本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

乳(ち)への取り付け方How to Attach to the "Chi"

乳(ち)への取り付け方
■ 「鐶付け用」と「直付け用」とがある羽織紐


一般的な、S字鐶(金具)で羽織りの「乳(ち)」に引っかけるだけの羽織紐は、はじめから結んでありますが、S字鐶を使わず直接紐を羽織に結びつける直付け用の羽織紐は、紐を結ぶ前に羽織の乳に紐を取りつける必要があります。この場合、当たり前ですが、結んだ後から紐を乳に通すことは物理的に不可能です。なお、「直付け用」として売られている羽織紐でないと、紐の先の輪が小さいためこのページで説明する方法で羽織りの乳に取り付けることはできません。「鐶付け用」のものはS字鐶という金具を用いて取り付けます。

■ 取り付け方

羽織紐の端に付いている、細い紐の輪の部分(「つぼ」といいます)を、羽織の乳に通します。通常、内から外に通しますが、通しにくい場合は、写真のように女性用のヘアピンなどを利用して通すと楽に通せます。
乳に羽織紐の輪の部分を通したところ。
次に羽織紐の本体を乳を通した小さな輪に通し、引き抜いて結び付けるわけですが、大きく広がった房を突っ込んで無理矢理通す必要はありません。ごらんのように、紐を二つ折りにして輪に押し込めば、うまく通せます。写真は平打ちの羽織紐ですが、太い丸組みの紐も同様に二つ折りにして通すことができます。直付け用の羽織紐の輪は、二つ折りにした紐がちょうど通るくらいの大きさになっているのです。
紐を輪に通していっぱいに引き抜いたら、こんな風に自然と乳の部分に絡み付きます。
さらにゆっくりと引っ張って、しっかりと乳に結べばできあがり。

反対側も同様に取り付けます。





    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全