98/12/30 〜 1999/11/05 までの書き込み内容です。

■書き込み内容表示1〜25(日付順)

タイトル一覧(ツリー表示)

 

25 Re: 久留米絣と小倉袴 コメント数:  0件
  京屋悟雀  | gojyaku@ma2.justnet.ne.jp 99/01/30 (土) 20:56
 http://www2.justnet.ne.jp/~gojyaku/
> 自分の着物が欲しいと思っているのですが、
> なにせ初めてなものでいくらぐらいかかるものなのか分かりません。
最初の着物なら、リサイクルはどうですか。
私は東京なので、浅草によく行きますが早坂さんのHPにある「ちどり屋」さんにはなかなかいいものがおいてあります。ウールなら1万円代、絹物で2〜3万でかなりいいものが買えます。袴1万5千円でありました。ちなみに野袴の新しいのが1万7千円であります。私買いました。気に入っています。花屋敷の前の古着屋さんもお薦めです。4万5千円の紬を3万5千円に値切りました。たぶん作ったら10万くらいになるのでしょうね。新仲店にも古着を扱うお店あります。袴7千円くらいでありました。
蚤の市もいいですよ。花園神社の蚤の市で(第2.3日曜かな)6千円の長着(絹です)を4000円で手に入れました。カビだらけだった500円の袴も、クリーニングしてはいています。(クリーニング代2千円かかった。)
浅草着物で歩くと、外人さんにカメラを向けられて、ちょっと気分いいですよ。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


24 久留米絣と小倉袴 コメント数:  1件
  ina   | ina@lares.dti.ne.jp 99/01/30 (土) 15:34
はじめまして
自分の着物が欲しいと思っているのですが、
なにせ初めてなものでいくらぐらいかかるものなのか分かりません。
着物屋さんはどうも敷居が高そうで、いくらかかるのか聞くためだけにいくのはどうも腰がひけてしまうのです。
僕がいま作りたいと思っているのが久留米絣に小倉袴のいわゆる漱石の「坊ちゃん」スタイルなのです。
昔なら普段着として安かったのでしょうが、現在だといくらぐらいかかるものなのでしょうか。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


23 (続き) コメント数:  0件
  匿名  |  99/01/29 (金) 17:55
(匿名続き)
 あと、この前私が帯刀について発言しましたが、ちょっと勘違いされている方もいるようです。私が念頭に於ていたのは、短刀といって拵えの全長が40cm前後のもので、大刀のことではありません。そりゃ、特に理由もないのに町中を大刀さしてりゃ危険人物ですよ。だいたい扇子をちょっと長くした程度のものです。この程度だと和装小物の範疇でしょう。ちなみに私は、普段和装時には鉄扇を差してます。今、短刀の拵えを作ってもらっているので、改まった席には拵えだけ差して見ようと思ってます。さらに補足ですが、わたしはいわゆる武術関係者であり、危険人物ではありません(十分危険だという指摘もありますが....)。
 ありすがわさん、私もなるべく勤務時間外から投稿するようにしたいです。投稿の時間が記載されてると、『こいつ、暇なやっちゃな』と陰口が聞こえそうです。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


22 リクエストto早坂さん コメント数:  1件
  匿名  |  99/01/29 (金) 17:53
 またまた匿名です(ちょっと目立ちすぎますね)。早坂さんのHPでフンドシの締め方を勉強させてもらいましたが、この手のものは本だとか着つけ教室だとかで調べるわけにはいかないので、非常に有効な情報源だと思います。ついでに早坂さんならご存じかと思い、リクエストさせていただきますが、腹への晒布の巻方を教えてください。私は最近腹がでてきて腰が痛いので、洋装時には晒を巻くことがあります(和装だとこの必要ありませんね!)。適当に巻いているのですぐに撚れてしまいます。
 
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


21 Re^3: すごく参考になります コメント数:  0件
  ありすがわ  | dummy@tokumeikibou.co.jp 99/01/28 (木) 18:09
ありすがわです。

>>でも和装していて思うのですが、多くの人は『どうして
>>そんなカッコするの?』って尋ねます。

私も和装で出かけるとよく言われます。
最近なんか茶道の先生に言われてしもうた(核爆)。

>> あと自己フォローですが投稿のあと調べたのですが、
>> 帯の手と元の位置がずれる現象ですが、これは関東
>> と関西(どっちがどっちだか忘れた)の違いだそうです。
>> 知っていたらご免なさい。

そうだったんですかぁ。
着物に限らず、瓦とか畳のサイズとか尺度も東西で大きく
違ってしまいますよね。着物のしきたりもその一つでしょうね。
そういえば既婚女性の着物につける紋は女紋(実家の紋)に
するか男紋(婚家の紋)にするかどうか、も関西・関東で逆
でしたよね。

>> それにしてもありすがわさんのアドレスはすごいですね。

............(^-^;) ごめんね、ダミーのメールアドレスなんですヨ。
でも職場からメールしてるもんで、ちとやばいっすよ。
早坂さん、メールアドレス無しでも投稿できるようにする事は
できませんか?そうすればアクセス数もけっこう増えるような
気がしますが....................。

ではでは(^^)/~


【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


20 帯と履物 コメント数:  0件
  匿名  |  99/01/28 (木) 10:44
早坂様および同士の皆様、
> さて、貝の口と侍結び(浪人結び?)の結び方についてですが、垂れと
> 手の向きが逆というのは、上下あるいは左右の位置が逆ということなの
> でしょうか?いずれにせよ、関東結びと関西結びでは貝の口の結び目が
> 逆になり、どちらが本式ということはないように思います。また、これ
> らのことは、右利きと左利きの違いでも生じる事かも知れません。正式
> を知るのってなかなか難しいです(^^;。

左右ということですが、なんで関東と関西で逆になったのか面白いですね。また皆さんの意見を聞いて、服飾に王道とか正式とかにこだわらないほうがいいことに気付きました。ありがとうございます。


> なお、札幌の現代屋さんのHPが詳しいのでそちらも覗いてみては如何
> でしょう?確かスパイク付き草履とかもあったかと。
> 現代屋 http://www.tanukikoji.or.jp/gendaiya/

見ました。これまた参考になりました。実は私も良く行く店なのですが、今度直接聞いて見ます。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


19 Re: 質問again コメント数:  1件
  早坂伊織  | knut@ro.bekkoame.ne.jp 99/01/27 (水) 11:54
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/knut/
誰のレスもつかないってのは、やはりちょっと寂しいですね。(^^;
このページはPR不足のためか、まだまだアクセスは少ないようです。
もう少し賑やかになれば楽しくなると思いますが、どうぞ気長にお付き
合い下さいませ。(^^)

さて、貝の口と侍結び(浪人結び?)の結び方についてですが、垂れと
手の向きが逆というのは、上下あるいは左右の位置が逆ということなの
でしょうか?いずれにせよ、関東結びと関西結びでは貝の口の結び目が
逆になり、どちらが本式ということはないように思います。また、これ
らのことは、右利きと左利きの違いでも生じる事かも知れません。正式
を知るのってなかなか難しいです(^^;。

また、雪国での履物は、最後はやはり藁沓になるのでしょうね(^^;しか
し現代ではやはり長靴が現実的でしょうか。私は深い雪には縁のない地
域に住んでおりますので、この件は雪国の方のご意見を期待したいです。
なお、札幌の現代屋さんのHPが詳しいのでそちらも覗いてみては如何
でしょう?確かスパイク付き草履とかもあったかと。
現代屋 http://www.tanukikoji.or.jp/gendaiya/
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


18 Re: すごく参考になります コメント数:  0件
  早坂伊織  | knut@ro.bekkoame.ne.jp 99/01/27 (水) 11:52
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/knut/
札幌の匿名さん、早坂伊織です。
RESが遅くなってごめんなさい。何しろ、自宅のPCが故障してしば
らくアクセスできなかったものですから。(^^;

不祝儀の時の礼装の羽織紐の色ですが、これは地方によっても様々で、
どれが正式というのではなく、一般的に多く用いられる色が黒や灰色と
いうことのようです。なお、個人的には、羽織紐の色に限らず必ずしも
「正式」に拘らなくてもよいのでは?思っています。

また、腰のもの(短刀、脇差しなど)が「和装小物」から抜けていると
のお話、なるほどと思いましたが、これはある意味かなりマニアックな
ご指摘ですね。(^^;確かに昔は必須アイテムだったのかも知れませんが、
現代ではアクセサリの一種として用いるほかありませんものね。万人受
けするのはかなり難しいかも知れませんが、コスプレ志向の人には受け
るかも。

それにしても、和装品にはまだまだ奥深さが残っているようで、よい刺
激となるコメントをどうもありがとうございました。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


17 Re^2: すごく参考になります コメント数:  1件
  匿名  |  99/01/27 (水) 11:49
ありすがわさん

コメントありがとうございます。

> 和装の装いの中で、「悼む気持ち」を時代に合ったカタチで取り入れた
> ものなんだと、受け止めるという発想もあるような気がします。いかが
> でしょうか?

そうですね。盛装の色にしても、帯刀するかにしても、結局は自分と周りの人の反応の問題ですね。ようは他人が不快にならない範囲で自分の好きなようにやればいいのですね。でも和装していて思うのですが、多くの人は『どうしてそんなカッコするの?』って尋ねます。”日本人が日本人の格好するのがそんなに変かね”とやりかえすのですが、こんな意固地な性格だから、私は”正式”あるいは”西洋文化排斥”みないな幻想に憑かれていたのかもしれません。目が覚めました。
 あと自己フォローですが投稿のあと調べたのですが、帯の手と元の位置がずれる現象ですが、これは関東と関西(どっちがどっちだか忘れた)の違いだそうです。知っていたらご免なさい。
 ところで商用ネットではみんな、本名は使わないのですね。宝島社の『おかしいネット社会』読むと確かにそうしたほうが良いのかもしれませんね。それにしてもありすがわさんのアドレスはすごいですね。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


16 Re: すごく参考になります コメント数:  1件
  ありすがわ  | dummy@tokumeikibou.co.jp 99/01/26 (火) 19:23
>> とくに正装時にはかつては庶民も含めて、短刀や脇差しを
>> 差したのですから、それを完全に省略するのはなんだか寂
>> しいと思います。一点腰にあるだけで、見ためにも筋がキ
>> リっと入りかっこいいと思いますが、皆さん、いかがでし
>> ょうか?

うーん........そうですね。でもって馬に乗って街を回れたらもっとカッコ良かったりする(核爆)

実は、私は、家にある居合刀を帯刀したことがあるんですよ。
だけど、帯刀したままの立ち居振舞いはちょっときついかもしれない。たとえば、洋式椅子(背もたれがある椅子)には刀が邪魔で座れない。街を歩くとすぐ人に当たってあぶない。ドアを開けるのはいいけど閉める時に刀が邪魔になったりする。

生活スタイルが洋風になると着用しづらくなるものなんですよね、脇差しとかは。それが脇差しが結婚披露宴の場などからも消えてしまった理由の一つでしょう。その証拠に、今も使われている末広(扇子)は暑いときにもぱたぱた仰げば実用的ですものね。
物の盛衰には、やはり時代というものの要素が大きいのではないかと思ってしまいますが、いかがでしょうか?
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


15 Re: すごく参考になります コメント数:  3件
  ありすがわ  | dummy@tokumeikibou.co.jp 99/01/26 (火) 19:21
ありすがわでございます。

たしかにNO RESPONSEはわびしいものがありますよね(^^;)。
というわけで、答えになるか分かりませんが、コメントさせて下さい。

私が読んだ本にも「不祝儀の時の羽織紐は黒」と書いてあったような
気がします。ここは諸説紛々なのかもしれませんね。

だけど、ちょっと待って。
明治維新前の第一礼装の色は何だったかご存知ですか?実は、黒では
なくて褐色(かちんいろ)だったのですよ。明治時代に「第一礼装の
色は黒」と規定されて現代に至っているそうです。
ということは、黒という色には、和装の場合、喪の色というよりも最
高礼装の色という性格が強いんじゃないでしょうか(あくまでも憶測
..........)?

さて、羽織紐や女性の草履の色の件ですが、確かに西洋的感覚を着物
に取り入れた影響が感じられます。でもそれはそれでいいのではない
でしょうか???
和装の装いの中で、「悼む気持ち」を時代に合ったカタチで取り入れた
ものなんだと、受け止めるという発想もあるような気がします。いかが
でしょうか?

【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


14 質問again コメント数:  2件
  匿名  |  99/01/23 (土) 11:19
 この前、書き込みをした匿名です。羽織紐の色についてだれもレスしてくれないので、寂しいものがあります。
 めげずに他の質問をします。早坂さんのHPの説明の貝の口と侍結びの結び方ですが、私がやっていたやり方とはたれと手の向きが逆でした。一文字のほうは同じ向きでした。気になったのでいくつかの本をみたところ、やはり早坂さんのやりかたとは逆でした。いままで私は何で一文字と侍結びで手とたれの向きが違うのか疑問でしたが、早坂さんのやり方のほうが、筋がとおっていると思いました。でも、早坂さんも言われているように、自分の好きなようにアレンジするのが筋だとおもいます。でも一応、”本式”なのはどっちのやり方なのか知っておくのもいいとおもいます。どなたかわかる方がいましたらご教授下さい。
 さらに質問ですが、わたしは積雪地域に住んでおりますが、外出時はどのような足をしたら良いのでしょう?わたしは夏に雨が降るときは下駄をはきますが、深い雪では下駄も役にたたないのでゴム長をはいてます(カッコ悪ー)。積雪地域の他の人はどのような履物をつかっているのでしょうか?なんか言いアイデアがあったら教えてください。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


13 すごく参考になります コメント数:  7件
  匿名  |  99/01/20 (水) 11:32
 始めまして。札幌の匿名といいます。本館に訪れ感動しました。特に今までフンドシの締め方を自己流でやってきたので、すごく参考になりました。
 ところで、和装に関していくつかの疑問点があります。まず、不祝儀の時の礼装の羽織紐の色ですが、これは黒とのことですがそれが正式なのでしょうか?私には祝儀であろうと不祝儀であろうと白が正式に思えるのですが。黒にするのは洋装からの類推ではないでしょうか?女性の雪駄のはなおのいろも黒というのも何だか西洋クサイと思いますがどうなんでしょうか?
 またこれは質問というよりも主張ですが、和装小物の説明のところで、腰のもの(短刀、脇差しなど)が抜けていると思いました。現在は町中に真剣の刀身の入ったものを帯びてあるくと、当局から取り調べがあるので、実際には短刀の拵えだけやその代用品として鉄扇などでも帯びれるとおもいます。とくに正装時にはかつては庶民も含めて、短刀や脇差しを差したのですから、それを完全に省略するのはなんだか寂しいと思います。一点腰にあるだけで、見ためにも筋がキリっと入りかっこいいと思いますが、皆さん、いかがでしょうか?。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


12 お久しぶりです! コメント数:  0件
  TOMATO   | a-egg@xa2.so-net.or.jp 99/01/20 (水) 01:49
早坂様!お久しぶりです!お元気ですか?
昨年はお世話になりました!
いろいろと勉強させていただいたり、楽しいひとときを
すごさせていただきました!

今、私もHPの制作に取り組んでおりますので、そのうち、
見ていただきたいと思います!
では、ここにも、また遊びに来ますので、よろしく!
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


11 新装+新年祝い コメント数:  0件
  ダニー  | danico@pop16.odn.ne.jp 99/01/06 (水) 23:10
明けましておめでとうございます。
新装オープン良いですね。扉の自画像がウケました(笑)

最近、「カジュアルフライデー」と称して毎週金曜日はきもので出勤してます。
で、年末から仕事初めにかけて、しばらくきものが続いた為か、
通常業務開始の今日、洋服で会社に行ったら「違和感がある」と言われてしまいました。
まあ、私も洋服着るのは二週間ぶりだったので、なんとなく違和感はありましたが(笑)

やったもん勝ちでしょうか。
可能な人は「カジュアルフライデーはきもので」が、オススメです。
【新規投稿】 【この投稿にリプライ】 【投稿者削除】


10 謹賀新年及び初めまして コメント数:  0件
  京屋悟雀  | gojyaku@ma2.justnet.ne.jp 99/01/06 (水) 21:39
 http://www2.justnet.ne.jp/~gojyaku/
明けましておめでとうございます。
そして、初めてお目にかかります。悟雀です。
今年から仲間入りさせていただきます。
着物歴35年。でも年齢は48歳。
「男の着物族」という美しい動物を絶滅から救いましょう。

去年の暮れから今年の正月にかけて5回ほど浅草へ行きましたが、男の着物族には2人しか出会いませんでした。しかもお二人とも60過ぎの方と見受けました。
寂しいです。


9 隠れきものユーザーは結構多いですね。 コメント数:  0件
  コヤマ信幸  | nobuyama@pop17.odn.ne.jp 99/01/06 (水) 21:36
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。このHPのおかげで私の「きもののある暮らし」がずいぶんと豊かに膨らみました。心から御礼申し上げます。
この3が日は着物姿で出歩いても奇異な目で見られることもなく、至極おだやかに過ごせました。時折、着物姿の男性も目にすることもでき、中にはかなり立派な品をきちんと着こなしている方も見かけました。こうした潜在的な(季節的な?)着物ユーザーは結構多いようですね。「正月だけ」と考えずに、もう少し気軽に着物を着てくれるといいな、と思ったものです。
着物を着始めてからようやく3年目です。今年は袴に挑戦してみたいと思います。どんな袴を、どんなTPOで着てみようか、と考えてみるのも楽しいですね。


8 今年もよろしく コメント数:  0件
  深大寺  | contessa.egami@nifty.ne.jp 99/01/05 (火) 02:17
 http://member.nifty.ne.jp/REDKING/
 1999年も明けてはや4日がたってしまいました。

 あすからまた、仕事が始まり、同時に着物生活の始まりです。

 お正月の間は子供らといっしょに泥だらけになっていましたので、着物でいたのは、大晦日と元日くらいなのでした。

 昨年の暮あたりから、着物で仕事、が確立されてきました。家のまわりで着物を着ても恥ずかしくなくなりました。10/31の大全会の影響は多大なものがありますね。

 今年はどうやってまた着物を楽しむか、いろいろとトライしてみようと思います。

 ご挨拶まで。


7 今年もよろしくお願いいたします。 コメント数:  0件
  伊達信夫  | YRM01476@nifty.ne.jp 99/01/04 (月) 13:24
早坂伊織さま、大変お久しぶりです。
明けましておめでとうございます。

大幅な更新にびっくりしました。
昨年は私にとって着物元年となりました。
これもひとえに早坂様のHPのおかげです。
本年もよろしくお願いいたします。


6 新年あけましておめでとうございます。 コメント数:  0件
  早坂伊織  | knut@ro.bekkoame.ne.jp 99/01/03 (日) 01:05
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/knut/
皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、皆様のおかげで様々な形で「きもの」との関わりを持つ
ことができ、個人的にもほんとうに思い出深い年となりました。

着物には、人々の心を和ませ、そして熱くさせる、底知れぬ魅力
があることを改めて感じたことも事実です。

今年もまた、皆様とのよき出逢いが新たな喜びとなりますように。

本年も「男のきもの大全」をどうぞよろしくお願い申し上げます。


5 おめでとうございます〜 コメント数:  0件
  雅(まさ)  | RXP10172@nifty.ne.jp 99/01/01 (金) 19:38
 http://member.nifty.ne.jp/KIMONO/
あけましておめでとうございます。

そして、掲示板開設おめでとうございます!


私も、去年から続く猛烈な忙しさから開放され、
なんとか落ち着きを取り戻して、
いろいろあれやこれやできそうです。

それでは、どうぞよろしくお願いします。


4 あけましておめでとうございます コメント数:  0件
  松井順嗣  | jyofukji@skyblue.ocn.ne.jp 99/01/01 (金) 13:46
あけましておめでとうございます。

お久しぶりです。

着物は大好きで、時々着ていますが、帯は普段は「貝の口」で結んでいますが、お正月なので袴を付けようと思って、「浪人結び」の確認の為に久しぶりにHPを訪問させて頂きました。


今年も宜しくお願い致します。


3 1999年おめでとうございます コメント数:  0件
  横田充洋  | miskij@amy.hi-ho.ne.jp 99/01/01 (金) 00:02
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/miskij/
あけましておめでとうございます。
旧年は色々おつかれ&お世話になりました。

こちらといえば居合にのめりこんで古着屋で五ツ紋付き上下を揃えたら、
2月に従兄弟の結婚式に呼ばれることになりました:-)

今年もきものにとり、いい年になりますように。


2 【ご利用上の注意とお願い】 コメント数:  0件
  早坂伊織  | knut@ro.bekkoame.ne.jp 98/12/30 (水) 17:07
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/knut/
【ご利用上の注意とお願い】

1.ネチケットを守り、良識ある発言を心がけて下さい。
みんなが楽しく気分よく集えるようご協力願います。
2.すべての書き込みに対して、作者(早坂伊織)からの
コメント・レスポンスをお返しすることはお約束でき
ません。また、毎日定期的に掲示板の内容確認を行う
こともお約束できませんので、どうぞご了承下さい。
3.作者(早坂伊織)からの回答を要する直接的なご質問
やお問い合わせは、この掲示板ではなく個別のメール
でお願いします(掲示板内の発言を見落としたりなど
で、返信できない可能性があります)。

それでは、みなさん、楽しいきものライフを楽しみましょう。(^^)


1 「伊織庵」を開設しました! コメント数:  0件
  早坂伊織  | knut@ro.bekkoame.ne.jp 98/12/30 (水) 16:55
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/knut/
「伊織庵(いおりあん)」は「男のきもの大全」専用の掲示板です。みなさまからのお便りをご紹介する「お便りコーナー」に代わり、新たな交流の場としてこの掲示板スペースを用意しました。「男のきもの大全」ホームページへのご意見・ご感想・ご要望などを始め、きものファンである皆様の相互の交流のための書き込み等を、自由に行って頂くためのスペースです。以下の注意事項を守り、楽しくご利用下さるようご案内申し上げます。なお、今まで通り、個別メールでのご意見、ご感想やご質問などもお受け致しますので、どうぞお気軽にメールして下さい。

今後とも「男のきもの大全」をどうぞよろしくお願いします。(^^)

Copyright Iori Hayasaka 1999. All Rights Reserved.