペーンですね 

返信3 Res-No.3 男って、ケチですから。(^_^);;
No.1105881741.3 - 2005/1/25 (火) 20:20:58 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

>  しなや藤の帯ということは着物の方も麻や木綿、紬ですから、そういう着物生活は楽
> しいです。でも、楽しめない着物生活もありますよ。この夏も真夏の京都で、絽の訪問
> に絽帯、、、暑かったです。おまけに会議場が駅から少し遠いので、死にそうになっ
> た。。。

京都の夏は暑いですから。
会議場は国際会議場でしょうか。
確かに、遠いですねぇ。

>  男性なら麻の紋付もあるのにずるい。と、麻の絵羽付けを染めてもらおうと計画して
> るんです。絵羽小紋やつけ下げは、堅苦しいパーティはダメでも、ちょっとした集まり
> や国外でしたら、ね。桐生にしろ、産地ではそういう試はやっておられないのですか? 

えっ、麻の紋付、あるんですか。
もし、存在をご存知でしたら、教えてください。
実は、サッカー好きの店長と一緒に、越後上布の紋付を見ています。
明治の頃のもので、色はカスタードクリームのような色で、紋が染め抜かれていました。
それは、それは、見事な上布でした。
店長に、こういうのがあれば欲しいと、笑いながら、言ったのです。
絶対入手不可能というのがわかってましたからね。
男物も、もはや、礼装には夏物でも正絹との認識になってしまった時代、
仮に、上布の紋付があったとしても、却って、おかしいと思われるのが
関の山でしょう。

残念ながら、桐生は絹が中心ですので、麻はどうでしょうか。
実際、桐生の人は、関係者でも、麻のものの存在を知らない方、多いです。
私が小千谷を着ているのを見て、初めて見たと仰る方がほとんどです。
ですので、科や藤なんて、大抵の方はわからないです。
#呉服屋さんでも、一部のようですよ、あれらがわかるのは。

>  ただ、麻って難しいですね。顔料系ならいいけど、やはり染料系で、となると。ノリ
> で模様をおいて、地を染めるのもいいけど、正絹のノリは麻では使えないし、すでにど
> こかでやってたら良いなあとムシのいいことを考えています。

さすが。
男は、顔料、染料がわからんですよ。(^_^)
上に書きましたが、戦前から明治位まで遡れば、SAKURA さまの仰ることは
できてたのですけどね。今は、それがどれくらい可能なのか。

>  トトロ番頭さんのところのしな帯や藤の帯は、ん十万円の価格帯ですが、夏結城など
> の夏物だけではなく、久留米や薩摩綿にもあわせて、ほぼ年中着用してます。1回の着
> 用費用を考えたら、1/10か1/20以下ですよね。訪問着は帰宅したら着替えます
> から着用時間を考えるとその差はもっと大きいかと。おまけに、水にも強く、手入れが
> 楽。着ていても楽、、、ともなれば。。。

おぉ、着物を日割りする方が。(^_^)
私が行く工藝のギャラリーの方と同じですね。
器の価格を日割りする。
一客二万円のお椀でも、五年使えば、一年四千円、その一年で、毎日使えば、
11円足らず、高いでしょうか?と。
そうなのですよね、毎日、使うものほど、日常的に使うものほど、良いものを
使った方が得なのですよね、気分もよろしいし。
澤村 貞子さんが紬の良いものをお召しだったのも、そのような理由と
伺っております。でもね、そういう人って、少ないですよ。
先に、清酒の話を書きましたが、さすがに、一升一万円の大吟醸ではなくとも、
一升三千円位のお酒を飲んでる人でも、肴、器は構わないという方、多いですよ。
特に、器に至っては、それを買う位だったら、他の酒が買えると。(^_^)
柳 宗理さんデザインのガラス製の猪口で呑んでいたら、上等です。
これも、酒屋さんに貰った物だったりしてね。
#私も、以前は、そうでしたよ。

>  庶民は安いものを着ていたはずなので、安い着物を普段着に欲しいという理論も一理
> あるとは思います。でも、本当にそうでしょうか? 蚕や木綿、麻と言う原材料の育成
> や確保、糸紡ぎ、手織、手染めと1枚の布を手に入れる手間を考えると、相当な価値で
> はないかなあと思います。ただ、枚数を持ってはいなかったのではと。

先ほど、店長と電話で話しましたが、喜んでましたよ。
もう泣いちゃうんじゃないかと。
そう仰って戴けるお客さまにご購入戴いて、良かったと。
私が書きましたものは、機械織のものがほとんどですから、
あのくらいの価格で何とかなるようです。
#決して、店長を苛めて、買い叩いたわけではありません。
さすがに、ほんもの(伊勢型紙を使った手染のもの)の小紋ですと、
藤布の帯の価格にはなっちゃいました。
これから先、入手できるかどうかわからないので、清水から、飛び降りました。(^_^);;
#さっきも、○八○云々と電話したところだったのです。
#お金持ちが羨ましい。。。

>  それから驚いたのが、男性って、そんなにも着物を着ないものかなあと。家に帰った
> らスーツなんかぬいで、着物や作務衣など楽のなかっこうをなさらないんですか? 
> 「24時間闘えますか」「プロジェクトXの日々」では、皆さんのお身体が心配です。

どちらかというと、こちらの方々が多いと思います。
で、皆、家に帰って、パジャマに着替え、寝るだけ。
残業40時間は少ない方かも。そして、通勤時間を入れたら。。。

>  父は職業上極端にしても、叔父も弟も、家に帰ったら、作務衣か着流しでふらふらし
> てます。それに連中が着付け上手とは思えません。紋付や装束などの礼装は一人では着
> ていませんでした。普段着だとそんなにたいそうに考えることもないのではと、、、

三尺(兵児帯)を見なくなってからでしょうね。
もし、三尺が普及していれば、パジャマ族はもう少し減っていたかもしれません。
パジャマ族の救世主として、作務衣が普及しました。
三尺で、ウールや紬の着物という姿、もう20年も見てませんよ。

>  勝手なことを申してすみません。なんだか、皆さんがあまりに極端なことばかりおっ
> しゃているような気がしまして。

極端なことはわかりやすいですからね。

いずれにせよ、男は、着物に限らず、高額(というのも幅がありますが)な衣類は
買ったことがない方が多いのは確かです。
#お洒落な人だけですよ、本当に。
#また、衣類に限ったことではないですが。
吊るしのスーツをお直しするのが大多数でして、誂えなんてしたことない人が
ほとんどでしょう。
私の場合、20年前、体型の問題で、イージーオーダーをしてました。
今は、大きなサイズも増え、オーダーする必要は少なくなりましたが、
着心地はまったく違いますね。これも、8万円未満ですから。

ただ、一方で、よく聞くんですよね。
良い庖丁は、男の方が買ってくれるって。
男の趣味の料理用ではなく、一切料理できないで、奥様任せの人が
買ってくれるんだそうです。

せめてもの感謝なんですかねぇ。

まとまりませんが。

では、ごめんなさい。


返信2 Res-No.2 やはりトトロ番頭さまでしたよね
No.1105881741.2 - 2005/1/23 (日) 22:12:20 - SAKURA (女) -住所? - <メール送信>
*** Remote User < eatkyo068180.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC) >

 しなや藤の帯ということは着物の方も麻や木綿、紬ですから、そういう着物生活は楽
しいです。でも、楽しめない着物生活もありますよ。この夏も真夏の京都で、絽の訪問
に絽帯、、、暑かったです。おまけに会議場が駅から少し遠いので、死にそうになっ
た。。。

 男性なら麻の紋付もあるのにずるい。と、麻の絵羽付けを染めてもらおうと計画して
るんです。絵羽小紋やつけ下げは、堅苦しいパーティはダメでも、ちょっとした集まり
や国外でしたら、ね。桐生にしろ、産地ではそういう試はやっておられないのですか? 

 ただ、麻って難しいですね。顔料系ならいいけど、やはり染料系で、となると。ノリ
で模様をおいて、地を染めるのもいいけど、正絹のノリは麻では使えないし、すでにど
こかでやってたら良いなあとムシのいいことを考えています。


 別スレッドでびっくりしましたが、私の想定価格はずいぶんと違います。

 訪問着を50万で誂えた時は値段に見合った価値があるかどうか悩みました。50万
を3回/年X30年使用するとしても、5555円/回。

 トトロ番頭さんのところのしな帯や藤の帯は、ん十万円の価格帯ですが、夏結城など
の夏物だけではなく、久留米や薩摩綿にもあわせて、ほぼ年中着用してます。1回の着
用費用を考えたら、1/10か1/20以下ですよね。訪問着は帰宅したら着替えます
から着用時間を考えるとその差はもっと大きいかと。おまけに、水にも強く、手入れが
楽。着ていても楽、、、ともなれば。。。

 庶民は安いものを着ていたはずなので、安い着物を普段着に欲しいという理論も一理
あるとは思います。でも、本当にそうでしょうか? 蚕や木綿、麻と言う原材料の育成
や確保、糸紡ぎ、手織、手染めと1枚の布を手に入れる手間を考えると、相当な価値で
はないかなあと思います。ただ、枚数を持ってはいなかったのではと。

 もちろん、一部のお店みたいに、暴利は嫌ですよ。

 それから驚いたのが、男性って、そんなにも着物を着ないものかなあと。家に帰った
らスーツなんかぬいで、着物や作務衣など楽のなかっこうをなさらないんですか? 
「24時間闘えますか」「プロジェクトXの日々」では、皆さんのお身体が心配です。

 父は職業上極端にしても、叔父も弟も、家に帰ったら、作務衣か着流しでふらふらし
てます。それに連中が着付け上手とは思えません。紋付や装束などの礼装は一人では着
ていませんでした。普段着だとそんなにたいそうに考えることもないのではと、、、

 勝手なことを申してすみません。なんだか、皆さんがあまりに極端なことばかりおっ
しゃているような気がしまして。

返信1 Res-No.1 着物での生活をお楽しみのようで
No.1105881741.1 - 2005/1/17 (月) 18:57:59 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です、田舎もんのトトロです。

SAKURA さま、いらっしゃいませ。
まさに、番頭さんになる田舎もんのトトロでございます。

書き出し、そして、結びまで、同じ書き方ですから、
同一であることはすぐにお分かりになられるだろうと
思います。

科布、そして、藤布をお買い上げ戴き、ありがとうございました。
店主に成り代わりまして、改めて、御礼申し上げます。(^_^)

サッカー好きの店主ですが、科布や藤布のような古代布に興味をお持ち戴き、
なおかつ、ご購入戴きましたことに感謝しておりました。
あのような、日本の服飾文化に根付いたものは、ご理解戴くのも、また、
販売するのも難しいものでございます。
SAKURA さまがご購入後、店主の目に適うものがないのか、
古代布は未入荷となっておりますが、今後も、店主の感性に従った商品集めを
すると思いますので、店舗を覗いて戴ければ幸いです。
男の着物につきましては、身長約180cm、体重85Kgと77Kgのマッチョ系二人が
あぁだ、こぅだとのたまいながら、いろいろ試しております。

実は、私があの呉服屋さんと出逢ったのも、こちら「男のきもの大全」のリンク
からだったのです。
もし、リンクを探し、辿ってなかったら、今の着物生活はありません。
ですので、その恩返しと致しましても、こちらに書き込ませて戴いております。
そして、また、番頭の武者修行にもなっているかもしれません。

では、ごめんなさい。

こんなこと、ご経験ないでしょうか? 引用
No.1105792816 - 2005/1/15 (土) 22:03:20 - ぶりぶりぎっちょう (女) -神奈川県
*** Remote User < ntkngw156050.kngw.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; nifty) >

遅ればせながら、明けまして、おめでとうございます。
トップ・ページから、掲示板の使い方などを見ましたら、「きものを着てみて、楽しかったこ
と、悲しかったこと」というのがあり、体験談をひとつ。

つい最近、雨なのに、どうしても着物で出かけなくてはならないことがありました。
着物の上から雨コートを着用、底にはゴムを張ってある右近下駄を履き、替え足袋と草履を持っ
て出かけました。
待ち合わせの場所に到着したところ、友人Aが開口一番「何その下駄?」
私「草履は、この袋の中に。何か問題?」
A「先方に失礼よ。」
私「ホテルのお化粧室で、履き替えるつもりなのよ。」
A「そんな格好で来るくらいなら、洋服でくればいいのに。」
私「色留を着て来るように頼まれているのよ。」
幸いにも、Aとは、子供の頃からのつきあいですので、忌憚のない意見を出し合う仲です。

その時思いました、全くの他人様がこんな調子で何か仰有ったら、着物を着て出かける意欲を失
いますよね。

皆様、そんなとんでもないご経験は、ないのでしょうか?

返信6 Res-No.6 最悪の事態は、避けられました
No.1105792816.6 - 2005/4/9 (土) 17:15:05 - 着物研究タナカ会会長 (男) -熊本県- <ta815@docomo.ne.jp>
*** Remote User < gd202157052104.u6b.kcn-tv.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

(添付1) 1105792816.6.1.1.jpg
ぶりぶりぎっちょうさん、今月6日の開講式も、色々心配されていたとは思いますが、どうにか着物(もちろん袴つき)で出席(と表現して良いのかな)することができ、ボランティアで着付をして下さる講師の方も『一人で着れるように上達したようだね』と私に有利なコメントをして下さいました。実は一番恐れていたこととして投稿したのは、着物への熱意が40%を下回っていましたから、ボランティアで着付をして下さる講師の方に『何よその着物』と言われるのだけは嫌だったのです。もしそうなれば、もう着物への熱意がなくなる所でしたから、最悪の事態は避けられました。これから先のことは15日以降でないと決定できませんが、着物への熱意も80%にまで回復しました。もちろん「そんな格好で来るくらいなら、洋服でくればいいのに。」と言うべきでないですね。

返信5 Res-No.5 私が一番恐れていることです
No.1105792816.5 - 2005/2/6 (日) 20:44:00 - 着物研究タナカ会会長 (男) -熊本県- <ta815@docomo.ne.jp>
*** Remote User < gd202157018226.u65.kcn-tv.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

失礼なレスだろうかも知れませんが、そこの所は勘弁して下さい。ぶりぶりぎっちょうさん、大変でしたね。実は私も同じように周りから言われるのではないかと、一番恐れていることなのです。ここ数年、文化祭で着物を着れる時間が短くなり、着物を着れる年間着用日数も少なくなったので、着物を一人で着れるようになる方法と、着物を着れる年間着用日数を増やす方法を模索している所でございます(スキャナがないので、一昨年の秋に試着した時の画像を添付できないのは痛いけど)もし文化祭以外に着物を着た時、先月15日のレスにあったような調子で言われたら、もう私だって着物を着る意欲を失いますし(今は着物を着たいと言う意欲がピーク時の40%しかない)文化祭にさえ行く気がしなくなりますよ。私もぶりぶりぎっちょうさんの二の舞にならないことだけを祈っている所ですが、これ以上着物を着る意欲を下げたくないので。

返信4 Res-No.4 そうですね
No.1105792816.4 - 2005/1/23 (日) 10:23:46 - ぶりぶりぎっちょう (女) -神奈川県
*** Remote User < ntkngw156050.kngw.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; nifty) >

皆様、レス有難うございます。

友人には「またぁ?相変わらず、ポンポン言うわね。」と言い返せる仲ですので、一向に問題あ
りませんが、これが、他人様であれば。。。と思うとゲンナリします。
数少ない海外経験では、男性も女性も、面と向かっては、まず褒めます。そして、会話を発展さ
せていくのが、常です。自分の自慢もうまいので、人を褒めるのもうまい、というのが、日本の
文化とちょっと違うところでしょうか。

早坂様の仰有るように、
 >日本人はいつから特定の思い込みにも似た暗黙の了解を常識として認知するように
  なってしまったのか

 >本当に考えなければならないのは、相手を思い尊び、自分も大切にすることのできる
  心の持ち方とはどういうことを言うのか、そしてそれをいかに実践できるかではないか
  と考えます

本当に、キモノ・ライフを通じて、ちょっとずつでも、

 >微妙な誤解とも言える世間の目とのすれ違いを修復

できれば、素敵ぃ、と思っております。

返信3 Res-No.3
No.1105792816.3 - 2005/1/18 (火) 23:32:18 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm035095.hrsm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

ぶりぶりぎっちょうさん、こんにちは。ほんとになんだか悲しいご経験ですね。

着物での苦労は皆さん相変わらず色々とあるようですが、このような精神的苦労が一番
心苦しい思いのする部分ですね。ここで紹介いただいたケースでは、万全の準備と心遣
いで臨んでおられたのに「失礼では?」と言われた時のお気持ちが手に取るように解り
ます。どうして褒めてくれないの?と言い返したくなるくらいかとお察し致しますが、
この種のお話は今でも後を絶たず相談事としても私の元に寄せられておりますが、その
都度感じることは、和服洋服という事象に関わらず、日本人はいつから特定の思い込み
にも似た暗黙の了解を常識として認知するようになってしまったのか、です。

何故失礼に当たるのか、その理由は何なのか、そしてそれは誰が決めたのか、恐らくど
なたもそこまでの説明はできないように思います。風俗衣装は時代と共に考え方も取り
合わせも次々と移り変わっていることもまた事実ですし、比較的最近の事例とも言える
昭和初期においても、結婚式や法事などの式事に、紋付袴に二枚歯の下駄姿の写真など
珍しくありません。これらのことに対する考え方や価値判断は様々ですが、本当に考え
なければならないのは、相手を思い尊び、自分も大切にすることのできる、心の持ち方
とはどういうことを言うのか、そしてそれをいかに実践できるかではないかと考えま
す。着物を真剣に着ていれば、自然とそうしたことをより身近に感じることができるは
ずではないかとも思うのです。

ぶりぶりぎっちょうさんの取られた行為は、まさに着物を真剣に着ている人だからこそ
のものだと思います。ご友人の発言も決して他意があってのことではないのだと思いま
すので、これからも着物を楽しく着て下さい。そして一緒に少しずつでも微妙な誤解と
も言える世間の目とのすれ違いを修復していきましょう。

返信2 Res-No.2 洋服でも同じなんですけどねぇ
No.1105792816.2 - 2005/1/18 (火) 14:24:01 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 18.net059086082.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

私は洋服で、お式が雨だったときに、雨用のビニール靴を履いていき、化粧室で、よそ
ゆき用のハイヒールに履き替えました。このハイヒールは、高級品で靴裏が本皮なの
で、雨の戸外を歩くのは不適切なのです。洋装でさえ、雨の日にはこうするのですか
ら、着物でも雨用履物で来るのは至極当然でしょう。

また、着物の「雨コート」という裾までのコートは着物自体を知らない方には存在その
ものが認知されていないようです。シフォンのドレスなどで会場に行く際にはコートが
必然とわかっている一方、着物にはコート類を着ないものだと思っていらっしゃる方も
多いのです。ですから「コートまで着て、雨草履にしてまで、着物を着てくることなん
てないのに」と思われたのだと思います。

雨の日の着物に関しては、着物通である人でさえ「湿気るから、着るものではない」と
いうお考えの方もいます。例えば、私の母がそうです。ちゃんと雨コートは持っていま
すが、出るときから雨の場合は、絶対に着物は着ません。

返信1 Res-No.1 ギター侍!?
No.1105792816.1 - 2005/1/17 (月) 01:23:38 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 この間、知り合いの会社の事務所開きに行ったとき、着物姿とい
うだけで仕事仲間の娘子どもに「ギター侍だぁ〜。何でギター持っ
てないの」って言われてしまいました。

 TVメディアの影響力ってすごいです。

 ちなみに、あの波田陽区さん、着物の下に襦袢着てないんですね。
ある特番のときにはだけて判明しました。私としてはどんな襦袢着てるか
期待していたのですけれど・・・。

 それでは、また。

謹賀新年 引用
No.1105622153 - 2005/1/13 (木) 22:31:58 - murai (男) -静岡県- <info@kuzufu.com>
*** Remote User < p068.net108.tnc.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC) >

あけましておめでとうございます。今年も着物をたくさん着るぞと思っています。
年末30日に伊豆長岡の温泉で忘年会に着物着ていきました。男同士の飲み会なので着物
でも余り目立たないし、なにせ温泉入ったら、全員浴衣に半天ですから・・
 正月元旦はやはり着物で初詣。娘にも曾おばあさんが着ていた半振り袖を着せて、中1
の息子にもウールの着物着せて 記念写真撮りましたよ。
 2日にはベトナムと中国の留学生が年始に来ました。もちろん私たち夫婦は着物でお迎
え。 彼らも着物に大変興味を持った様なので、着付けてあげました。
一緒に撮った写真は私のHPにアップしていますのでご覧下さい。
http://www.kuzufu.com/diary12.htm
 では 今年もよい着物環境になりますよう!!

あのー 引用
No.1105537903 - 2005/1/12 (水) 22:52:55 - ミンサー (男) -住所?
*** Remote User < yahoobb220011168131.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

このHPでもリンクされている褌屋さんは
ちゃんと営業しているのでしょうか?メールを出してもずっと返信されないのですが、
どなたかご存知の方いますでしょうか。。。
よろしくです。

返信2 Res-No.2
No.1105537903.2 - 2005/1/16 (日) 23:05:05 - ミンサー (男) -住所?
*** Remote User < yahoobb220011168131.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

返信ありがとうございます。
まだ連絡ありません・・・
注文後にいつぐらいに届きますか?とメールしても返事が無いので
とりあえずキャンセルしようかなと。
どうもお騒がせしました。

返信1 Res-No.1 回し者ではありませんが.....
No.1105537903.1 - 2005/1/15 (土) 20:31:27 - masked_man (男) -京都府
*** Remote User < yahoobb219029004043.bbtec.net - Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; U; PPC) >

褌屋さんについて

連絡ありました??

現在ひじょーに混んでいるらしいのです。
メールエラーということも考えられますが、再度メールされてみて、しばらくお待ちに
なってみてください。

 #メールの返事が余りに遅い場合は考えものですが.....


着物と歴史&社会 引用
No.1105455560 - 2005/1/12 (水) 01:32:21 - お祭り好きの電気や (男) -住所?- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 皆さんのレスを読んでいますと、着物を知ると結構歴史や社会にかかわる
事項が多いことに気が付きました。

 最近の公開FAQに「附子」の話が出てました。そういえばそんな話が
あったなぁーと思いつつ読んでおりました。

 附子とはもともと「近づいただけで死に至らしめる毒物」のことで、勿論
これが書かれた当時は架空の物質だったわけですが、科学の進歩と悪用とは
恐ろしいもので、「サリン」に代表される毒物が現在では存在します。

 ちなみに言葉は悪いですが、人をけなすときに使う「ブス」はこれからき
ています。「近づくのもはばかるほど(ブサイク)」という意味です。

 で、とある和尚さんが貴重な黒糖を弟子になめられないようにと「絶対近
づくな」と言いつけるために附子という毒物だと説明したがために騒動と
なるお話。

 この滑稽な物語を再現するために裃を作ってみたいとの事。文学の授業っ
て興味そそらないと結構退屈だったりしますけど、これはトビキリの刺激にな
るのではないでしょうか。

 一方、着物のクリーニングの話になると出で来る「洗い張り」。着物に縁
の薄い人ですと、何のことだか分かりませんよね。私も学生時代、江戸時代の
1シーンで洗い張りの画を教科書で見かけましたが、当時はよく意味がわか
りませんでした。「解き洗い/仕立て直し」を知らないのに解説無しで「こ
れが江戸時代の洗濯です」といわれても分かるはずがありません。FAQ
でも「そういうことだったんですか・・・。」というレスを見かけます。

 最近の私の質問でも、つい、戦争統治の話に脱線しました。
(レス131「反物の幅/裄について」)そして、田舎もんのトトロさんの書か
れていた紡績業界の変貌。そういえば昭和40〜50年代は高度成長期からさら
に機械、科学産業にシフトした時代で、繊維工業は減っていった時代ですね。
教科書で見ていたときは、「日本は科学技術で飯を食っているんだから、そん
なモンだろう」と思っていましたが、着物をきっかけに違う角度で見ると、
苦労している人や、消えかがっていく文化や技術といったところで、無碍には
出来ないなと思いました。(繊維工業等は重化学工業よりもローテクだと思っ
ていた訳です。誤解をお詫びします。)

 衣、食、住というだけあって、いつの時代にも着物は時代の中にあります。
そして、生活の中にも・・・。

 よく、「着るものに体を合わせろ」なんて昔の人は言ったりしますが、
私としては「そんなの物理的に無理だ」と思っていました。しかし、これが
着物の世界ではほんとにそうらしく、着付けで何とかなる部分もあるようです。
そういえば祭り半纏や印半纏も肩とすそをちょっと縫って押さえることで、
子供にも着せることが出来たりします。洋服ではこうは行きませんね。

 「懐が寒い」「無い袖は振れぬ」「帯に短したすきに長し」「*足のわらじ」
等、ことわざなどの中にも着物の話が・・・。

 さらに詳しい人なら地名と反物が連想でリンクすることも多いでしょう。

 着物を知ると、色々薀蓄が増えるような気がします。「伝統文化」と肩を張
らなくても、長い歴史の中で、培われたものがあるのですね。考えてみれば
私たち日本人の歴史では洋服を着るようになってからのほうがはるかに時間が
短いのですから、それは当然かもしれませんね。

  それでは、また。

謹賀新年 引用
No.1105371384 - 2005/1/11 (火) 01:13:56 - 五右衛門 (男) -山口県- <kahn19810727@jcom.home.ne.jp>
*** Remote User < 61-22-169-116.rev.home.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

早坂様および着物愛好家の皆々様、明けましておめでとうございます。
未熟者ではありますが、本年も宜しくお願い申し上げます。

以前、こちらで『友人と着物で年始参りに』という事を書きましたが、
その事後報告をさせていただきます。

『和装生活日記』で早坂様が仰るとおり、他人への着付けは難航を極めました。
幸いにも友人の着付けは無事に終わったものの、今度は私の着物で問題が。
確認不足だった事もありますが、何と長着と長襦袢の丈と裄がバラバラだったのです。

何せ祖父の形見である着物一式でしたので、『せめて着るなら年始までは』と思い、
大切に畳紙に包んでおいたのが裏目に出てしまいました。
仕方なく着付けを終えた友人に頼んで着物を脱いでもらい、着付けに使った
腰紐を借りて襦袢の裾丈を合わせました。
また、裄の関係で袖からだらりと出てしまう襦袢の袖は、常に袂に手を入れて
袖がはみ出ないようにしました。

色々と苦労はありましたが、おかげでその友人は着物に興味を持ってくれたようで、
『来年も着物で年始参りを』と意気揚々としておりました。
これも全て、早坂様および着物愛好家の皆様のおかげと存じます。
まだまだ若輩ではありますが、これからも色々と勉強をさせていただきます。

はじめまして 引用
No.1105326648 - 2005/1/10 (月) 12:19:55 - じじ (女) -愛知県- <jizi@uu.openbit.net>
*** Remote User < 143.125.99.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95) >

普段着物のHP探してみても、早坂さんのしかヒットしないんですよねー(業者さんのは別とし
て)。私は毎日着物で暮らしています。女性の着物仲間も欲しいです。名古屋は比較的着物を手
に入れやすいんですよ。古着屋さんもあるし、問屋街もありますし。
着物、もっと自由に着ていいと思います。ウールや綿の着物もばんばん着てますよ。
ところで着物で家事をするとき困ったことなどありませんか?私はそういうのを集めて女性版相
談屋さんになれたらいいなーと思ってます。知識はあまりありませんが、皆で考えていけたらい
いんじゃないかしら…。
マニアにならなくていいんです。洋服と同じ感覚で着物を楽しめればいいと思います。
よろしくお願いします。

返信4 Res-No.4
No.1105326648.4 - 2005/2/2 (水) 14:07:03 - Lee (女) -福岡県
*** Remote User < yahoobb220060088078.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

おほめいただきありがとうございます。

今は九州に住んでいるのですが、子どものとき愛知県に居て
大須のスケートリンクに行ったことあります。あの近くの
商店街のことかしら?昔からの商店街らしい佇まいだったので、
そういえばなんだか掘り出し物がありそうな雰囲気だったかも!

返信3 Res-No.3 Leeさんへ
No.1105326648.3 - 2005/1/20 (木) 13:06:28 - じじ (女) -愛知県
*** Remote User < 146.125.99.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95) >

Leeさんの着物かわいい!
ほんとに着物姿が少ない世の中ですものね。でも私は楽しんでますよ。ストレスはお財布の中身
くらいかな(^^;)。でも一度作ってしまったらずーっと着られるし、結果的には経済的にな
ると思うのですが…。
名古屋でしたら大須商店街の末広屋さんという古着屋さん、お勧めです。ネットでも売ってま
す。私の見るがぎり、お安く安心品質で出ています。ご主人は誠実な方ですから。「suesa
n」で検索すればお店に到達できます。
私は職業柄大学生を相手にすることが多いのですが、今年2人の男の子が着物にチャレンジしま
した。二人とも末広屋さんでウールのアンサンブル、長襦袢、羽織紐などで六千円くらいにして
もらえました。一人は着物で通学してますよ。

返信2 Res-No.2 周囲の反応
No.1105326648.2 - 2005/1/15 (土) 13:01:20 - Lee (女) -福岡県
*** Remote User < yahoobb220060088078.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

(添付1) 1105326648.2.1.1.1.jpg
はじめまして。Leeと申します。

1/8ごろに、着物で神社に行きました。
(一緒に居た夫はジーパン。)
少し後ろを歩いていた30代夫婦(推定)が
妻「初詣って何日まで?」
夫「三日か四日」
妻「なんで○○○なの?」
夫「さぁ…」
という会話を交わして、「○○○」のところ私の耳で
聞こえた限り「なんで着物なの?」だったので
『え?!あたし?!』と大変びっくりしました。
何月何日に着たっていいんじゃないですかねぇ。
インテリア用の布で自作したなんちゃっト着物を
自己流着付けで着てたのですけど、
そんなに素敵だったかしら(笑)。
写真の着物に毛糸のショールでした。

早坂さんじじさんはじめ
ふだんから和服で生活してる方はきっと、いろんな
ストレスを乗り越えて来られたのだろうなぁと
尊敬の念を覚えた次第です。
でもこちらの皆様はご自分のペースで
着物ライフ楽しんでいらっしゃいますね!

去年こちらの質問掲示板に男物の浴衣について質問させて
いただいて、その後の経過をご報告していないのですが
実は途中で夏が終わってしまいペンディングしています…。
今年は夏前に完成させて夫と二人で浴衣を着て
近所のお祭りにでも出かけたいと思います。

返信1 Res-No.1 本年もどうぞよろしく。
No.1105326648.1 - 2005/1/10 (月) 22:29:55 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm035095.hrsm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

(添付1) 1105326648.1.1.JPG
じじさんはじめまして。
そして皆さん、遅まきながら新年おめでとうございます。
実はこのお正月、トップページに謹賀新年の画像をアップ
したところで自宅PCのハードディスクが故障してしまい、
年初のご挨拶も書き込めないままとなっておりました。
この連休でようやく復旧した次第です。
それはともかく・・・

「洋服と同じ感覚で着物を楽しめればいい」というお気持ち、
まさに同感です。どんなふうにすれば、それを実感してもらえるのか、
私もずっとそればかりを考えているような気がしています。

好きな言葉の一つに「心程の世を経る」というのがあります。
人は心の持ち方一つで境遇も人生も未来さえも変わるもの。
着物の楽しみや感慨も、男女共通の事柄がきっと多いはず。

今年も心から嬉しくなるような着物生活を一緒に楽しみましょう。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

遅れましたが 引用
No.1105283667 - 2005/1/10 (月) 00:17:08 - Shin-rine (yk_ehmjp) (男) -愛媛県 - <メール送信>
*** Remote User < yahoobb221085163145.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1.1.4322) >

明けましておめでとうございます。
今年は、着物で写真という新企画を目論んでいます。
これで、着物=動きにくい=撮影には向かないという固定概念を覆します。

今年もよろしくお願いします。

新年御慶 引用
No.1105041723 - 2005/1/7 (金) 05:36:50 - 朝路真行 (男) -住所?
*** Remote User < pdd9562.kobeac00.ap.so-net.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98) >

 新玉の年明けて、七日正月となり、遅まきながら御挨拶申し上げます。

 さて、質問コーナー『反物の幅/裄について』のレスに於いて、優妃 讃良さん、田舎もんの
トトロさんの大変興味深いお話を拝読させていただきました。
 織元さん始め、供給する側皆さんの御苦労が伝わってまいります。私の遠縁に染物を生業とす
る者が居りましたが、『染める物がない』『色が出ない』と申して廃業いたしました。もうかれ
これ20年も前になるでしょうか。
 材質の変化、水質の悪化と言うこともあったでしょうが、化学染料の劇的進歩や後継者不足、
流通機構の激変と言う問題などが重なって、廃業を決断させたのでしょう。
 このような現状が完快されることを願って止みません。

 本年も、御両所が投稿されたような一般的にはなかなか流布されないお話をこのHPで賜り、
勉強させていただこうと存じます。何卒本年もよろしくお願い申し上げます。

全498件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 19 20 21 22 23 24 25 ]


最大500件保持 | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.21