越中褌の締め方

■ 締め方

ここに紹介するのは、もっとも一般的な越中褌の締め方です。越中褌は六尺褌ほど多様な締め方はないと思いますので、この締め方一つで十分と思います。下の締め方では先に紐を結んでから布で覆いますが、これとは逆に、布を前で押さえておいて、前から後ろに紐のついた側の端をくぐらせ、紐をあとから身体の前で結ぶ方法もありますが、六尺と違い、締め上がりはどちらも全く同じです。

布がお尻の上から垂れ下がるよう腰にあて、左右の紐を前に廻し、下腹で紐を結びます。結び方は、片結びや蝶結びでよいのですが、結び目があまり大きいと、ごろごろして邪魔になります。

後ろから布を当てる時は、正面(お腹の側)に布の表(前垂れの先の縫い取りの布が折り返してない方)が向くようにします。
布を後ろから股の下をくぐらせ、紐の下を通して上に引き上げます。布を広げながら締め具合も調整します。
←できあがり。
写真の越中褌は左右の紐が同じ長さになっているので、どうしても結び目がお腹の中央に来てしまいます。売られている越中褌のほとんどは、こうした左右同じ長さの紐がついていますが、本当は一方の紐を短くし、左右どちらかの脇で結ぶようにすると、結び目がお腹の上で邪魔にならず、快適です。晒し布があれば、簡単に作れますから、自分の好みにあったものを自作するといいでしょう。また、前垂れの長さも好みによりますが、写真のように膝より少し上くらいがちょうどいいと思います。

作務衣で出会うもう一人のわたし

伝統作務衣専門の通信販売
種類豊富30品以上。和装小物も有り。
送料全国一律600円。代引手数料無料!

「褌」のページへ←→六尺の締め方1へ

Copyright Iori Hayasaka 1998-2003. All Rights Reserved.

おことわり:本ホームページの画像・文章を無断で転載使用したり、アダルトサイトへのリンクは固くお断りいたします。