沖縄県




芭蕉布(ばしょうふ) [特殊織物]
  Memo 糸芭蕉の繊維から作った糸で織り上げた布。現在は夏の高級着尺。
        古くから夏の衣料として庶民に愛用されたが、現在では極めて特殊な趣味性の高い
        衣料。主産地の名から喜如嘉芭蕉布(きじょかばしょうふ)と呼ばれることもある。
宮古上布(みやこじょうふ) [麻織物]
  Memo 越後上布と並ぶ超高級夏用着尺。極薄で表面に光沢がある。
八重山上布(やえやまじょうふ) [麻織物]
  Memo 沖縄石垣島の爽やかな風を感じることのできる夏の高級着尺。
八重山交布(やえやまこうふ) [麻綿交織織物]
  Memo 経糸に木綿糸を使う点以外は八重山上布と同等の製法による着尺地。
読谷山花織(よみたんざんはなおり) [綿織物]
  Memo 地元では「ゆんたんざはなうい」と呼ぶ。絹、麻、芭蕉地でも織られている。
与那国花織(よなぐにはなおり) [絹織物]
  Memo 本来は木綿や麻の織物だが、現在は絹織物が中心。
与那国手巾(よなぐにてさーじ) [綿織物]
  Memo 「シダティ」とも呼ばれる。絹、麻、芭蕉地でも織られる。
与那国ドタティ(どたてぃ) [綿麻交織織物]
  Memo ドゥタティとはドゥ=4つ、タティ=仕立ての意。現地ではポピュラーな存在の作業着。
南風原花織(はえばるはなおり) [絹織物]
首里織(しゅりおり) →※首里の織物の一般総称名。
首里花織(しゅりはなおり) [絹織物]
首里紬(しゅりつむぎ) [絹織物]
花倉織(はなくらおり) [絹織物]
琉球絣(りゅうきゅうがすり) [絹織物]
  Memo かつては麻や木綿の絣も広く知られていたが、現在は絹絣を指すことが多い。
沖縄美絣(おきなわびがすり) →※琉球絣の一つ。
琉球紅型(りゅうきゅうびんがた) [染色技法]
  Memo 麻布・綿布・芭蕉布・縮緬(ちりめん)などの生地が使われる。
久米島紬(くめじまつむぎ) [絹織物]
竹富ミンサー(たけとみみんさー) [綿織物]
  Memo 木綿の細帯。ミンサーは竹富島の他、読谷、小浜島、与那国島などで織られている。
竹富グンボウ(たけとみぐんぼう)  [綿麻交織織物]
  Memo 経緯が違う糸で織られた交布をグンボウという。芭蕉を使った織や、帯用の白生地も。
板花手織手巾(いたばなておりさーじ) [麻織物/綿織物]
桐板(とんびゃん、とんばん)
  Memo かつて沖縄の那覇生産されていた清楚で気品のある「幻の高級織物」。
        芭蕉布より歴史が古く、竜舌蘭(りゅうぜつらん)の一種から採った原糸で織った
        とされているが、戦争で途絶え消滅してしまった。白地の絣または縞柄があった。