アクセスカウンタ

「男のきもの大全」掲示板へようこそ。ご利用上の注意事項をご一読の上、楽しくご利用下さい。

過去に設置していた掲示板の内容は、以下のリンクから参照のみ可能です。
1998〜1999年まで設置の掲示板はこちら、2000〜2002年までの掲示板はこちら




全 498 件 [ 123456789101112131415161718192122232425 ] [最新の状態] [ホームページへ]






ページ 20 (381〜400)
羽織の位置づけがわからなくなってきました… 引用
No.1102207248 - 2004/12/5 (日) 10:16:03 - ぬのくま (男) -神奈川県
*** Remote User < ntkngw162169.kngw.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322) >

 FAQでの羽織の着脱の話を読んでいて…こっちの方がよさそうなのでお引越し。

 羽織の有無は難しいですね…確かに舞台では付けないようですし(踊りはしないので理
由は不勉強で申し訳ありませんが)。
 茶席で羽織を脱ぐのは、もともとは侘の精神から来たものではないかと思います。日常
性を求めた結果ではないかと。それが徐々に「茶の世界では身分が云々」というように解
釈が拡大されてきたように思います。

 そうなると、そもそもの「羽織」というものの位置づけが何なのか、という問題に突っ
込んできてしまいます。もちろん、洋服と対応関係を結べないのは充分承知の上であえて
話をします。

 もともと長着は小袖の改良。小袖の位置づけは今で言うならばシャツのようなものであ
るとすれば、その上に着るものは何か、と。
 装束や服装史に詳しい方のフォローがあれば幸いですが、鎌倉期以降、女性の場合は打
掛。男性の場合は広袖の衣服(直垂とか)ですよね。これが桃山期まで続いた後、それま
で外套だった羽織というものが表舞台に出てくることに…
 女性の場合は羽織は外套のままの位置づけからあまり変わっていませんが、男性の場合
は同じく外套なんでしょうか? 男性の場合は直垂に変わるものとしての裃や羽織… こ
ういう出自を考えると、男性の羽織はむしろ上着に近いように思います。

 洋服との対応といえば、ものの本で読んだことがあるのですが、以前、ある作家が洋行
したとき、レストランに着流しだと断られ、袴を付けていればOKだったそうです。和装
のドレスコードを知らない彼らの判断は袴=ズボンだったのではないか、というのがその
本の記述でした。そういえば…黒紋付の礼装の世界では、黒紋付=ジャケット、羽織紐=
ネクタイ、仙台平の袴=モーニングで履くコールパンツに見えなくも無いか…というより
も、そういう対応付けを明治期に図ったのではないかと思えます。

 正装のドレスコードは確立していますが、よそいきの部分の男性の着物のあり方は非常
に曖昧なところがありますね。まあ、FAQの事例のような場合、袴は付けていったほう
が場の状況に合わせてどちらにも対応できる(羽織を脱いでも失礼にならない)のかな、
という気もします。

返信2 Res-No.2 いろいろ考えるのは楽しいことですね
No.1102207248.2 - 2004/12/13 (月) 04:53:22 - 朝路真行 (男) -住所?
*** Remote User < pdd1f3f.kobeac00.ap.so-net.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98) >

 ぬのくまのさんのご高察、大変興味深いですね。優妃 讃良のお話も楽しく拝読させ
ていただきました。以前にも羽織のことなどで投稿しました折にも、諸説紛々のお話を
読ませていただき大いに為になったことがありました。私も「どうして茶席には羽織を
脱ぐのか?」と疑問に思い、その道の古老の方にうかがったことがあります。
その方曰く『利休さんの時代には羽織がなかったからですよ』とのこと。
補足すれば『羽織そのものがなかったのではなく、現代のような羽織の概念がまだ
確立していなかった』ということでしょうか。長い歴史のあるものですから、
その時々で先人たちが「良かれ」と思い積み重ねてきた結果なのでしょう。

 優妃 讃良さんが、羽織の由来を書かれているので、私は色んな方から聞いた
お話をいたしましょう。羽織を外套類とするのか上着とするのか?ということですが、
質問のコーナーでも書かれていましたが、紋があるか無いかで区別するのがやはり
一般的のようですね。ではなぜ紋があるのが上着なのか?

 これには主に3つの説があって、1つは明治になって裃が廃止されてそれに代わる
ものとして。2つには下級武士(裃着用が許されていない)が、幕末に活躍したため。
3つには、裃が着れなかった庶民の晴れ着として。などなど・・・
やはり、明治期に無官無位の正装に紋付袴を制定したのが一番の原因のようですね。

 ある時、昭和の歌舞伎の名優が『いかなる時も上着は脱いではいけない。例え相手
から勧められても脱いでは失礼だ』と語っていました。
その理由として『一旦、きっちりと身に着けたものを崩すのは行儀が悪い』とのこと。
言われてみれば、洋服でもネクタイが緩んでいるだけでもみっともないものですから、
納得できますね。
 嘘か誠か、かの浅野内匠守も松の廊下で羽交い絞めにされた時、初めて声を発した
のは『装束を整えたい』と言ったとか。

 噺家さんの世界では羽織は重要ですよね。前座は舞台で着ることも許されず、
二つ目になって羽織が着れ、真打になってやっと羽織袴ででも舞台に出れるように
なる。と、これは江戸落語界の決まりですが、真打制度のない上方落語界では
『金さえあれば着れる』とのお話。(笑)
 高座でどうして脱ぐのか?と言う理由は『お客さんの気を変えるため』とのこと。
噺に入りましたよと言う合図程度のことだそうです。
記憶している限りでは、先年他界した柳家小さん師は、晩年ほとんど羽織を脱ぎま
せんでしたね。

 同じ古典の世界で、日本舞踊の素踊りは、男子は基本的に紋付袴で行いますが、
あれも明治以降の形ですし、上方舞の吉村雄輝さんは着流しで舞う型を作りましたし、
能狂言の世界でも、仕舞は裃姿が基本であったりと・・・
どうも芸能の世界では、羽織の出番は無いようですね。

 服飾の先生から「和洋、時代に拘らず、正装の基本は『下着・中着・上着・
袴(ズボン)』の4点が揃っていなければならない」と教授されました。
言われてみれば当たり前のこと。あの何枚も重ね着する十二単衣でさえ、
基本はこの4点だそうです。

 最近の忘れられない言葉に、美輪明宏さんの『寝室文化』というのがあります。
処かまわず座り込むことも、着崩したスタイルも、それはどこでも自分の寝室のよう
に思っている、公私の区別が希薄になったからだ、というものです。
 規則で雁字搦めにしてしまうのも如何なものかと思いますが、
新しいドレスコード、服制規定なんてモノを考えてみる時期なのかもしれませんね。

 毎々、長文散文御容赦御容赦。

返信1 Res-No.1 羽織の由来
No.1102207248.1 - 2004/12/11 (土) 12:01:02 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 205.net219106195.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

羽織の由来は、「道服」にあると言われています。
元々は僧侶が着ていた衣類なのですが、公家が室内着として狩衣などの代わりに着用す
るようになり、そこから形状の改良が行われたようです。
被服史の中でも意外と曖昧な由来のようです。

小袖の起源は二系統あり、一方は庶民の衣類でした。庶民は今で言う着流しで暮らして
いました。他方が公家の下着として。
公家の方は小袖は下着なわけで、何がしかを羽織る意識があったと思われます。
庶民系と公家系の両方から行き着いたのが今の羽織という感じです。

今の男性の「紋付羽織、縞の袴」は明治時代に西欧の正装が「黒のスーツ、縞のズボ
ン」(おそらくモーニングでしょう)であることから、制定したのだそうです。
その感覚だと、長着の部分をワイシャツと捉えて白にしなかったのは何故だろうかとつ
まらぬことを考えてしまいます。

ホッコリ温かい綿の着物 引用
No.1101877356 - 2004/12/1 (水) 21:43:46 - 単衣者 (男) -東京都- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast048073.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >

 今年一番の冷え込みとか、私も綿入れ半纏を出しました。
褞袍(どてら)、こんな字を書くのですね、如何にも暖かそうな感じです。かいまきも
褞袍も私は残念ながら持っていないのですが、電気屋さんが仰るように温かそうですね。
 東京の外れに有る我家は、都内に比べて冷えますが、コンクリートの集合住宅ですので、
炬燵(炬燵)と煮炊きの熱位でそれ程寒さを感じません。ホッコリ温かい久留米絣の綿の
袷此が考えてもみなかった程の良い暖かさなのです。
 久留米絣の綿の着物、普段だけでなく、外出用にも愛用しています。綿の着物は価格的
のもお手頃です。この所作るのはもっぱら綿の物、この時期愛用するのは久留米の文人絣
です。機械機の物で藍染の独特な久留米の絣です。非常に柔らかい生地で、袷仕立てにし
ましたところ、何ともホッコリとした優しい暖かさです。綿ならではの暖かさ気に入って
います。好きですね!
 東京でしたら余程寒くない限り、この袷に羽織、マフラー位で十分です。あとは、長襦袢
の素材で暖かさの調整をします。此からはメリンス(毛の薄い生地)が良いですよ。この所
メリンス見かけなくなりましたね。此で暑いようでしたら、家の中では電気屋さんが仰る
様に浴衣を襦袢代わりにするのも良いと思います。綿の襦袢ってのもあります。綿紅梅が
肌に付かずに快適です。

 袷と言えば、格安の館山木綿で袷を、裏を正花に代えて表と館山の生地の色違いで仕立て
見ました。この生地、単衣では少々頼りなかったのですが、袷にするとしっかりしてきて、
皺になりにくくなって良い風合いです。着物好きの近所のおばさんが、高いんでしょと
どうも絹物と間違えた様です。同じ生地で作った単衣と比べてみても同じ物とは思えません。
 こちらは、久留米よりも生地が硬いので、また違った暖かさです。この辺りの暖かさの
感触は何とも説明が難しいです。
 ちなみに「久留米文人柄の袷」は、サライで紹介されていた記事を見つけて、銀座の店に
行って作りました。
 今は、綿の男の着物専門のネットショップ、綿を中心に扱う男の着物の専門店も出来て
良質の綿の着物が豊富に出回り、非常に手に入れやすくなりました。此は綿の着物好きには
堪りません。なにしろ多くの品物の中から選ぶことが出来るのですから。

 綿の着物でこの冬を温かくお過ごしになられてみては如何でしょうか

返信4 Res-No.4
No.1101877356.4 - 2004/12/29 (水) 22:23:40 - 単衣者 (男) -東京都- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast007183.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >

 私には仕立てについての知識が有りませんので良く解りませんが、確かにその問題
はあります。
 綿の着物、庶民が綿の着物を日常着として過ごしていたのはついこの間だった筈で
すが、着物が普段着から離れて行くと同時に綿の着物が隅に追いやられて行きました。
綿の着物の扱いも共に忘れ去られてしまったのではないでしょうか。
 今でこそ、着物と言えば絹物が一般的で、綿は浴衣位、単衣も珍しく、ましてや綿
を袷で仕立てて着るなぞ余程の数寄者でしか作らない様になってしまっているのかも
知れませ
ん。私は綿の袷を何枚か作って有ります。私が御世話に成っている、ごく普通の呉服
屋さん(いや結構ディープな呉服屋さんかな)に仕立てて貰っています。沢山ありま
すので、順繰りに着ているのと、生洗いもお願いしていますので、今まで特に縮みの
問題を感じたことは有りませんでした。
 綿専門のネットショップ「あめんぼうさん」でもごく普通に袷を扱って居られます
がやはり、細かく縮み率をテストされて対応されているようですし、一衣舎さんでは
テストにテストを重ね、生地まで開発しています。
 袷は、表裏綿の異なる生地を併せるのですから、縮みやすい綿で作るとなると、様
々対処しても当然その問題は起きてくるのは当然と言えば当然と思います。昔は洗い
張りをして仕立て直すのが当たり前でしたから、特別に問題が生じなかったのだと思
いますが、今は生洗いが一般的に成ってきました。余程の品でない限り、綿の洗い張
りなぞしませんので、当然問題が出てきますでしょう。ドライクリーニングでも水性
の汚れを取る為に溶剤に水とソープを入れますので、ドライなら大丈夫も通じ無いで
しょう。
 やはり、縮むだけ縮ませて仕立てるのが、良いのではないでしょうか。 綿は洗う
たびに縮みます、ただ糸の加工の仕方、織り方によってその後の縮み方が違いますの
で、湯通しの仕方、糊抜き、水通し如何に掛かって来るのでは無いかと思います。
 昔の呉服屋さんには十分知識がお有りになって、機屋から納められた生地をきちっ
と処理をする技術をお持ちに成られていましたが、綿の着物なぞ見向きもされなくな
って、その技術も忘れ去られた様です。やはりしっかりしたした処理と言うことにな
るのでしょうか、こんなに縮むかと思うほど縮みます。其れと同時に綿本来の優しい
肌合いになって来ます。綿の袷の着心地は、絹の其れとまた違って捨てがたい物が有
ります、私は主に家で着ているので、格好のことは二の次で着心地を楽しんで居りま
す。是非袷にトライしてみてください。

返信3 Res-No.3 ありがとうございます
No.1101877356.3 - 2004/12/13 (月) 18:53:05 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

単衣者さま、ありがとうございます。

また、結城紬のときにはありがとうございました。

木綿の袷でも、問題ないですか。

実は、私の行く呉服屋さんは、木綿の袷は嫌がります。
一つは、裾裁きの問題もありますが、もっと心配しているのは、
袋になってしまう、あるいは、裏地の縮に依るつれを心配しています。
単の居敷き当て付き(こちらも鏡仕立てですが)なら、裾を縫わないので、
縮の違いがあっても大丈夫なのですが、袷ですと、そうはいかず、
あとのこと(クレームが付く)を恐れ、決して、薦めません。
呉服屋さんの立場に立てば、なるほどなぁとも思います。
ちなみに、その呉服屋さんでも、湯通しは十分行っています。

裏地も、湯通しするのでしょうか?

また、一衣舎さんの洗える絹はとても興味があります。
『男のきもの達人ノート』に依れば、洗える絹もお頒け戴けるようです。
これを単(正絹でも木綿でも)の鏡仕立てとし、なんちゃって袷にしようかと
考えていますが、今のところ、実現の見通しは立ってません。
裏に広幅を当てた方が表地にかかる負担が少なくなるそうで、
とても興味があります。
これも、呉服屋さんと、本を眺めながら、画策しているところです。
洗える絹ではなくとも、広幅の裏地を探せばよいのですが、
探すと、意外と無いんですよね。
広幅でも76cm以上必要だからかもしれませんが。

では、ごめんなさい。

返信2 Res-No.2 綿の袷の洗いと足裁き
No.1101877356.2 - 2004/12/7 (火) 22:40:08 - 単衣者 (男) -東京都- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast004069.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >


 師走だというのに、夏日が有ったり、台風が来たり、妙な天気です
 この陽気では、単衣が心地よいし、袷なぞ必要無いとさえ思えて仕舞います。

 此処での袷は久留米絣の文人絣の物で裏は正花が付いています。
 木綿の着物ですから縮む事を十分計算に入れて仕立てています。仕立てる前に
十分水に漬けて縮むだけ縮ませます。そうして仕立てますと殆ど縮まなくなります
 糊の取り方もやはり専門の所でして貰うのとそうでない物で全く異なります。

 トトロ様 初めまして
 
>木綿を袷と致しましたとき、洗いはどうなさるのでしょうか?

 初めての時は、生洗いに出しましたが、二回目からは自分で洗いました。
 誰にでも簡単に洗えますよとは、言いにくいです。アイロン掛けに技術が必要
に成りますから
 私は、それ程汗ッかきでないので、ハンガーで干す事と、綿の下着で十分対応
できます。それと、汗をなるべくかかないように、襦袢で暖かさを調整しています。
邪道でしょうが、冬でも麻の物を着ることもあります。

>それから、裏は正花(花色木綿、金巾)のようですが、裾裁きはいかがでしょうか。

 綿の着物ですから、絹物と比べますと確かに足裁きは悪いですが、特に問題を
感じたことは有りません、絹かキュプラの裾除けと外出の時は絹の襦袢を着ます
 
 裏に絹をと言われて事もありますが、この久留米絣に正花の裏を付けた袷の
着心地がとても良いのです。
 一衣舎さんで洗える絹地を開発されて非常に良い結果を得ているようですが、
一般の呉服屋さんでは叶いません。
 素材を縮むだけ縮ませてから仕立てることは何処でも出来ますから此を行って
是非綿の袷の暖かさを楽しんで下さい。

返信1 Res-No.1
No.1101877356.1 - 2004/12/7 (火) 19:30:16 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

単衣者さま、教えてください。

木綿を袷と致しましたとき、洗いはどうなさるのでしょうか?

それから、裏は正花(花色木綿、金巾)のようですが、
裾裁きはいかがでしょうか。

実は、秦木綿を胴抜きで仕立てたのですが、八掛けは正絹を付けたのです。
呉服屋さんが裾裁きが良くなるようにとのことで薦められたのですが、
洗いは丸洗いか、洗い張りしかないだろうなぁと思います。
ですので、後学のため、ご教授願います。

#そういえば、他の着物も、裏はすべて正絹でした。

では、ごめんなさい。

あー寒むっ 引用
No.1101653500 - 2004/11/29 (月) 00:21:12 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 最近めっきり寒くなってきましたね。で、そんな中、ふと気づきました。
着物を日常生活の中で見かけないといいつつも、実は世話になっている着物が
あるということを。

 それは、綿入り半纏やどてらです。(かいまき、丹前なども同じ)

 「着物なんて着たこと無いよ」という人でも世話になっている人、多いんじゃ
ないですか?。

 かいまき布団は私のお気に入りグッズの一つです。肩が冷えずにあったかいのが
良いですね。また、綿入り半纏のおかげで自室ではあまり暖房を必要としません。
足元に弱くヒーターを入れるくらいでしょうか。

 考えてみれば、全室冷暖房が一般化したのは最近のことです。昔は部屋が寒いので、
その分着るものでカバーしていた訳ですね。暖房をがんがんに効かせて薄着でいる
なんて思えば変な話です。
(もっとも寒さの厳しい北東北、北海道地区では早くから全室暖房が一般化していた
ので、上京して寒い思いをしたというのはよく聞く話ですが)

 暖房も過剰に効かせると光熱費もかかるし体にもよくないので、これらの着物を
見直すことで省エネ&健康的な弱暖房生活というのも、いかがでしょうか。

 でも、見回してみればきもの、和装ってまだ私たちの生活からは消え去って
(遠ざかって)はいないんですよね。

  それでは、また。





京都の着物専門店 引用
No.1101646090 - 2004/11/28 (日) 22:30:21 - 単衣者 (男) -住所?- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast042222.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >

 京都の男の着物専門店に行って来ました

 連休を利用して京都に、この時期の京都は何処も凄い人出です。車も彼方
此方渋滞していて大変でした。京都の紅葉は格別ですからね!

 前にも書きましたが、「えいたろう屋」さんのお店は、烏丸通りと三条通りが
交わった角のスタバックスコーヒーの西隣のレトロな洋館の文椿ビルの一階に
有ります。
 わくわくしながら石の階段を上ると、右手に大きなウインド、此処です。

 入口の前に小さな橋が掛かっていて、格子戸がモダンなブッティック風の中に
にも京都の風情が感じられます。
 ウインドの中には着付けられたボディが2体両側に試着用の長着が掛けられて
いました。開店前とはだいぶ雰囲気が変わっています。この間から中の様子が
伺えます。中にはテーブルと椅子が、反物を間にお客様が打ち合わせ中でした。
 
 早速格子戸を開けて中に、彼方此方きょろきょろと、履き物、羽織紐、帯に
足袋が棚に綺麗な並べてあります。此処は天井が低いのですが、直ぐに高い天井
の部屋が、小上がりの畳の部分に階段箪笥が置かれていています。此処にも京の
風情が、その前に反物が数十本積まれた居ました。

 吊られている出来上がりの長着は試着様とのこと、早速試させて戴きました。
着物って生地見本、反物、出来て来た物とそれを羽織ってみたときで全く感じが
違いますよね。色々試させて、貰って、そうそう、試着の着物に出来上がりの
価格と反物の価格が止めてありました。此は財布と相談がし易くて良いですね。

 着心地の良い「綿の着物」を普段に着て欲しいとのご主人の方針で綿の品揃え
が豊富です。それに殆どがオリジナルだとか、気に入った物があると採寸して
仕立ててくれます。 
 綿ってこんなに柔らかかったのかと思うほどの生地があってこちらも極々
お手頃な値段が付いていました。
 呉服屋さんでこれ程沢山の綿の反物を見たことが有りませんでしたから、これは
感動物でしたね、選ぶのに目移りがしてしまいます。
 ご主人の話では、お客様の意向を汲んでまだまだ種類を増やして行きたいと
仰っていました。
 
 今回は、直ぐに持ち帰れる出来合の袖無羽織を分けて戴きそのまま着て帰りました。
 生地も色合いも種類が有るようですので、お好みの物がえらべます。 
 オリジナルグッズも色々有るようで、生成の足袋、扇子、手拭いをお土産に買って
帰りましたが、付きまとわれずゆっくり品選びが出来ました。
 
 次回は長着を頼んで見ようかと思っています。
 何よりも試着させてくれてじっくり話を聞いて下さるのが良かったです。
 「綿の着物」をもっと着て貰いたくて、価格設定低く押さえているとのこと、
此からはカジュアルな物から手掛かった綿も扱って行くとのことでした。
 勿論「綿の着物」だけでなく、絹の着物も扱って居られました。

 ご主人は40代前半の方で、着物好き、ご自身殆ど着物で生活なさって居られる
そうです、若い感覚と着続けて来た経験が、この様な「男の着物専門店」をお作りに
なられたのだろう、此からの展開を色々と想像しながら新幹線に乗りました。

 お江戸の男の着物専門店とまた違ったカジュアルな中にも京都を感じるテーストで
これからが楽しみです。
  
 えいたろう屋さん期待していますよ!

返信1 Res-No.1 同様に
No.1101646090.1 - 2004/12/3 (金) 23:23:24 - ちゃお (男) -三重県
*** Remote User < 58.45.112.219.ap.yournet.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

自分も先月21日に弘法市の帰りに寄ってきました。
で、単衣者さんと同様に袖無羽織を買い、そのまま着て帰りました^^

おっしゃる様にオリジナルの綿の反物で仕立てた見本があり、
とても親切な感じです。
逆にとても購入意識がそそられて困ってしまうんですけどね(^_^;

そーか、長着、羽織らせてもらうんだったと後悔…
また、お邪魔したいと思います。

気を付けましょう 引用
No.1101474266 - 2004/11/26 (金) 22:38:50 - 高橋泥舟 (男) -住所?
*** Remote User < fla1acz184.tky.mesh.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

いやあ〜。質問コーナーの大島LOVEさん、心強い限りですねえ、皆さん。
さて、いよいよ袷の季節になって箪笥をひっくり返している方も多いと思いますが、や
っぱり、久しぶりに箪笥から出したらどうしても古臭いようなにおいがしますよね。着
る何日か前に吊るしておくのは必須ですな。
我々着物人は、正絹の袷なんかは、よっぽど汚れなければ生き洗いなんかにも出しませ
んけど(ランニングコストが掛かるのと傷むのがいや)、着物を持ってない人はそれ
が、え〜って言う位びっくりされてしまいます。現代の日本は清潔志向で、洗濯が毎日
の家事でかなりのウエイトを占めているからでしょうか。
幕末に日本に来た外人さんは、日本人が庶民に至るまで毎日入浴しているのを見て、世
界で一番清潔な国民だと言ってますが、折角風呂から上がってもまた汚い着物を着るの
でおんなじだ、とも言ってます。当時から着物ってあんまり洗わなかったんでしょうか
ね。
私が昨年の11月に新宿のデパートで開催されていた古本市に行った時の事です。後の方
で、ひどい汗がすえた様な臭いがしてきました。新宿という土地柄、浮浪者が迷い込ん
できたかな?と思い何気なく振り返ってみると、3m位離れたところに、ウールの着物に
袴を着けた一見して着物好きであろう若者が本を物色していました。臭いの元は彼だっ
たのです。
私は、この事で、自分の臭いってなかなか分からないものだし、これ位ならまだ大丈夫
だろうと、たかをくくって人と会ったりすると、とんでもない不快感を与えてしまう惧
れがある、と思い知らされました。(体質でというのは別問題ですけど)
独りよがりにならないで、周りの人たちも心が癒されるような着物道を目指して行きた
いものと、自戒しております。

返信1 Res-No.1 メンテナンス
No.1101474266.1 - 2004/11/28 (日) 23:51:39 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 洗濯(クリーニング)による痛みが気になるというのも分かりますが、
私としては、むしろ汚れによる各種弊害のほうが気になります。

 においや清潔感もそうですが、汚れをためたままにしておくということは
生地にとって決して良いものではないと思います。 汗じみ(汗やけ)
で茶色くなってしまったり、管理が悪い為に異臭があっては着物だって
かわいそうです。

 昔と違って、洗濯法や洗剤も進化しているので、もっと気軽に洗濯、クリー
ニングができると思います。また、下馬やうそつきの活用などの方法により
汗や体からの汚れを付けない工夫もあるかと思いますし、外部からの汚れも
ガードスプレーやカード加工をしたり、羽織や道行を活用するなどあるかと
思います。

 勿論、帰って脱いだら風通しをし、場合によっては絞ったタオルで拭いたり
汚れを始末しておくのはヘビーユーザーの常識ですね。

 適切なメンテナンスによりいつでも気持ちのいい快適な着物ライフを送る
のが、賢明かと思います。

  それでは、また。
 

無題 引用
No.1101097446 - 2004/11/22 (月) 13:27:45 - 勝 (男) -埼玉県
*** Remote User < ar235.opt2.point.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

そうさんへ、近江屋呉服店連絡済みです。よろしくお願いします。

初めての男の着物 引用
No.1101087982 - 2004/11/22 (月) 11:02:09 - そう (男) -海外 - <メール送信>
*** Remote User < 207-255-52-129-dhcp.jst.pa.atlanticbb.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

管理人さん、みなさま、はじめまして。

海外在住の26歳男性です。今年より海外勤務を始めました。
私の周りは世界各国出身の人が混じっており、
パーティーでは皆が各国の民族衣装を来て参加しております。
それに感化されたせいもあって、自分も日本男児として
着物を来てみたいと思うようになりました。

たまたま来週1週間、東京に帰国するのでその際に
着物を買えることができればと思ってます。
ただ、なにぶん初心者なので、先輩方からアドバイスをいただければ幸いです。
(一応、このホームページと管理人さんの本は読みましたが、、)

予算もそれほど余裕がないので、5万円前後、体型は165cm標準的体型です。
このホームページに紹介されてある、ちどり屋さんに伺おうかと思ってます。

最初に購入するものとして、「長着+羽織」か「長着+羽織+袴」の組み合わせで
よいのでしょうか?どちらがおすすめですか?
(もしくはそれ以外の買う物があったら教えてください)

自分も将来は管理人さんみたいにカッコよくて渋い中年(失礼!)に
なりたいと思ってます。よろしくご教授お願いします。




返信3 Res-No.3
No.1101087982.3 - 2004/12/4 (土) 05:55:01 - そう (男) -海外 - <メール送信>
*** Remote User < yahoobb219198058167.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

無事に初めての着物を買うことができました!!
これで、日本男児として着物を着て、パーティーに出ることができそうです。
ありがとうございました。

返信2 Res-No.2
No.1101087982.2 - 2004/11/22 (月) 13:21:59 - そう (男) -海外 - <メール送信>
*** Remote User < 207-255-52-129-dhcp.jst.pa.atlanticbb.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) >

勝さま

さっそくのお返事ありがとうございました。
紹介していただきました呉服屋さんへ連絡をとってみたいと思います。

返信1 Res-No.1 初めてのきものについて
No.1101087982.1 - 2004/11/22 (月) 12:45:46 - 勝 (男) -埼玉県
*** Remote User < ar235.opt2.point.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90) >

そうでしたら、初めての方は、ポりエステルの着物が扱いやすいです。また冬は、ウールもいい
です。変わった物は、蕨双子織は、めずらしく何処でも注目されます。着流し、着物と羽織で初
めてください。袴は、使いよう目的で変わります。トイレでしたら行灯、自転車を乗るのですた
ら馬乗り袴です。袴は、ポリエステル仕立て上がり18000円から24000円(税別)で
す。携帯に連絡下さい。良い呉服屋さん御紹介いたします。090−8107−6574(山ア)まで

着物マジック?! 引用
No.1100754186 - 2004/11/18 (木) 15:02:46 - さおたん (男) -住所? - <メール送信>
*** Remote User < p8026-ipad01hiraide.tochigi.ocn.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 95) >

皆さん、こんにちは。先日の質問欄では大変お世話になりました。奇跡的に(?)オークションで身丈130のアンサンブル(茄紺、しつけ付き新品!)を見つけ無事に落札。然も1,000円!感動(笑)ついでに、角帯、下駄、黒足袋(裏側に極小の白い滑り止め付き。ドット柄みたいで可愛い。一目惚れ…)なども購入し、全て届いた昨夜、早速着せてみました。←厳密には旦那さんが、本を見て自ら着たのですが(苦笑)あんまりにも似合っていて、家族で驚愕(爆)ウチの人は、背が小さくて童顔なので(柴犬に似ている)七五三みたいになったら、どうしよう?!と懸念していたのですが…。たいそう品良く、エエとこのぼんぼんみたいになりました。何やら、初めてしっくりくる格好を見たような…。着物って凄いですね。もうすぐ高校生の娘の個人懇談会があるので着物で学校に行く事になりました。先生もびっくり!でしょうね(笑)大好きな(と、言うよりもはや人生の一部)アイスホッケー観戦も着物で行くそうです(苦笑)すっかりハマってしまいました。もとより、手先が器用で几帳面なので着物のたたみ方も、帯結びも私よりずっと上手です。私の帯も本を見て結んでくれます。半幅帯も名古屋帯も。私より綺麗…トホホ。凝り性なので、娘の振袖の着付けまでやっちゃうかも?!(爆)我が家の旦那さんの着物デビューは大成功でした!皆さん、これからもどうぞ宜しくお願いします。それでは。

七五三の着付けを終えて 引用
No.1100589346 - 2004/11/16 (火) 16:53:03 - 君 (女) -神奈川県- <C502KM@SRFYOKO.NAVY.MIL>
*** Remote User < proxy.srf.navy.mil - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 4.0; T312461; FunWebProducts) >

始めまして、皆様も思いだしますか?
七五三の着付けを終えました。 約100名弱 そのなかで 男の子は30名ほどでしたが、
男の子に聞いてみると、ほとんどの子供さんが始めて。
男の着物の初体験です、足袋ソックスを履かせ 襦袢 着物 帯 袴 羽織と順番に着せてゆきま
す 出来上がるにしたがって だんだんと男性らしくなって行きます。
着付けが終わり鏡で見たときの驚きそして嬉しさを一緒に感じることができます。家族やスタッ
フに「カッコいい!」と言われとても誇らしげです。 七五三用には 仙台袴と大名袴を用意しま
したが 今年の傾向としては 白の大名袴が多かったです 「大奥」の影響でしょうか?
始めての着物で 着物好きになってくださる事を祈っています。


台風23号の被害「丹後ちりめん」 引用
No.1099897902 - 2004/11/8 (月) 17:35:16 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

昨日、NHK総合「被災者の声・いま私たちにできること」を朝8時頃から、見てました。
そうしたら、台風23号の被害状況を伝えてました。
兵庫県豊岡市の被害が大きかったことは、伝え聞いていましたが、
その後の地震騒ぎで、被害の様子はほとんど知らずにおりました。
そうしたら、丹後ちりめんの故郷も大打撃を受けていたのですね。
新潟ばかりでなく、こちらもかと驚いていたのでした。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004110600144&genre=C3&area=K60

写真の織機はジャガード(紋織)です。
織機は鋳物でして、水に弱く、すぐ錆びるんです。
織機の状況からして、うちにあった昭和50年前後、あるいはもうちょっと前の
機械かもしれません。
NHKの放送では、もう機械を作る会社も無くと報じてましたが、
そうだろうなと家中で頷いてしまいました。
こんな上に成り立ってるんですよ、日本のきものって。

技術の立場で言えば、紋織をコンピュータ制御にするのは自然なんですが、
そういう機械を導入できる機屋さんがほとんどないんですよね。
ただ、西陣などの高級帯はそうした機械を導入してるんですが、
着尺地はそこまでいかないんですね。
#桐生も入ってる機屋さんがあると聞いています。
#でも、街中を歩くと、ジャガードの機音が聞こえてきますから、
#まだ、そちらの方が多いんでしょうね。
もっと売れれば、そうした資本投入もされるんでしょうがね。

では、ごめんなさい。

返信3 Res-No.3 地場産業
No.1099897902.3 - 2004/11/16 (火) 19:53:59 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

丹後の話、ご存知ない方もいらっしゃったようで、こちらへ書いてよかったですね。

それにしても、今年の天災は、地場産業への影響が大きく、地方経済が疲弊している
今日、追い討ちをかけるので、他人事ながら、参ってます。

豊岡の話ですが、

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200411110015.html

とのこと。

思えば、今、60歳以上の方々って、サラリーマンでない人が意外といらっしゃるんですよね、
田舎って。そうした方々って、自営で、下請けの、孫請けのようなことをしてらっしゃる。
内職もそうですね。ですから、続けられるうちは何とかと仕事をしてるんですが、
機械や設備が壊れちゃうと続けられなくなっちゃうんですよね。
70歳を超えて、百万円借金して、ミシンを購入はしないですよね。
内職ですから、1個いくらの手間賃。そうしたら、百万円はきつい。。。

こうした構造で、地場産業が支えられてきたことを考えると、
なんともやるせないですね。

でも、一方で、こんな話を耳にしました。
TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」の放送の中で、
越後縮の展示会は予定通りに行うと。
出品する機屋さんは減ってしまうけど、展示会は行うと頑張ってるとのこと。

そして、お祭り好きの電気やさんが仰るように、皆、買って上げないとと
永さんが仰ってました。本当に、そうなのですよね。

#おもしろいことに、小千谷縮も、海外で評判が高いとのこと。
#日本でも知らない人、結構、多いのにね。(^_^)

では、ごめんなさい。

返信2 Res-No.2 被害と復興
No.1099897902.2 - 2004/11/9 (火) 12:43:42 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気屋です。

 地震の被害が余りにも大きかった為か、台風による被害の報道が非常に少なく、
一歩間違えると忘れ去られたかのような感じすらあります。それでも被災された
方々は、それぞれに復興へ向けて、動き始めています。

 冠水被害による機械類へのダメージは相当のものであると察します。
いくら旧式でコンピューターを使ってなかったとしても、まず、整備して電気絶縁
とメカの動きが回復するまでモーターに通電することすら出来ません。また、機械
だけでなく、これに電気を供給する分電盤や受電設備(キュービクル変電箱など)
も復旧しなければなりません。これが高潮による海水であれば、塩分による腐食と
導電性により、全く駄目になるといってよいかと思います。
(実際高潮のあった地区は、送電する前に塩水のついた碍子を一つ々、作業員が
水洗いするんです)

 結局メカに精通した技術者がCRC―556を頼りに動きや絶縁が回復するまで手
作業で磨いて整備していくことになります。私自身も、水をかぶってしまった電気機器
の修理をすることがありますが、これがなかなか乾かず、大変に苦労するものです。
(CRCによる絶縁回復とブロアーによる乾燥で回路機能が回復するまで根気よく作業
することになる)

 また、最近の機械類は、一見コンピューターを使ってなくても、各種センサーに精密
回路が使われ、(光学スイッチや近接スイッチなど)制御部に「シーケンサー」
(プログラマブルコントローラー)と呼ばれるマイコン機器を使っているのが普通です。

 これらは言うまでもなく水が大敵で、駄目になれば交換するしかなく、また、シーケ
ンサーは再びプログラムを打ちこんでやらなければならない等被害が深刻になることが
予想されます。

 恐らく場所や部品によっては部品供給が希薄になっていることも考えられます。

 前レスにてトトロさんの言っていた酒蔵、朝日酒造さんについて、復興へ向けての記事
が赤旗に載っておりました。現在無事だった商品の検品(検瓶)作業中で、10日頃より
出荷が行われるとのことです。まだ細かい部分での被害や損傷が不詳のため、そういう
意味ではまだまだ復旧に時間が掛かるようです。それでも杜氏(とうじ)さんは社員とお客
(出荷先)に不安を見せまいとがんばっているようです。

 一方、腹立だしいことにこれら災害に便乗して悪巧みする輩も多くいるようです。

 「久保田」の出荷が出来ないのに便乗してヤフーオークションで「買占め&値の吊り
上げ」を企むやつがいるというニュースを聞きました。私としてもヤフオクへメールを
送り、一時的に取り扱い停止するようにお願いしました。ヤフー側の回答としては、
「現在はそのような取引は見受けられないが監視していく」とのことでした。

 もっと腹立たしいのは緊急伝言ダイヤルサービスを悪用したオレオレ詐欺です。
ほんと、最低だと思います。(マジ、人間のやることじゃないな。)

 優妃さんの仰っているようないやらしい現象もあるようですね。実際、もうすでに
魚沼米に対して色々うわさが立っています。

 さらに、風評被害も出でいて、「新潟県」というだけでお宿のキャンセルが相次いで
いるとか・・。(勿論無被害地域での話です。)

 こうしたニュースを聞いているとホント情けなくなってきます。

 今、私たちがこうした被災地に寄付やボランティア以外に本当は何ができるのか。
よく考えなければならないと思います。

 旅行なども先方に問い合わせして問題なければむしろ積極的に行く、多少傷物でも被
災地域の農産物を買う、不当な買占め、値上げ行為は無視する。応援や、考えを広げる
メールや書き込みをする。等色々あるかと思います。

 もはや生産できなくなってしまった着物や民芸品を大事にしていくというのもその
一つかと思います。


 それでは、また。
 

 

返信1 Res-No.1 うわー!
No.1099897902.1 - 2004/11/8 (月) 21:32:38 - 優妃 讃良 (男) -住所?
*** Remote User < 19.net219096023.t-com.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

新潟は十日町や小千谷では今は機が止まっているのだと聞いていましたが、丹後ちりめ
んもだとは!
これから雪さらしの始まる小千谷縮がどうなるかも心配だったのですが、丹後ちりめん
は、染物の土台となるものですし。

が、嫌なのは、これを理由に「しばらく入手できませんから」と買いを強要してくる呉
服屋さん。事実だとしても、そういう言い方って嫌です。

祭股引の穿き方 引用
No.1099496733 - 2004/11/4 (木) 02:23:48 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

(添付1) 1099496733.1.jpg
                                           
                                           
                                           
                                         
















 こんばんは、お祭り好きの電気屋です。

 最近、秋も深まり、だいぶ寒くなって来ました。そろそろ着物も冬モードへ
移行していくころと思います。着物に限らず、細かい部分での防寒を必要とする季節
ですね。

 そんな折、質問コーナーにて股引(ももひき)の話が出てきましたので、少々解説し
たいと思います。 (レス95「すべりの悪い着物の着付け方」)

 ここでいう「祭股引」とは、一般に知られている股引やすててことは違うものでし
て、よくお囃子の人や人力車の引き手さんが穿いているものです。
(左側の写真で太鼓打っている人・・私ですが・・が穿いているもの)

 初めてこれを手にした人は、まずどうやって穿けば良いのか分からないかと思います。
一般的なズボンとは構造が全く違う為です。(教えられないで分かる人はかなり幾何学
センスのある人かも。)

 これを解説するのはちょっと難しいのですが、右側の写真(図)をご覧ください。
この絵は半股引(はんだこ)と呼ばれるこれまた祭り衣装のもので、祭股引の半ズボン
バージョンのものですが、着付ける部分の構造が同じなので使わせてもらいました。
また、浅草の祭り用品店「中屋(なかや)」のページにもっと細かい解説が載っており
ます。 http://www.nakaya.co.jp/ns13_01_3.html

 こつは、お尻で打ち合わせるときにまず右側の布を右から左へきちんとお尻から一物
のところへかけてフィットさせ、次に左側の布を同じように左から右にかけてフィット
させることです。するとしわなくきちんと一物とお尻が納まります。また、紐は真横より
も若干前気味の位置で結んだほうが当たりが少ないようです。尚、トイレで紐を解くとき
(大のときで特に公衆便所の場合)はぎりぎりの長さで結んでおきます。でないと紐が
たれ落ちて最悪例の場所に水没することがあります。(私は現場のぼっとんでこれを
やってしまい、急遽ポケットにあったカッターナイフで汚れた紐を切り落としたことが
あります。)

 これも、そのフィット感と穿き心地にはまるとなかなかのものでして、私は一年中作業
着の下にこれを穿いています。冬は勿論防寒の為ですが、夏は、これに汗を吸い取らせる
ことで、快適性を維持すると同時に汗によってズボンが張り付いて足場に上がれないと
いったことを防ぐ為です。

メーカーとしてはやはり「江戸一」のものが有名ですね。他に「祭一番」や「日本の歳
時記」といったところがあります。サイズについては、お店の人にたずねたほうがよい
でしょう。実際には股下10センチのところでの太ももの周りサイズが基準になります。
祭り衣装としては少しぴっちりしていたほうがかっこよいのですが、下着としてならば、
一段大きめでもゆったりとしてお勧めです。また、過去レスでも触れましたが、大柄な人
はサイズ表示が「肥満」というショッキングなもののため、びっくりしたりしないよう
にしてくださいね。

 ちなみに値段は一本4〜5千円くらいで、紺のほうが高いです。

 本来ならば質問コーナーの返レスに入れるべき内容なのでしょうが、画像ファイルが
添付できないのと、これからの季節、股引の世話になる方も多いかと思いましたので
こちらに書かせていただきました。ご了承ください。

それでは、また。

返信1 Res-No.1 半ダコ
No.1099496733.1 - 2004/11/4 (木) 18:33:53 - 墨提 (男) -東京都
*** Remote User < yahoobb218138080122.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; T312461) >

「白長股引姿」かっこいいですね。
私も長股引を「お神輿」の現場でときおり使います。たいていは早春か晩春の祭りですが。
着つけの説明画像は「半股引(はんだこ・=半ズボン状)」ですね。
この半股引ですが、近年東京のお神輿現場では「神輿初心者専用」みたいにみられてしまうのが
残念です。
ただ、深川八幡だけはいわば「制服」として強制されるので、皆半股引です。
深川の八幡様は私の最も好きなお祭りです。3年毎に肩をズル剥けにして医者通いするハメにな
ります。(他所ではほとんど肩入れしないクセに…)
真っ白な半股引がこれほど格好よく決まるお祭りは他にはありませんね。
和装肌着としも、もちろんうってつけ。
六尺ではときにゴロつき(とくにタテミツや腰骨のあたり)が気になりますが半股引ならそんな
不愉快さもありません。
座敷などで「胡座すわり」をしたときに「中身」をハミ出させてしまうという粗相も避けられま
す。温泉旅館などではとても重宝します。
そういうわけで、和装肌着として私も強く推奨する次第です。
それにしても、ミコシ現場でも「正しく穿けてない方」をよく見かけます。
「お祭り好きの電気や 」さん、これからも積極的に啓蒙してあげてください。

小千谷地方の被害 引用
No.1098572847 - 2004/10/24 (日) 08:13:17 - ぬのくま (男) -神奈川県
*** Remote User < x169023.ppp.dion.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; MSNIA; Windows NT 5.1) >

 父は新潟出身です。父の田舎のほうは無事が確認できました。
 しかし小千谷地方の被害が甚大ですね。小千谷縮や片貝木綿の織元の被害状況が気にな
ります。

返信3 Res-No.3 皆、心配してます
No.1098572847.3 - 2004/10/26 (火) 19:47:43 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

先ほど、呉服屋さんへ、電話しました。
すると、問屋関係の方々を中心に、皆、心配しているとのこと。
とにかく、情報がなく、先方がどんな状況になっているかわからないとのこと。
新潟は、小千谷周辺に、地道な機を織ってるところが多く、また、それらを
愛好する方々も多いですから、皆、心配なんですね。

私も、お召し二枚が十日町のもの、小千谷縮、そして、塩澤と新潟のものが
いくつもありますので、心配です。

男のきものは先染めが多く、新潟は産地として、大きな位置を占めているのですよね。

これは、昔、酒業界でよく言われたことですが、他人の不幸は蜜の味と言い、
よそが酒を出荷できないと、自分の御蔵が儲かると喜んだ人もいたそうですが、
機はもう替わりはない状況にあり、皆で心配するようになっているようですね。
このことに関しては、良くなったと思います。
しかしながら、特に何もできないので、辛いですね。

#さすがに、今の清酒業界は上のようなことは言わなくなったようですね。
#清酒だけの競争なら、何とかなるんでしょうが、今は、焼酎、ビール、ワインなど
#他のお酒との競争なので、どうにもならないとわかったようです。
#しかし、一方、NHK連続ドラマ「甘辛しゃん」では、震災後、すぐにお酒の出荷を
#しないとと焦っていた主人公を思い出します。

阪神淡路大震災でも、御蔵の被害は大きく、廃業したところもありました。
今でも思い出します、しっかりとした味わいの「菊千歳」を。

先に、燕市、三条市の復旧の決断、そして、廃業をNHK生活ホッとモーニングで、
放映してましたが、また、新たに、これが繰り返されると思うと、やるせないですね。

お酒の話へ脱線したりして、申し訳ありません。
しかしながら、伝統産業、そして、地場産業ということでお許しください。

では、ごめんなさい。

返信2 Res-No.2 お見舞い申し上げます。
No.1098572847.2 - 2004/10/26 (火) 10:38:15 - お祭り好きの電気や (男) -神奈川県- <yasunariokabe@green.livedoor.com>
*** Remote User < yahoobb219177195022.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

 今晩は、お祭り好きの電気やです。

 台風、および、地震にて被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 私は、今回の地震の際、仕事仲間の作業車のテレビを取り付ける作業をしておりまし
たが、(場所は相模原市)最初と2回目のゆれは、それが地震だとは気がづきませんで
した。ただ、倉庫のシャッターが不気味にガタガタ鳴っていて、「風なのかな」と思い
つつも、「変だな」と思っておりました。3回目のゆれで、それが地震であることが分
かりました。すぐに事務所に行ったところ、仲間が、気象庁のページ(地震情報)を開
けていました。テレビからも速報が流れてきます。

 「新潟県かぁー・・・」最初はそれが大震災であるとは思いませんでしたし、無
被害であって欲しいと思いました。しかし、データーは厳しい現実を淡々と表示し
ています。「最大震度6強×3」内陸型地震で、これほどパワフルなのはちょっと
珍しいように思いました。もっとも、恐ろしい津波の危険は少ないといえますが。
(基本的に津波は海底で断層が走ることによって生じるため、震源地が沖の場合、起き
る危険性が大きくなります。ただし、内陸型でも海底でのがけ崩れによる津波が起こる
こともあるので注意が必要です。)

 小千谷市・・・。 どっかで聞いた地名・・・。 小千谷縮・・・。
「あっ着物の町だ!」 

 阪神淡路以来の大震災となってしまいました。本当に一刻も早く復旧して欲しい
と思います。

 今年は本当に自然災害の多い年です。被害の情報を耳にする度、地場産業の被害が
気になります。その中には着物の産地も多くあり、いかに着物が各地の風土に合わせて
進化、発展したものであるかということが分かります。

 しかし、国の政策は本当に冷たいと思います。あまり知られていないことですが、実
は、災害補償というのは生活(つまり、食事と住居)に対する物のみで、生産設備や
商売などに対しては適用されないのです。勿論、地場産業に対しても同じです。

 また、地震保険をかけていても高い保険料の割には支給額が少ないというのもよく
言う話です。保険業界が激甚災害に対して十分な支払能力がない上に可能だったとして
もそれだけの度胸とポリシーがないためです。銀行も含めて国から支援を受けているの
ですから、国からも指導して、十分な補償内容とすべきです。

 その為、ただでさえ青色吐息だった零細地場産業は、これら災害によって文字通り
「息の根を止められて」しまいます。たとえ無利子融資が降りたとしても支払能力があ
りません。いつも支払いに追われつつ自分の産業、技術を守ろうとふんばっている人々
に地震保険料は高すぎます。ですから、加入していないのが一般的です。産業組合内で
何とかしようにも限界があります。場合によっては県や市町村が地場産業を守ろうとし
て援護したりもしますが、やはり限界があります。ただでさえ過疎や不景気で赤字気味
のところへそれだけの予算を組む余裕はありません。おまけに高齢化で復旧作業その
ものが出来ない場合もあります。で、これでもはや廃業と・・・。

 地震にせよ台風にせよ自然災害の脅威にさらされているということは我が国土の
特性上仕方のないことです。しかし、古(いにしえ)の人々はそれらを乗り切り文化を
構築し、現代科学によってさらに被害を小さくすることができるようにもなってきまし
た。とはいえ、現実に災害によって素晴らしき伝統産業やそれに伴う文化、人々の暮ら
しが破壊され、なくなっていくというのは余りに悲しすぎます。

 本当にこの国の文化、産業を守り、育てる気があるのなら、国民の生命財産を守る気
があるのなら、手厚い補償、保護を行うべきだと私は考えます。

 今年の自然災害被害総額は1兆円を越える見通し・・。(各新聞記事より)確かに
ものすごい金額ですが、その気ならば特例措置で出来なくないものです。例えば大企業
の特別減税を中止すれば1.5兆円の経費が捻出できます。(日本共産党のHPより)
他にも、特別予算を作る方法は色々あるはずです。
(税金の無駄遣いって本当に多いですからね。)

 ミサイルが飛んでくるよりも台風や地震の脅威のほうがよほど恐ろしいことを考え
ると自衛隊は軍隊モドキではなく災害対策の特別チームとして再編し、戦闘機などを買
うのではなくて、その為の装備を充実させ、活動すべきだと私は思います。憲法を改正
してアメリカと無用な戦争を仕掛けるなんてナンセンスなことをしている場合ではあり
ません。

 被害に対してはかける言葉も見当たりません。つぶれた蔵や壊れたいけす、動かない
機やごみと化してしまった商品の山を前にして、そのやりきれない気持ちを思うと、
本当に心が痛みます。トトロさんの書かれていた酒蔵さんも新酒の出荷を前にしてさぞ
無念だったことでしょう。

 残念ながら私には応援の書き込みをするくらいしか出来ません。義援金を振り込もう
にも自分自身支払いに追われる身のため、分けてあげることも出来ません。本当なら
作業車で駆けつけて、復旧作業の手伝いをしてあげたいところですが自分の仕事を止め
るわけにもいきません。申し訳ないです。唯一出来る事は自分自身の備えを固めて、
もし自分の町で災害が発生したときに復旧対応できるようにしておくことぐらいです。
自分の生活を返り見ず、献身的に復旧作業にあたっていらっしゃるボランティアの方々
には本当に頭が下がります。

 なくなられた方にはお悔やみ申し上げます。被災地においては一日も早く復旧し、
立ち直ってくれることを願って止みません。

 それでは、また。



 



返信1 Res-No.1 何とか復旧して戴きたいものです。
No.1098572847.1 - 2004/10/25 (月) 20:34:56 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

小千谷周辺の被害は相当なようですね。

十日町のきはだやさんの様子は掲示板で知りましたが、
人身には被害がなかったとのことで安心しました。
しかし、建物などには影響があったようです。

酒蔵は大打撃を受けているところが少なくありません。
銘酒「久保田」で有名な朝日酒造さんは、年内の出荷は無理とのこと。
また、小千谷の「長者盛」(私の好きなお酒の一つ)は、今朝6時頃の余震で、
貯蔵庫が倒壊。今期の出荷はもうないとのこと。

これら2件の御蔵は、新潟でも、力のある御蔵ですから、何とか復旧できると
信じてますが、機屋さんは規模が小さなところが多いですから、心配です。

何とかなって欲しい。

さすが京都! 引用
No.1098272423 - 2004/10/20 (水) 22:51:58 - 単衣者 (男) -東京都- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast015143.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >

 仕事で京都に行って来た、台風が来ているので、台風より一足早く帰って来た。

 観光で行くときは着物で来るが、仕事なのでサラリーマンの定番のダークスーツである。
 着替えに着物を持ってと思ったが、この時期羽織までとなると、男性の着物とはいえ、
大荷物になって仕舞うので諦めた。
 
 それでも、夕飯は何時も御世話になる祇園にあるお料理屋さんを予約した。
 お店は、正統派の京料理、ご夫婦二人でやっている。10人も入れば一杯になるような
小さなこざっぱりしたお店である。こちらは御世話になっている浅草の呉服屋さんのご紹介
で、祇園価格ではなく、サラリーマンにも無理でない価格である。

 此処の料理は材料を吟味して、しっかりした下ごしらえが行われいる。
 まさに、京の伝統の技がキッチリ守られていて、手抜きのない技は、味のみならず、香り、
見た目の美しさ目は目を張る物がある。
 手の込んだお料理は言うに及ばず、その素晴らしさは「飯」にある、近江米をつやつやに
ピカピカに炊きあげた物を、熱々の汁とおかみさんが漬けた漬け物と共に出される。
 思わず旨さに唸って仕舞ったが、ご飯だけは美味しく上がって戴きたくて気を遣っています
とのことであった。 この時期「松茸の土瓶魅し」「細切りの栗のみを載せた蒸し物」等々、
京都の秋を満喫したのはもちろんであるが、まさに、一番基本的の事をきちっと守る此だと
再確認した。
  
 その日の京都新聞に「京都町屋で京料理の実習と食事の作法を、小学生を招待して実施」
「狂言の茂山さんが狂言の女子学生をたいそうに授業」の記事が、この町は連綿として
伝統を繋いでいこうとする文化が有るのだと実感した所である。この新聞では、着物について
の話は無かったが、着物についても地道な努力が行われているのだろうと思った。

 ホテルは三条烏丸にとったが、なんと、その真ん前のビルに「男の着物」の専門店が!

 関西初の「男の着物専門店」? まだ開店していない様子、商品が置かれていない。
 お仕立て中の張り紙に22日に開店と有った。

 お店は京都の雰囲気を持った格子戸が有って、それでいてモダンである。マネキンと
ボディーに着付けた着物が5つ飾って有った。
 ウインドのよく見える所に落ち着いた紬の青の長着に格子のグレーの羽織り、此も紬の様
である。 非常に洒落た感覚の着物である。
 隣はどうも綿のようである。長着は白地に縞、上は袖無しの羽織りこちらも縞、少し厚地の
生地であるが、落ち着いたブルーグレーで有る、ガラス越しなので感触は判らないが、こちら
も斬新で有るが、伝統を守ってなおかつフレッシュな感じを与えている。さすが京都と感心
した。
 出張は今日まで、22日の開店を待って感触を試したかったが、次の機会にするしか
無かった。
 お店の名前は「えいたろう屋」三条烏丸通を西に少し入った所に有るので直ぐに
わかると思う。

 泊まったホテルのテレビで森教授が「京都人は4割の伝統尊重と6割の新しもの好き」と
言っていたが、伝統を尊重して現代を生きていく姿を実感した。

 京都に行く楽しみがまた1つ増えた、どんなお店になるのだろうか? 京都で「男の着物
専門店」格式ばってもいないし、敷居も高く無さそう、ブティックの感覚である。何か期待
出来そう、早く行ってみたいけど、行けるのは何時になるかな、格安の切符を探して、休み
を作らねば! 問屋さんの倒産話やらで落ち込んでしまって居るとばかり思っていたが
 さすが伝統のある京都は凄い! 

返信1 Res-No.1 きもの「えいたろう屋」の場所
No.1098272423.1 - 2004/10/22 (金) 21:52:35 - 単衣者 (男) -東京都- <fwik7858@infoweb.ne.jp>
*** Remote User < ntceast051040.east.dup.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461) >

 きもの「えいたろう屋」の場所を教えて欲しい旨のメールを戴きましたので
場所をお書きします

 京都の街(洛中)は碁盤の目のように通りが通っています。
 南北に河原町通り、烏丸通り、堀川通りなどが大きな通りですが
その間を堺町筋、高倉通りなどの通りが有ります。これに対して東西に
一条、二条、三条と大きな通りが有ります。ちなみに京都市役所のある
南北の通りは御池通りと言ってそれはそれは大きな通りです
 この通りと四条通の間に三条通りがあります。この間に有る細い
通りも皆名前が付いていて、童歌になっていて、子供もでも憶えられる様
になっています。 ♪六角、姉さん、蛸、錦だったかなうろ覚えですが

 本題の場所は京都駅から烏丸通りを北へ北へ三条通りまで上がります
 京都では北に行くことを上がると言います。三条通との交差点まで来ますと
北西の角にスターバックスコーヒーが有りますから此処を左に曲がる、京都
では西入ると言います ほんの少し歩いた北側にお店があります
 地下鉄ではお池で下りて烏丸通りを下がってくださいね!

 くどくど書きましたが早坂さんが開店情報を書いて下さっていますから
 こちらをご覧になるのが早いですね!

  http://www.kimono-taizen.com/shop/eitarouya/eitarouya.htm


初めまして。 引用
No.1098266250 - 2004/10/20 (水) 19:35:26 - けーちゃん (男) -住所?- <kimagase@tcat.ne.jp>
*** Remote User < 3d75bb1b.tcat.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF; .NET CLR 1.1.4322) >

初めまして皆様 早坂様 先日 男きもの大全 にある銀座のもとじさんに行って来ま
した、銀座という私にとって高い敷居が有ったのですが思いきって店内に入って店員の
方とお話を聞いてるうちに打ち解けついつい長居をしてしまいした、結局気に入った羽
織の紐をお買い上げ(笑)。また同様に普段着の羽織が欲しくなり浅草のちどりさんに
行きました、日曜日の午後のせいか若い方が多いのには驚きました、20代前半の男女
はともに和服姿男性はハンチングに袴そして皮のケース凝ってました。ここのご夫婦の
接客態度等には初対面ながら好感を持てました、ご主人は私の体型を見ただけでピッタ
リした羽織を出してくれました。お店の宣伝をするつもりでは有りませんが大変勉強に
なるお店と思います、皆様も時間のある時に覗いてみたら如何でしょうか。まだ和服初
心者ですが宜しくお願い致します。


アクション着付の完成 引用
No.1098243742 - 2004/10/20 (水) 12:53:36 - 着付師 小平次 (男) -愛知県- <inuyamamatsueda@par.odn.ne.jp>
*** Remote User < ssjfa-05p1-155.ppp11.odn.ad.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) >

  みなさんこんにちは、小平次です。
 23日の奉納着付に合わせて、アクション着付を公開いたします。場所は国宝犬山城
にある針綱神社です。午後2時からで無料です。アクション着付とは、私が飛んだり跳
ねたりするわけではなく、着付時に三味線演奏に合わせ、振袖用の袋帯を4メートル先
まで飛ばしたり、腰紐を投げ捨てながら着付をします。着付そのものに興味のない方で
も楽しめると思います。是非、みなさんお越し下さいませ。

日本伝統工芸展 引用
No.1098181846 - 2004/10/19 (火) 20:01:00 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩でございます。

また、台風ですね。本当に、嫌になりますね。
そして、宮古島、沖縄、そして奄美大島がテレビやラジオから聞こえてきます。
大過ないことを祈ります。

さて、もう随分前になってしまいましたが、10月2日に伝統工芸展へ、
行って参りました。

当日は、まだまだ暑く、近江縮の着流しで出かけました。
この数日の肌寒さからすると、何故、あんなに暖かだったのかと思います。

実は、伝統工芸展の前に、東京近代美術館で開催されていた琳派展を見ました。
日本の意匠に大きな影響を与えているのを改めて実感しました。
きものも影響を与えてます。

伝統工芸展ですが、琳派展に比べれば、やや空いているように感じましたが、
やはり、たくさんの人が集まってました。陶芸部門を見る人が多いこと。
染織はそれから思うと少なめですね。
ですが、お着物お召しの女性は多かったですね。花織、紅型などをじっくり
ご覧になってる方が多かったですね。
総裁賞を受賞した作品ですが、やっぱり、凄かったです。ウェッブ上の写真では、
写りきれないですね。絣の部分がわからないです。
白が基調で、藍が入り、そこに、墨色が入ります。絣の部分がなんともいえません。
ですが、ご覧になってらっしゃったお着物のご婦人お二方曰く、
「この色合いは、着るのが難しいかもね。」と。
確かに、色の白い方、いわゆる雪女を連想させる方でないと難しいかもしれませんね。

他、いろいろ見ましたが、やっぱり、凄いと思います。
洋服には、ほとんでない世界ですね。

では、ごめんなさい。

ついに・・・ 引用
No.1097077414 - 2004/10/7 (木) 00:48:32 - ひかり (男) -東京都
*** Remote User < yahoobb219192120084.bbtec.net - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705) >

早坂様、みなさんこんばんは。僕は本日、ついにきものデビューしました。早速着て浅
草界隈を散歩したんですが、やはり洋服と違い、ムードがあっていいですね。それに、
個人的に浅草はきものやゆかたがとても似合う町だと思うんで。あと、鎌倉や京都もき
もので出かけてみたいと思います。

返信1 Res-No.1 洋服と違うのが着物の魅力のひとつ
No.1097077414.1 - 2004/10/11 (月) 18:00:35 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm033177.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322) >

ひかりさん、はじめまして。
きものデビューおめでとうございます。
洋服との違いいかがですか?着物のムードにこれからどんどんハマって下さい。
今号「サライ」の池波正太郎特集も着物散策の参考になると思います。
(それにしても、池波正太郎はよく特集されますね)
こらからも、どうぞよろしくお願いします。

ゲストブックへようこそ。 引用
No.1096894282 - 2004/10/4 (月) 22:09:34 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm033177.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322) >

ttanabe@ケンちゃんさん、
ゲストブックへのコメントありがとうございます。
(こちらでのレスとなってしまいすみません)

その土地土地の産物を、共に楽しむ時間、いいですね。
お互い微妙な距離ですが、ぜひどこかで一緒に楽しみましょう。
こちらこそ、改めましてどうぞよろしくお願いします。

返信2 Res-No.2 皆様、ありがとうございます
No.1096894282.2 - 2004/10/6 (水) 22:47:17 - 早坂伊織 (男) -広島県- <hayasaka@kimono-taizen.com>
*** Remote User < nthrsm033177.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322) >

ゲストブックにコメントをお寄せいただいた皆様、どうもありがとうございます。
ゲストブックには個別にコメントを付けることができず申し訳ありませんが、
少しでも、このページをご覧になって下さっている皆様のことが知れて嬉しく
思います。どうぞこれからもよろしくお願い致します。

返信1 Res-No.1
No.1096894282.1 - 2004/10/5 (火) 19:37:22 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県- <ttanabe@kh.rim.or.jp>
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705) >

早坂伊織さん、ご丁寧にありがとうございます。

>お互い微妙な距離ですが、ぜひどこかで一緒に楽しみましょう。

近いとも遠いとも言いにくい微妙な距離ですが
ぜひ宜しくお願いいたします。


こんなのが欲しい パート2 引用
No.1096629169 - 2004/10/1 (金) 20:25:20 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

以前、具体的に、欲しいものを具体的に書いたほうが良いと
ttanabe@ケンちゃんさんが仰ってましたが、
そうしたものが出てきましたので、挙げます。

http://www.rakuten.co.jp/ooedokimono/258151/273839/

岡重さんは本当に良いものを出してらっしゃいますよね。
これは男が着ても、格好良いと思いますよ。

この上のページにあるピノキオやアピエロを羽裏にしても、
おもしろいなと思います。
残念ながら、これらも、幅が足りないのが泣き所です。

以前、雑誌で、フォーク・クルセダーズの加藤和彦さんのきものが
載っていたのですが、音符の襦袢でした。
びっくりしましたねぇ。
本当にお洒落な方と思いました。

では、ごめんなさい。

返信2 Res-No.2
No.1096629169.2 - 2004/10/7 (木) 19:49:30 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

> 私の呼びかけにお答えくださり、ありがとうございます。

いいえ、とんでもない。

> お洒落な襦袢地ですね、裄があわないのが残念ですね。

はい。
実は、この襦袢地、何度か見かけています。
ある呉服屋さんでは、男物として紹介なさってました。
あとで、伺ったところによると、女性がお買い求めだったとか。
女性で、この襦袢とは、ちょっと、びっくりしますね。
もっとも、虎の柄や龍虎の柄の襦袢が欲しいと仰ってる女性に
出逢ったこともありますが。

いづれにせよ、岡重さんはデザインに優れるだけでなく、
生地も最上級のものを使ってますので、さすがだなと思います。
それゆえ、お値段もよろしいようで。(^_^)

> (私は36cm巾の反物からでも仕立てることができるので
>  選択肢では本当に恵まれていると思います。)

羨ましい。何でもできますね。
実は、私の着たいもの、と言いますか、着方に、更紗文様の襲があります。
無地の紬の下に、更紗を襲として着てみたいのですが、うまい具合のが
見つかりません。
お手頃な価格のものを見つけたとき、呉服屋さんに相談しましたが、
ちょっと無理だろうとなりました。
理由は、真冬もそんなに寒くなくなったこと、そして、着物を二枚着ると
厚ぼったくなっちゃいますよとのことでした。もちろん、裄の問題もあります。
ならば、襦袢にできない?と問うと、襦袢にも地厚になっちゃいますねぇと。
「男のきもの達人ノート」では実践されてますが、八丈とともに、
今後の課題となってます。

ttanabe@ケンちゃん さん、襲、いかがです?

> 田舎もんのトトロさんがお好みの襦袢地
> どなたか名乗り出て作っていただけると良いですね

こんな大胆な柄ではありませんが、荒磯模様の襦袢地は見たことがあります。
ですが、こちらを見ちゃうと、寂しくなっちゃいますかね。

では、ごめんなさい。

返信1 Res-No.1
No.1096629169.1 - 2004/10/4 (月) 20:15:59 - ttanabe@ケンちゃん (男) -兵庫県- <ttanabe@kh.rim.or.jp>
*** Remote User < fw.sysmex.co.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705) >

>田舎もんのトトロさん

私の呼びかけにお答えくださり、ありがとうございます。
お洒落な襦袢地ですね、裄があわないのが残念ですね。
(私は36cm巾の反物からでも仕立てることができるので
 選択肢では本当に恵まれていると思います。)

田舎もんのトトロさんがお好みの襦袢地
どなたか名乗り出て作っていただけると良いですね

大島紬 引用
No.1096624668 - 2004/10/1 (金) 20:17:23 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

皆さん、大島紬の証紙に疑問を持ったことはありませんか。

私は、旗印、地球印とあるのが不思議でした。
今は、もう、私の中では、おおよそ解決していますが。

http://www.somesho.com/kitsuke/07_Osharegi/707_Oshima/#shoushi

ですが、《高倉印の笠利》を見たことがありません。

もし、ご覧になられた方がいらっしゃいましたら、教えてください。
○に笠のマークで、笠利町農業協同組合とかかれた証紙は、
Yahoo オークションで見かけたのですが、これがそうなのでしょうか。

地球印と旗印が存在する理由は、「奄美大島紬協同組合について」

http://www.oshimatsumugi.or.jp/index0/k_tuite/k_ayumi/untitled.html

組合のあゆみをご覧戴くとよくわかると思います。
戦争、そして敗戦、奄美群島は、日本に返還されるのが遅かったのですね。
戦争は、きものまでも壊すと感じました。
これは琉球の織物についても同様ですが。

お若い方はご存知ないかもしれませんが、沖縄が日本に返還されたのは、
1972年だったのですよ。

都城大島については

http://www.kougei.or.jp/crafts/0122/d0122-5-3.html

をご覧下さい。あとは、薩摩絣で有名な東郷織物さんも、都城ですね。

もう一ヶ月も前の話になりますが、日本橋高島屋で、日本の絹展が催されてました。
たまたま通ったので、覗いてみたのです。
各産地から、いろいろなものが紹介されてました。
「桐生織」も出てまして、なんと丸帯が掛けられてました。
さすがに、豪奢なものでしたよ。

当日は、近江上布を着ていたこともあり、あまり繁繁と見ると店員さんの
攻撃が恐いので、おとなしく見ていましたが。

奄美大島紬を覗いていたら、有馬絣らしき、幅広の反物(疋ではなく)が
目に入りました。男の方が、出て来て、説明をしてくれました。
やはり、男で、柄を見て、立ち止まるのは珍しいとのこと。
そうしたら、他のものも、見せてくれまして、西郷柄やら120亀甲やらが
出てきました。こちらは疋物。泥染めに、見るからにすばらしい柄のものが
ありました。宝玉とのこと。割込みの技法を用いることもあり、織り上げるのに
日数がかかるとのこと。お値段は税なしで240万円也。
さすがに、この価格ですと、買ってくださいとは言わないものですね。(^_^)
目の保養をさせて戴きました。
同様な柄ですが(といっても随分と違うんですが)、泥藍の精華がありました。
こちらもすばらしかった。こちらは80万円也。
帰りの電車の中で、考えましたが、これって、随分と頑張った価格ですよね。
どちらも喜界島の方が復活、発展させた柄とおしゃってました。

いつかはと思わせるものは、あるもんですねぇ。

と言いながら、安物の大島(機械織の旗印)は四枚作りましたので、
どれか着潰さないとダメですね。

では、ごめんなさい。


返信1 Res-No.1 「日本の絹」展 補足
No.1096624668.1 - 2004/10/4 (月) 20:11:50 - 田舎もんのトトロ (男) -栃木県
*** Remote User < cymbal.cs.gunma-u.ac.jp - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322) >

お晩です。

書き忘れました。

先の「日本の絹」展で、染司よしおかさんのものを見ました。
およそ一年程前、やはり、日本橋高島屋にて、吉岡さんの個展が
ありましたが、それ以来の作品との再開でした。
個展のときには、すべて吉岡さんのものでしたので、感じなかったのですが、
よそのものがあるとよくわかりますね。
吉岡さんの唱える色、日本に合った色というのがよくわかります。
きれいです。なるほどなと思いました。

吉岡さんのところは、もちろん、生地を織って貰ってるのですが、
やさしい風合いのある生地です。
こちらは幅広も用意されています。

私が拝見した色では、阿仙墨線引と鳩羽紫が良かったですね。
あとはお金の問題ですね。(^_^);;

では、ごめんなさい。

全498件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 21 22 23 24 25 ]


最大500件保持 | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.21