本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

足袋の履き方How to wear Tabi

足袋の履き方

■ 足袋を履く姿勢

本来は、褌やステテコなど、下半身を覆う肌着を身に着けたら、その次に足袋を履きます。肌襦袢や裾よけを着ける場合も、足袋を履いた後にします。足袋を後で履くと、着崩れてしまうこともあるからです。少なくとも長襦袢を着る前に足袋は履いておきましょう。

足袋を履くときは、左のように、足袋を履く方の片足を立てて中腰になります。あぐらをかいたまま足袋を履くのは本来は正しい姿勢ではありません。

■ 足袋の履き方

足袋は、左のように半分くらい外側に折り返してから足に被せ、指先がきちんと奥まで届くように両手で手前に引っ張ります。次に折り返した部分を戻して踵まで包み込みます。

■ こはぜの留め方

こはぜは、必ず下から順にかけ糸に掛けて留めてゆきます。かけ糸は必ず二本ついていますが、こはぜを掛けるときに、向かって内側のものは予備の糸です。外側のかけ糸にこはぜを掛けるのが正しい留め位置で、この時のサイズが正確なサイズになります。足袋のサイズを選ぶときは、必ず外側のかけ糸に掛けて選ぶようにします。こはぜが留めにくいときは、足首をつかんで外側にひねったり、内側にひねったりして留めるようにします。ちなみに、足袋を脱ぐときは自由に脱いでもかまいません。


「足袋」のページへ←→「肌着をつける」へ




    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全