本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

六尺褌の締め方(中・長尺編)How to wear Rokusyaku-Fundoshi

六尺褌の締め方(中・長尺編)
■ 締め方のバリエーション


六尺褌にする布の長さを体型や好みに合わせて調節することで、前垂れ型の締め方だけでも以下のバリエーションが考えられます。季節や用途、好みに応じて締め分けて見て下さい。

  • 前垂れが単で、横廻しが一重のもの(短尺の六尺)・・・・・・・・・・約六尺(227cm)必要です。
  • 前垂れが二重で、横廻しが一重のもの(中尺の六尺)・・・・・・・・約七尺(265cm)必要です。
  • 前垂れが単で、横廻しが二重のもの(やや長尺の六尺)・・・・・・約八尺(302cm)必要です。
  • 前垂れが二重で、横廻しが二重のもの(長尺の六尺)・・・・・・・・約十尺(378cm)必要です。

前垂れが単か二重かは、最初に布を前でおさえるとき、布を二重にするかどうかだけですので、ここでは最も長い長尺六尺の締め方を説明します。あとは布の長さを変えて応用するだけで締められると思います。


■ 締め方

こんな風にして布の端を折り返して揃えておくと、前垂れ部分だけを二重にすることが出来ます。折り返した布は必ず内側(肌につく側)にして布を押さえます。
二枚重ねにするときの長さは、へそよりも少し下くらいにします。ちょうどオチンチンの付根くらいがちょうどいいでしょう。股にかかるほど長く折り返すと、褌を締めた時後ろの立廻しの横から布がはみ出てしまいます。
あとは短尺のときと基本的には同じように締めていきます。

長尺のときは、横廻しを二回胴に巻き付けるのが特徴です。胴に巻く時は握っている布を少し広げて幅を持たせ、食い込んでも痛くないように加減して下さい。
横廻しを二回胴に巻き終わったら、立廻しになる布の下をくぐらせ、緩まないようにしっかりと持ちます。
そのまま上に引き上げ、短尺六尺の締め方で説明したようにして、好みのきつさに締め上げます。
上に引いた布を左下から二本の横廻しの下をくぐらせて上に引き上げ、しっかりと締め上げます。

※写真はわかりやすいように少し緩めていますが、実際には緩まないようにみつの部分を押さえながら、手早く絡げて締め上げて下さい。
上に出た余った布は、横廻しの右下に引き降ろし、右の横廻しの内側を下から上にくぐらせて締め上げます。
更に横廻しの左下に引き降ろし、同様に左の横廻しの内側を下から上にくぐらせて締め上げます。
余った布先を横廻しに巻き込むように絡げて締め上がりです(余った布の始末方法は各自工夫してみて下さい)。
締め上がりを前から見たところ。

前垂れ部分が二重になっているのでしっかりしており、上から和服などを着ても皺になりにくい。また、冬などは前垂れがあるだけで暖かく、肌に触れる感触も心地よいものです。冬場は少し厚手の毛斯などで締めると、より効果的です。

■ 前垂れが邪魔になるときの始末方法

その1.「ミニ前垂れ」の作り方
前垂れの中央あたりを水平に両側からつかんで持ち上げます。
持ち上げた前垂れの両端を横廻しに挟み込んで出来上がり。

こんな風に前垂れを短くすることが出来ます。長さは好みで自由に調節して下さい。なお、最初からこのくらい短い前垂れにしたい場合は、布地の長さを短めにし、短めに前で押さえて締めはじめれば同じように出来ます。
その2.「小粋な三角形」の作り方
前垂れの一方の先をつまんで斜めに持ち上げ、三角形を作ります。
反対の端も同様にして持ち上げ、端を横廻しに挟み込んで留め、さかさまの二等辺三角形をつくります。

これだと、ちょっと見にはふんどしには見えないですし、ちょいと小粋な江戸っ子風です。また、ジーンズなど、洋服の下に締める時もこうしておけばトイレの時も邪魔になることはありません。


「褌」のページへ←→「肌着をつける」へ




    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全