羽織を着る

■ 羽織の着方


羽織の着方なんて普通に着ればいいようなもんですが、これにも一応正しい着方というのがあるので紹介しておきます。粋に着こなしたいと思うなら、袖を通すとき、モタモタしないでするりとしなやかに羽織れるようになりましょう。

■ 着付けの手順

羽織もいきなり袖を通すのではなく、まずは衿を持って片方ずつ肩にかけます。写真では左肩からかけていますが、左右どちらからでも構いません。
両肩に羽織をかけて羽織ってから袖に手を通します。

長着の袂を持って、羽織の袖に手を通す準備をします。
両方の袖に片方ずつ手を通します。
両袖に手を通したら、長着の袂を羽織の袂にきれいに重ねます。きれいに中の袂が整ったら、羽織の左右の袖口を手で持って軽く引っ張ります。きちんと背中心に羽織の背縫いが来るように左右を揃えます。

羽織の衿は首筋に沿って半分に折り返し、自然に長着の衿に沿うように整えます。
ここで羽織紐を結びます。ほとんどの羽織紐は最初から結んであり、左右にS字鐶(かん)という金具がついていますから、「乳(ち)」と呼ぶ羽織の紐をかける小さな輪に、このS字金具を引っかけるだけです。乳に金具を掛けるときには内側から外側に掛けるようにします。なお、金具を使わず、直接紐を取りつけて結ぶ、直付けタイプの羽織紐については、羽織紐の結び方を参照してください。
できあがり。

羽織の衿は長着の衿にぴったり揃え、衣紋は抜かないようにします。






Copyright Iori Hayasaka 1998-2003. All Rights Reserved.