本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

一文字結び(袴下用)How to tighten KAKUOBI (Ichimonji)

一文字結び(袴下用)
■ 袴下の帯結び


「一文字結び」を「神田結び」と紹介している書籍などもあるようですが、「神田結び」とは、貝の口の変形バージョンで、垂れの部分を手と同じように二つ折りにして結ぶものです。「一文字結び」の結び上がりの形は、背中の中央に台ができるような格好になるので、袴を着けた時腰の部分に膨らみがついて格好が良いため、もっぱら袴下用の結び方として利用されるものです。

一文字結びは、礼装時の紋付袴には必ずといっていいほど用いますが、礼装時以外であれば、袴の下に普通の貝の口を締めてもいいと思います。袴の時は、後ろ腰に膨らみを持たせた方がきれいで格好良く見えるのでそうするわけですが、膨らみを気にせず袴をつけたい時だってあると思います。たとえば、車を運転する時とかは邪魔ですよね。和装には確かに決まりごとが多いのですが、一通りの意味を知った上でなら、個人の好みでいろいろとアレンジを楽しむのもまた、和装の醍醐味であると思います。

■ 締め方

「手」の長さを20cm〜30cmくらいに取り、貝の口の時と同じように左腰骨の位置で「手」を持ち、帯を一巻きします。

※ここまでの手順は「貝の口」を参考にして下さい。
体型に合わせて帯を2〜3巻きしますが、普通は2回巻けばいいはずです。

一巻き毎にしっかり締めて、巻き終わったら「垂れ」になる方の帯幅を半分に折ります。
「手」を「垂れ」の上になるように降ろします。
「手」を「垂れ」の下から上にくぐらせてしっかりと結びます。ここで結び目が緩まないように注意します。「手」を立てておくと、緩みにくくなります。
結び目から下の「垂れ」の部分を広げます。
広げた「垂れ」を袴の腰板の長さよりもやや短いくらいの幅に取り、端から巻き畳みにします。畳み終えたら、帯の上下を揃えておきます。

※この畳んだ「垂れ」を「羽根」といいます。
畳んだ「羽根」の中央を背中心に置き、「羽根」をさらに半分の幅に折るようにして上から左手でつかみます。
「手」を「羽根」の中央におろして、下から上に巻き上げます。このとき、左手で羽根を持ったまま、右手で「手」をしっかりと上に引いて緩まないように結びます。

ここで、「手」の長さを長く取った場合は、もう一度巻き結んでもOKです。
上に出た「手」を胴に巻いた帯の間に挟み込み、下に引き抜きます。
今度は帯の下に飛び出た「手」を帯の内側に折り込んで始末して、出来上がりです。一文字は緩まないよう手早く結ぶのがコツで、結び上がりの「羽根」の位置が胴に巻いた帯の上端に来るようにします。「羽根」は背中心で左右対称になるように整えます。だいたい写真のようになっていれば袴を着けたとき、後ろ姿が美しく決まります。






    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全