本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

片輪奈(かたわな)結びHow to tighten HEKOOBI (Katawana-musubi)

片輪奈(かたわな)結び
■ スタンダードな兵児帯の結び方


兵児帯の双輪奈結びは、要するに蝶々結びをするだけのことですが、形よく結べるように練習しましょう。結んだ帯の両端が、だら〜んと長くお尻の下に垂れ下がっているのは見た目にもよくありませんよね。私は滅多にこの兵児帯を結んだことがないので、あまり上手なサンプルとは言えませんが、手順の参考にはなると思います。なお、双輪奈結びをするときは、兵児帯が十分長いときに結びます。胴に巻く回数を加減しても、長さが足りない様なら、片輪結びで結びます。兵児帯も長さはいろいろあるので、新しく買うときは必ずチェックしましょう。

■ 締め方

まず、帯幅を二〜四つ折りにして腰骨の位置にあて、「手」の長さを決めます。「手」の長さは、写真のように腰から垂らして大体足首よりも少し上くらいの長さにします。体型や結び目の大きさの好みなどにより、何度か結んでみて自分に合った長さを覚えて下さい。なお、帯幅も好みにより自由に取ればいいのですが、狭すぎても広すぎても不恰好です。それから、握って細くするんじゃなくて、きちんと折り畳んで幅を決めるようにしましょう。
「手」の長さを決めたら、角帯の時のように背中に当てて腰骨の位置で持ち(この状態の画像を撮るのを忘れましたがわかりますよね?)、「手」が上になるようにして、二〜三巻きしてしっかり締めます(普通は二巻きでいいはず)。

「手」を「垂れ」の上に交差させて、「手」を「垂れ」の下から上に通してしっかり一結びします(写真は左手で持っている方が「手」)。
「垂れ」の方を半分の長さに二つ折りにして持ち上げ、輪を作ります。

利き手によって輪の持ち方や結ぶ方向は変わってくると思いますが、自分で結びやすいよう自然に結べばOKです。
(写真は元来左利きの私の場合。癖もありますが。)
「垂れ」を「手」で巻き込む様にして蝶結びにし、「手」の方も輪になるように引き出して結びます。

左右の輪の大きさが極端に違わない様、バランスよく結びましょう。
できあがり。

兵児帯の結び目が帯幅の上にくるようにしっかり締めれば長時間締めていてもだらしなく下に下がってくることはありません。また、結び目は好みにより背中心よりわずかに左右にずらした方が格好よく見えると思います。
前から見たところ。

兵児帯は、結んだ後から自由に帯幅を調節できるのも便利です。だいたいこのくらいの幅がいいんじゃないかと思います。

この画像を撮るために、数年ぶりくらいに結んでみましたが、やはり私は角帯の方が落ち着きます。この柔らかさがどうもしっくりこないんですよねえ。完全に好みの問題ですけど。






    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全