袴紐の結び方

■ 何通りもある袴紐の結び方


袴の紐の結び方は、十文字と一文字が代表的ですが、その他にもいろいろあります。一般に、正礼装の時は十文字とされていますが、それ以外でも自分の好みに合わせ、自由な結び方でセンスよく袴を活用しましょう。以下に袴紐の結び方のいくつかをご紹介します。

■ いろいろな結び方

一文字結び・その1
畳んだ紐の中央を下の紐でしっかり巻き込んで締める所まで、十文字の結び方を参考にして、同じように結びます。 下に余った紐を畳んで横にひねり、袴の前紐の下に折り込んで見えないように始末します。 一文字になった結びが左右対称になるように結び目を整えて出来上がりです。

上の写真はかなり結び目が上に上がってしまっていますが、結び目はもう少し下に来るようにすると、バランスよく見えます。

一文字結び・その2
※これが最も簡単ですが、結び目がやや厚ぼったくなります。
畳んだ紐の中央を下の紐でしっかり巻き込んで2〜3回締めるます。 下に余った紐を内側に半分に畳んで、もう一度上から巻き込みます。 一文字になった結びが左右対称になるように結び目を整えて出来上がりです。

重ね片結び
※以前訪れた鈴源織物の長根さんに教わった、とってもカジュアルな感覚の結び方です。
後ろ紐を前でしっかりと交差させます。 左の紐を先に結んだ袴の前紐の下から上にくぐらせます。この時、上に引き出した紐は二つに重ねたままにして長さを決めます。 右の紐も半分に重ねて持ち、上の紐を上から下に降ろします。
そのまま普通に片結びにして上に引き抜き、しっかりと結びます。 形を整えて出来あがり。紐の長さや形はいろいろ工夫してみて下さい。 ちなみに、長根さんがお召のこの平成袴(野袴)は、サイドに布が覆ってあり、ポケットまでついているスグレモノです。

この結び方は、各自いろいろアレンジして楽しめる非常に簡単な結び方として、
特に野袴などにオススメです。
なお、結び名は私の方で勝手に命名させてもらいました。

野袴はとても活動的。
普段にも活用しましょう。
裾も洋服のズボンみたいにスリムでしょ。
更にこの袴は、小用の時の前空きがちゃ
んとついています。しかもファスナー付き!


結びきり(一例)
※昔の書生風の袴姿でよく見られる結び方ですが、様々なヴァリエーションがあります。
十文字の時と同様に、後ろ紐を前でしっかりと交差させます。 右の紐を前紐にからげ、下から上に引き抜きます。 左の紐を上から下に絡げて右下に出します。
ここで一度しっかりと締めます。 下の紐を上に折上げ、写真のように形を整えながらひと結びします。 しっかりと結び切ったら、余った紐を左右に振り、帯の両脇で袴の紐に絡げて止め、出来あがり。
左右の紐の絡げ方は、もちろん逆でも構いません。自然に結べる方で結びます。

なお、袴の紐の結び方は、この「結びきり」が普通とされた時代もありましたが、
常にこの結び方で袴を着用すると、すぐに紐が擦り切れて傷んでしまいます。
そこで考案されたのが、十文字結びなどの結び方ですが、
袴の種類や着こなす状況に合わせて、自由な結び方で袴をもっと活用しましょう。






Copyright Iori Hayasaka 1998-2003. All Rights Reserved.