「おしゃれな誂えの草履」


ワインと呼ばれるエナメル表の台にトンボ柄の印傳の鼻緒を組み合わせた草履です。
この手の履物はおしゃれ用ですが、なかなか好みの物が見つからないなら、
いっそのことオーダーメイドしてしまいましょう。私の場合、8.5寸というサイズの
台が既製品では品揃えが少ないため、変わった履物は大抵誂えになります。
(ちなみに、足のサイズは26.5cm。和装履物はこの位から大きなサイズの部類になります)
誂えると言っても履物の場合、既製品と値段はそれほど変わりませんから、
注文できるお店であれば気軽に相談してみるとよいでしょう。

写真の草履は「和服を買う」のページでも紹介している浅草雷門の長谷川商店さんでオーダー
した誂えの草履です。このお店では、台の形や表張りの素材、鼻緒、底などの各パーツを、
膨大な種類と品数の中から自由に組み合わせて好みの一足を注文することができます。
しかも安い!
この手の草履や雪駄は普通に買えば安くても2〜3万円以上はしますが、
このお店ではオーダーして誂えても税込みで13,900円という安さでした。
ただし、出来あがりまでに普通は2〜4週間前後の時間が必要になります。

長谷川さんの値段は別格ですが、和装履物は案外洋装の靴より安いもの。
上手に買物して、お気に入りの和装ライフを広げてゆきましょう。

   
各素材の色柄の組み合わせに悩んだ末のものですが、満足のゆく一足に。(^^)
台の踵周りに張り込まれた鼻緒と同じ印傳が最大のアクセント。
もちろん、この部分は表張りと同じ素材にすることもできます。

底のパーツも自由に選択が可能。
雪駄か草履かに関わらず、赤革底や
写真のクローム底が自由に選べます。
クローム底は踵部分がゴム製なので
雪駄より滑りにくく歩きやすいです。

    


色足袋と合わせて個性的なおしゃれを楽しみたいところですが、
足元を目立たせたいなら、白足袋と合わせればぐっと鼻緒が引き立ちます。

ほらほら、あなたもこんなの一足欲しくなったでしょ?(^^;
ここでご紹介した長谷川さんに足を運ぶなら、よーく欲しい履物のイメージを決めておかないと、
想像を絶するほど大量の種類に圧倒されて悩み込んでしまいますから注意しましょう。

問い合わせ先
「長谷川商店」
台東区雷門2-19-1
電話 : 03-3841-0144
営業日は、月〜金。土日祝日は休み。
注)お買物は現金のみ





1999年5月30日 掲載

  

Copyright Iori Hayasaka 1999. All Rights Reserved.