袴の畳み方

■ 一般的な畳み方

袴は構造上、ひだがたくさんあって適当に畳むと皺になりやすいので、きちんとした畳み方を知っておくと重宝します。紐の畳み方も一見複雑そうですが、一度覚えれば簡単ですので、ぜひ覚えてみて下さい。なお、この袴紐の畳み方は保管時に利用される一般的なものだと思います。

袴を平らなところに広げ、前後のひだが折り目に沿って自然ときれいに整うように揃えます。

まず、後ろひだ上に向けて整え、写真のようにひっくり返して表の前ひだを整えるときれいになります。
裾から約1/3くらいのところを内側に折り返します。このとき、袴のひだがきれいに揃ったままになるように注意します。

和裁用の長い物差しなどを利用するときれいにできます。
腰板のついている部分を同じようにして折り返し、先に折り返した裾の上に重ねます。

折り返したら、腰板が上になるように、袴の向きを変えて置きます。
袴の前紐(長い方)を写真のように、畳んだ紐の先が輪になるようにして残りを内側に折り畳み、右の紐が上になるように重ねて斜めに置きます。
今度は袴の後ろ紐(短い方)を写真のようにX字の交点の下から上にくぐらせます。このとき、左右の紐は交差させず、左から来た紐は左上に、右から来た紐は右上に出るようにします。
次に上に出した紐をそれぞれ斜め下に折り曲げ、折りたたんだ前紐と平行になるようにして置きます。
写真のように、クロスしている左右の前紐の下をくぐらせて、斜め上に引き出します。
上に引き上げた紐をそれぞれ半分の長さに折り、最初左から来た紐は右下に、右から来た紐は左下に出るようにして、写真の位置に通します。
前後の紐で結び合わせた部分を少し引き締めて、形を整えたら完成です。




Copyright Iori Hayasaka 1997-2003. All Rights Reserved.