北海道




ユーカラ織(ゆーからおり) [織物(羊毛・絹・綿などを使用)]
  Memo 「優佳良織」とも表記される。色彩職豊かで立体的な織物。帯地や羽織などに。
        旭川市の染色作家、木内綾氏が昭和37(1962)年に創作した織物。
厚司織(あつしおり) [織物(オヒョウを使用)]
  Memo 「アツシ織」「アットゥシ織」とも表記される。
        「アツシ」とは「オヒョウ(ニレ科の落葉高木)」の意

        「アットゥシカラペ」という原始的な地機を使って織られるが、この織り機は、
        糸の張り方で幅を変え、着る人のサイズに合わせた布を織ることができる。